長女の凱旋

 川内村でリフレッシュ中だった自己中で甘えん坊の長女(写真左)が、歯の治療のため2泊3日で埼玉に戻ってきた。

15061001.jpg

 長女を「めんどうくさい奴」と距離を置くようになって久しい次女(写真中)も、チビと馬鹿にされていたが180センチにも育った息子(写真右)も、なんだかんだ言ってもやっぱりお姉ちゃんだ。嬉しそうで、家族5人が揃った夕食は賑やかだった。

 代表ん家は、何の才能も秀でたところもない子どもたちだし、裕福でもなくその日暮らしに近かったけど、一緒に過ごした時間だけはたっぷりだった。狭い家で毎日毎日抱き合って生きてきた。他のものには代えられない幸せな時間だった。この子たちがこれからどんな人生を歩むのか誰もわからないが、自分の人生だから、自分が納得するように生きてくれたらそれでいいと思う。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック