プアマンズポルシェ

 代表が通うスポーツクラブの駐車場に時々姿を見せる車。

15041801.jpg

 フォルクスワーゲン・カルマンギアだね。シャーシはフォルクスワーゲンベースで、けっこう安かった(当時)。それで、ポルシェが買えない人のスポーツカー気分の車という位置づけで、プアマンズポルシェなんて呼ばれたわけだ。作られたのは代表が生まれた頃。だから60年前。材料の種類も量も限られていて、ミカンが木の箱に入って売られていた時代に、よくこれだけの車ができたもんだと感動すら覚える。

 まるで下品さを競っているかのようなデザインの最近の車の中で、美しさが際立っているね。プアどころか豊かだ。決して豊かな時代ではなかったと思うが、精神は豊かだったのだろう。眺めているだけでこっちまで豊かになる。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック