ライフ

 親父が乗っているアクティバンの床が腐ってきたので、、新しい車を買わないといけないんだが、タケシさん家の庭にナンバーを外したままのライフ(ホンダの軽自動車)が置いてあるというので、使わないのなら譲ってもらおうかという話になり、親父と一緒にたずねた。

 タケシさんの息子さんの車で、もう使わないはずだけどいちおう確認してみると言って、埼玉に避難している息子さんに電話してくれた。そうしたら、息子さんが避難先で使う予定でいるという返事だった。

 タケシさんは気の毒なくらいにしょげてしまった。息子さんが避難先でまたライフに乗るということは、しばらく埼玉で暮らす、川内村に戻らない、ということを意味したからだ。申し訳ないことをしてしまった。

 親父の車はまたさがすとして、お詫びということではないけど、息子さんがいつ引き取りに来てもすぐに走り出せるように、代表がばっちり整備してあげた。バッテリーも充電、タイヤに空気を入れ、洗車もしてピカピカにしておいた。

15033101.jpg

 いいじゃないの。川内村じゃなくたって。元気で暮らしていれば。ライフという名前は、まさに息子さんにぴったりだよね。
スポンサーサイト

コメント

十人十色
被災者の暮らし方も十人十色ってことですかね。
みんなが川内村の戻って、村を盛り上げてくれれば一番いいんでしょうが、そうも行かないところが実情。

未来は春のカスミのように混とんとしていると思います。

管理者のみに表示

トラックバック