ひとの駅の電気停止

 本日でひとの駅の電気を断ちました。完全に。あの灯りはもう見られない。

15030901.jpg

 ついにカテーテルまで外したって感じ。これまでは復活させることを前提としていたので、電気や電話を一時的に停止したり再開したりということを繰り返してきたが、今回のは解約。東北電力とNTTによってメーターや接続機械がすべて取り外される。近いうちに看板類も撤去する予定。

 こういう終わり方でよかったのかなーという気持ちがある。セレモニー的なことをやって、お礼の気持ちを伝えた上で引導を渡したかったなーと。しかし、できないものはいくら考えてもしょうがないので、そういうことは代表の中でたっぷりやることにして。

 ただ、ひとの駅かわうちのまま解体されるのはなんとも忍びないので、最初からなんにもなかったみたいに魂を抜いてやって、ただの廃校としてやってもらうようにしたいと思った。それが、ひとの駅の消え方としていちばんいい気がした。
スポンサーサイト

コメント

ひとの駅かわうちのパーブリック美術館としての将来に夢を見ていた頃が、懐かしい。
原発事故がもたらした被害は、双葉郡美術協会をも破壊してしまった。そして今、ひとの駅かわうちまでも・・・
「壊れたら、また作ればいいさ、昔の人はそうやって生きて来たんだ」
私も、もうひと踏ん張りしてみようと思った

管理者のみに表示

トラックバック