車検って・・・書類と整備の巻(その1)

 車検で事前に必要な書類は4つだ。

①車検証
②点検整備記録
③納税証明書
④(現行の)自賠責証

 あと必要なものとしては「⑤印鑑」と「⑥現金」。

 現金は、Kトラだと、
・検査法定手数料:1、400円
・自賠責保険料24ヶ月分:26、370円
・自動車重量税印紙代:5、000円(だったかな?)
・軽自動車第2号様式用紙代:30円(だったかな?)

 といった感じで、実際の金額は車検を受けてから報告しますけど、全部でだいたい33、000円くらいのはず。45分車検が44、070円だったから約11、000円安い計算だ。つまり、11、000円が45分車検の儲け分ということだね。

 ここまで用意できたら、次は、必ず車検の前にやっておかなくてはならない②の点検整備記録の記入だ。車検を申し込むとき窓口で「点検整備記録を見せてください。」と言われる。

 ただ、ここがいい加減なところなんだが、点検整備記録を提示しなくとも「あとで記載しておいてください。」で済んでしまうから、もし事前の整備を忘れても(故意にやっていなくても)車検を受けることができてしまう。サボっても車検を通すことはできてしまったりする可能性が高い。もちろんやってはいけない。

 さて、メーカーによってデザインがちがうと思うが、ホンダの点検整備記録簿はこんな感じ。
15020201.jpg

 すべて中途半端で申し訳ないっ!つづきは明日というこで・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック