Kトラの改造・・・カーラジオ編(序章)

 正月休み中にずいぶんKトラの改造(改良)をやった。「ひとの駅ステッカー貼付け」「アーシング」「ルーフコンソール取付け」「ETC機械取り付け」「鳥居ガード貼付け(写真)」・・・

15010902.jpg

 ・・・「ホンダエンブレム貼付け」「塗装剥離部のタッチアップ」など。

 燃費がわかるという「燃費マネージャー」というのも買ったので試してみたんだが、どういうわけかデータが表示されないため現在調査中。中古品だから故障しているのかもしれない。

 まだまだやりたいことがたくさん残っている。次に予定しているはカーラジオの交換だ。
 標準で付いているラジオからパイオニアのカロッツェリア DEH-580(下の写真)というモデルに変えたいと思っている。

15010904.jpg

 一年くらい前にバイク仲間からもらったんだが、付ける時間がなくそのままになっていた。そうしているうちに継トラが壊れ、たまたまだろうけど、壊れる予感がしたから付けなかったかのような感じがしないでもなく、だから付けないとまた同じことが起こりそうな不安もあるので、半分縁起かつぎで変えることにした。

 こっちが標準装備のアクティトラック(QトラやKトラ)のラジオ。時計とAM放送だけ。

15010901.jpg

 セット可能な局は5つ。スピーカーも直径10センチメートルのしょぼいのが右側にひとつだけだ。軽トラとしてはこれで充分だ。

 こっちは元の継トラのラジオ。

15010905.jpg

 AMに加えてFMが聴け、6局セットできる。代表の前のオーナーはFM放送の音楽が聴きたかったんだと思う。スピーカーは直径12センチメートルのが左右のドアの下の方にあったが、足元の方だから音が聴きとりにくかった。

 カロッツェリアDEH-580はAMとFMはもちろんCDも聴ける。どうせやるなら音楽を楽しめるくらいのセッティングに挑戦してみるか!と考えて準備を開始してみた。

まず、カロッツェリア DEH-580はアクティにそのまま付かないというのがわかり、それ用の取り付けキット同じカロッツェリアのKJ-H21Dというのを購入。ノジマでんきのインターネットショップで2700円ほど。まだ届いていない。コネクターが違うことも判明。Kトラの電線とカロッツェリア DEH-580をつなぐコネクターの市販品がないみたいなので自分でやるしかない。

 スピーカーは足元にある以上はどうしたって聞き取り難くなってしまうので、ツイーターにして耳に近い場所に置くことにした。そもそも大きなスピーカーとセットで装備されるものなので単品で販売されている商品自体少ない。近所のオートバックスに行ってみたがたった1種類しか置いてなかった。なので、ネットオークションでパナソニックのツイーターをゲット。手数料と送料を入れて3700円ほど。

15010906.jpg

 あとは標準で付いている10センチメートルのスピーカーだが、

15010903.jpg

 いかにも軽トラ用的な安物でちょっとヴォリュームを上げると音が割れる。とりあえずもう少しレベルの高いのをさがしてみて、良いのがあったらそれに変えたい。

 本編につづく(まだちょっと先だけどね)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック