ザ・ラヂオカセッツのライブを聴きに郡山に行く(中編)

 えー、今晩は時間がないので、中編として、川内村出身のデュオはっさくの『ふるさと』を紹介します。曲の方はそのうち息子がユーチューブにアップしてくれるそうです。ザ・ラヂオカセッツもいいがはっさくも味がある。ふるさと。いい歌です。

14111801.jpg
『 ふるさと   -はっさく 〈渡邉将(↑左)・坪井新誌(↑右)〉-

 大切なものとか
 無くしたはずの あなたの
 その目はどうして そんなにも前を見れるの

 夢とか希望とか 
 無くしたはずの あなたの
 握りしめたその手は どうしてそんなにやさしいの

 ああ これ以上どうやって
 ああ 頑張れっていうの

 前を向いてみなよ 
 君は 仲間や生きる力を 持ってんだよ

 今はちょっと辛すぎるけど
 夜におびえて涙も流すけれど
 ふるさとには 今日も風が吹くから
 ほんの少しだけ笑ってみせてよ

 今までの日常とか
 普通が普通でなくなったとき
 すべてが恐ろしくて
 一人で涙を流していた

 どうしてあなたは
 そんなにもやさしくしてくれるの
 あなたの方が 
 失ったものが大きいはずなのに

 ああ いつになったら 
 ああ あの日にもどれるの 

 苦しい日々だけど 
 だからこそ人のあたたかさ 
 強さが 大きすぎて

 たくさんの命が星になって 
 何を信じればいいのか わからなくなるけれど
 ふるさとには今日も日が昇るから
 そばにいてくれるあなたに ありがとう 

 今はちょっとつらすぎるけど
 夜におびえて涙も流すけれど
 ふるさとには今日も風が吹くから
 ほんの少しだけ笑ってみせてよ
 そばにいてくれるあなたに ありがとう

 ラララ ラララ ラララ ラララ ララ
 ラララ ラララ ラララ ラララ ララ
 ラララ ラララ ラララ ラララ ララ
 ラララ ラララ ラララ ラララ ララ 』
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック