謎の鳥カラス

 用事がない休日の早朝。資料や本をカバンに詰めてコーヒーを飲みに出かけることが多いんだが、いくつかある河岸のひとつで、よくカラスの大群が通過するのを見かける。その数およそ200羽ほど。単独で飛ぶのもいるが、大きい群れだと50羽くらいのかたまりになって飛んでいく。鳴き声も出さずに、カラスにしては高い空を間に西の方角から飛んできて東の方へ消えていく。その間5分くらいかな。冬季は集団で行動することがあるらしいが、どこに行くんだろうか?気になってしまい、追跡してみた。
 すると、そこから500メートルほど離れたところで、扇子が落ちる感じで高い空から直角的に急降下して電線や木にとまった。

14111302.jpg

 そこは住宅地の中に畑が残ったところだった。地面に降りて餌を探すカラスも少しはいたが、ほとんどは周辺の木や電線にとまって羽づくろいなどしている。代表がカメラを向けると、警戒したのか、その場から飛び立ち、近くの木や電線に移った。

 カラスの大集会だ。たぶんだが、ここが住宅地になる前から、それこそ何百年も続いているんじゃないだろうか。このあたりの一族が毎朝集合して、前日の出来事とか慶弔関係とかどっち方面に餌があるとか、諸々情報交換をしているにちがいない。面白い鳥だ。

14111301.jpg

 しかし、こんなに人間の近くにいて、鳥類の中で人間並みに進化したすごい鳥だというのに、カラスのことってほとんどわかってないらしい。よし。ひとの駅が片付いたら次はカラスの研究だ(笑)。カラス使いになる。
スポンサーサイト

コメント

超健康パワー
カラスは頭もいいですが、その健康パワーに驚かされますね。
どんな腐ったもの食べても下痢もしないし食中毒になることもない。
ゴミを漁ってるとこを見ると、食品添加物や有害物質なんかにも強いんでしょうね。
余程強力な免疫力や解毒力を体内に持っているんだと思います。
その遺伝子を解析して、人間に取り入れることが出来れば、病気知らずの超健康人間を製造することが出来るんじゃないでしょうか。
そこまで行かなくても、カラスの免疫力の仕組みとかが分かれば、薬とかサプリみたいな形で同様の効果が期待できるんじゃないかと思います。
誰か専門家が研究してくれないか期待しているんですが。
鳥は飛ばないといけないので、食べたあと消化を早くするために、胃酸が強いんじゃないでしょうか?南米に骨を主食にする鷲がいますね。骨を丸ごと飲み込んで消化するんですから、とんでもない消化力です。酸じゃなくて酵素とか微生物かもしれません。カラスの消化力と生命力、気になりますね。

管理者のみに表示

トラックバック