YouTubeは卒業

 YouTubeの、1100万件も再生されたアメリカの人気バンド(だれだろ?)のミュージックビデオの偽広告をクリックした人が、日本だけでも4千件くらいウィルス感染したらしい。動画再生中にバンドのDVD販売のバナー広告が現れて、クリックするとウイルスが送り込まれる仕組みだったというから、被害数はもっと多いだろうね。

 代表も川越パソコンが使えるようになったので、先週末に一年ぶりにYouTubeの音楽を聴いてみようと思って、パソコンのお気に入りに貼り付けてある曲をクリックした。ウイルスをつかんだわけではないんだが、100曲ほどの内半分くらい削除されてしまっていた。違法だったから当然だが、たぶん残りも違法なのでいずれ消されることになるだろうと思う。

 宣伝が目障りなのがたまにキズだが、YouTubeのサービスは革新的だ。手軽に、しかも無料で音楽映像を見ることができる。だが、そこで配信されている映像は、もともと流してはいけないもの、見てはいけないものがほとんどだ。みんなそのことをわかって遊んでいるのである。そこにつけこまれてもしょうがない話だ。

 代表は、そういうところに足を踏み入れるのが馬鹿馬鹿しくなって、YouTubeで懐メロを楽しむのもこれまでにしようと決心して、お気に入りから全部消去したところだった。YouTubeは卒業。充分に楽しませてもらった。

 今週末の土曜日は、長女が行きたがっていたライブに連れて行ってやることになっている。長女がファンの『ザ・ラヂオカセッツ』というグループのライブが、郡山市のまねきの湯という温泉であるらしく、ザ・ラヂオカセッツもまねきの湯もメジャーじゃないから、貸切状態でライブを楽しめるだろうと長女は考えているみたいなんだね。

14111101.jpg

 YouTubeよりはぜったいいいだろうし。しかも入館料の500円だけで聴けるんだと喜んでいる。代表が負担する往復の交通費のことはぜんぜん考えていない。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック