ふたばワールド2014 in かわうち

 先週、代表の携帯電話に勝子先生の着信履歴が残っていた。代表の職場は携帯電話を持ち込むことができないため、いつも会社を退社するときにロッカールームで着信を確認してから電話する。その日はもう夜も遅い時間で、次の日の朝も早く家を出たので、ようやく次の日の夜に電話できた。

 電話に出られた先生は、鶴田松盛さんを訪ねたこととか近々催される双葉郡美術協会展に出展する作品のこととか新しい作品の構想とかを話されたあとで「○○の電話番号をおせでもらいたがったんだー」とおっしゃった。

 ○○というのは先生の教え子で川内村で旅館をやっているんだが、なんでも9月28日に川内村でふたばワールドという大きなイベントがあって、先生の友人が旅館に前泊して参加したいという話になったらしい。でもたぶん予約で一杯だろうから、先生が直接電話して頼んでみようということになり代表に聞こうとしたというわけだった。結局行くのは取り止めになったということで幕。28日先生ご自身はご主人のゴルフコンペのお付き合いだとおっしゃっていた。毎年恒例にしている一泊コンペで、奥様方も同伴で宴会して楽しんでおられるとのことであった。先生はいつもポジティヴ。

 『ふたばワールド2014 in かわうち』があるなんてことは知らなかったなー。そうだったの?と思って役場のホームページを見たら、たしかに情報があった。

ふたばワールド

 でも観光協会のホームページにはなかった。町村役場の復興関係部門主体で、観光協会はサポートに回るような感じなんだろうか。イベントが大きすぎて地元の組織だけでは運営しきれないからということだったのかもしれない。思い出した。そういえばおそろいのイベント用ウェアを着た人たちをあちこちで見かけた。あれはイベント会社の専門のスタッフだったのか。代表としてはそんなことが気になってしまう。

 それにしても内容が豪華だ。堀内孝雄やテツandトモ和合亮一などの芸人やアーチスト、小泉進次郎復興大臣政務官まで来ることになっている。平野レミプロデュースのもりたろう大鍋なんてのもあるらしい。会場は小学校だし。子供たちが喜ぶだろうね。

 その日代表は川内村にいるんだが、どうしてもやっておかないといけない用事があるので残念ながら行けそうもない。早く済ますことができたら行ってみたい。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック