川内村報告・・・Kトラのクラッチケーブル交換

 今回の川内村行きの中で代表にはどうしてもやりたいことが3つあった。ひとつだけは9割方できたが、残りのニつはできなかった。雨が降っちゃったから。雨だと知ってはいたけれども、月曜から金曜日の埼玉の天気予報は全部外れたので、土日も外れるだろうと期待してしまった。しかし土日だけは予報が当たった。なかなか思うようにはいかないもんだ。

 やれなかったのはやれたときに報告するとして、やれたのはKトラのクラッチケーブルの交換です。代表のKトラのクラッチケーブルの出来が悪くてキィキィという音が出るんだが、いろいろやってみたけどもどうやっても消えなかった。いい加減観念して新品のクラッチケーブルに組み替えたのだった。

 それにしてもこのKトラは、設計センスがないというか、どこを触ってもいじりにくい。泣きながら作業した。

14062401.jpg
 代表の経験上、いじりにくい車はトラブルも多い。なぜなら、いじりにくいってことは無理な構造になってしまっているからで、組み立てだってメンテナンスだってやりにくい。イライラ作業でトラブルを抱え込む確立が高いわけだ。

 とは言え、メーカーの優秀なエンジニア集団が一生懸命開発したものだからそれなりに合理的には出来ている。だが、代表に言わせればツメが甘い。もっとほかにやりようがあるだろうってもんだ。このタイプのQトラとKトラを2台乗り継いできたが、ずーっとトラブル続きだったのはそのせいだ。まあ、だからこんなブログが書けるんだが。

 クラッチケーブルの交換の前に点火プラグを外してチェックしてみた。3気筒だから3本ある。

14062402.jpg

 整備士の友人から、「プラグホールにオイルが漏れることがあるので要注意」という情報があったからだ。その兆候はなかったので安心。でも、ちょっとプラグが焼け気味かな?色が白っぽい。代表のKトラは高速道路を走ることが多いからエンジンを高回転で回すことになってキビシイみたいだ。

 エンジンオイルもチェックしてみた。

14062403.jpg

 色がこげ茶色になっていた。

14062404.jpg

 限界ではないが走行距離5千キロメートルにしてはすいぶん焦げている。

 こっちは新しいエンジンオイル。

14062405.jpg

 比較すると汚れ具合がよくわかる。みんなもエンジンオイルとタイヤの空気圧だけはマメにチェックしてベストコンディションにしておいたほうがいいよー。人間でいうとエンジンオイルは血液で空気圧は足の筋力みたいなものだからね。

 ついでにオイルフィルターも古いの(右)から新しい純正品(左)に交換。

14062406.jpg

 そうしてエンジンオイルを2.5リットル入れた。

14062407.jpg

 さあ。いよいよこの日のメインイベント。クラッチケーブルの番だが、明日につづかせてくんちゃい。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック