可愛いおいら

 おいらと言っても自分のことではない。オイラー。油さしだ。狭いところでも油を注すことができる小さくて可愛いオイラー。整備士のハタノさんからもらった。

14051001.jpg

 材料はポリエチレン。ポリエチレンは、油やガソリンやバッテリー液や洗剤など、車で使うたいていの薬品類でもアタックされることがない。安っぽいけどとっても強い材料なんだね。

 ここで代表の軽トラのクラッチケーブルが「キュー」と音がすることを度々話題にしているが、代表はその対策として、無理があると思われるクラッチケーブルの通しをスムーズにしつつ、ケーブルの入口のところにシリコングリースをスプレーしているわけなんだが、一週間くらいするとまた「キュー」と鳴ってしまう。それは、サラサラのシリコングリースだから、流れてしまって潤滑性が無くなるからで、ドロッとしたオイルを注入すれば効果が長持ちする、っていうのがハタノさんの見解だ。何度かに分けてドロッとしたオイルを注入してやれば、やがてクラッチケーブルがオイルで満たされることになるので、音が消えるはずだと、このオイラーを渡しながら教えてくれた。

 よしっ!やってみよう!結果がわかったら報告します。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック