白日会展でマンスールさんの作品を見る

 日展以来、再び代々木へ行く。国立新美術館へ、今度は白日会展を見るために。

14032801.jpg

 2階だけだったから規模的には日展の半分くらいなのかもしれない。それでも作品数は多く、充実している。

 マンスールさんの作品『姉妹』を見る。

14032802.jpg

 「公募展は見るな」と言った作家がいたらしい。直接聞いたわけではないのでその意図はわからないし、単純比較はできないんだが、文学に例えると、個展が書下ろしの小説だとしたら、公募展は文芸春秋とかオール読物とかの、作家が糊塗をしのぐために書くテーマ性のない短編小説を並べたようなものか。

 たしかに日展はそんな感じだったかもしれない。しかし、白日会展は違う。渾身の書下ろし作品を白日会という個人がコレクションした所蔵館。そんな感じだ。白日会という芯が貫かれている。ひとつひとつの作品がすばらしくて半日くらいずっと眺めていたいという欲求にかられる。

 現実的にそういうことができないから、作品に対して失礼だから「公募展は見るな」、ということだったのかもしれない、とも思った。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック