楢葉町にアートの拠点

 こんなときに楢葉町にアートギャラリーを開いた人がいると聞いて会いに行った。

14031201.jpg

 今、楢葉町はどういう状況かというと、避難指示解除準備区域になっていて、国道6号線の通行量だけは多いが、どこを見ても黒いフレコンバッグばっかり。6号線から一歩住宅街にはいろうものならまさにゴーストタウンの雰囲気だ。犬一匹いない。

 ギャラリーの名称は『G.TOO(ジー・トゥー)』といって、場所は6号線の楢葉町役場の交差点のすぐそば。ギャラリーを開設したその人というのは、猪狩泰人さん(写真右・左は双葉郡美術協会会長の鶴田松盛さん)という方だった。

14031202.jpg

 「楢葉町の復興のため、町民の心の安らぎのため」に私財を投じてつくったんだそうだ。商売にならないことは織り込み済みみたいだ。すごい行動力を持った人だなと代表は思った。

 代表は、ひとの駅の代表として、ひとの駅の再開時期をいつだったらどれくらい人が集まるかという観点でばかり考えていたが、ひとの駅のような場こそ猪狩さんのような精神で再開しなければならないのだと思った。

 お近くの方はぜひ訪ねてみてください。現在は『鶴田松盛作品展』が開催されています。
スポンサーサイト

コメント

ブログで取り上げていただき有難うございました。
鶴田先生の避難先だった上尾市のギャラリーに絵を見に行ったことがあります。
福島に戻られた事年賀状で教えていただきましたが、そうですか〜、楢葉に人の駅!福島に戻った時よってみたいです。
いちこさん ご無沙汰しています。
みんなが絵をゆっくり観れる日が早く来るといいですね。楢葉町のギャラリーぜひ寄ってみてください。
それから、また川内村で一杯やりたいですね。

管理者のみに表示

トラックバック