メリークリスマス

 我が家は仏教だが、一年に一度クリスマスの夜だけ、ケーキが食べたいがためにクリスチャンみたいになる。今夜は、ひとり暮らしの長女も来て家族全員でクリスマスパーティーをした。

13122401.jpg

 代表の子どものときはとても貧しかったが、ものごころついたときクリスマスにはケーキがあった。お袋がそういうことが好きだったからだ。川内村に一軒あったパン屋みよしやのショーケースに、みよしや製のクリスマスケーキが並んだのだったが、その中でいちばん小さい、カステラみたいな長四角い形のバタークリームケーキが、毎年の代表ん家のクリスマスケーキだった。家族分切り分けると代表の手の平におさまるくらいに小さくなったが、幸福が凝縮されたごちそうだった。

 あれから半世紀経って、代表の子どもたちはこのケーキをどんな気持ちで味わい、代表の年になったときにどんなことを想うんだろうか。願わくばそのときが平和のうちに迎えられますように。アーメン。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック