FC2ブログ

時々野獣

 偽装食材が流行中のようだが、代表はあんな高級なマズイものは食べない。自分の舌を信じて、自分が美味しいと思うものだけを食べる。だから、だまされないし、もしだまされたとしても、自分が好きで食べたんだから納得する。

 肉は脂ばっかりのレバーみたいなやつじゃなくて、やっぱりゴツゴツ固い噛み応えのあるのじゃないと肉じゃないと個人的には思う。肉を食う時、代表は野獣になる。そんな代表のお気に入りがこれだ。

13110501.jpg

 450グラムのステーキ。焼き加減はもちろんレアだ。味付けは岩塩だけ。噛めば噛むほどに肉本来の味の変化が楽しめて、最後の一切れまで飽きないで食べられる。肉が主食の人たちの本場のステーキだね。

 このステーキを食べさせてくれるのは、近所の『カッピン・ドウラード』というブラジルレストラン。このボリュームで、サラダやライスまでついて、ランチタイムだったら1280円(!)で食べられる。代表の知っているレストランの中で一番安くて一番美味しい。また、レストランの隣の店舗では、ブラジル直輸入の産品を販売しているので、一抱えもある牛肉のブロックが2000円(!)とか、珍しい食材がとっても安く手にはいる。

 近くに来たら声をかけてください。案内します。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック