心平さんずるい?

 全部読んだわけではないのではっきり証明することはできないが、草野心平さんが残した作品や日記の中で、同じ言葉や表現が使われているところというのはあまりない。たとえば、「月すべる」なんていう表現が、複数の作品に出でくる例外がすこしあるだけだ。表現のプロフェッショナルとしてのプライドから、相当に意識して、常に新しい表現を追求していたと思う。

 話は変わって、今年の甲子園で優勝した群馬県の前橋育英高校の校歌がテレビやラジオで流れるのを聞いて「あれ!?」っと感じた人はけっこうな数だったんじゃないかと思う。

13082802.jpg

■前橋育英高校校歌(太赤字は代表)
1.日輪は に輝き
 流るるは 利根の動脈
 美わしき 朝日が丘の
 学舎に あふるる
 いざ朋がらよ 若き眉あげ
 真善美 ひたに追わなん
 おお前橋育英
 我らが母校 展けよ育英

 代表もどこかで聞いたことがある気がして、記憶をたどって、川内中学校の校歌を思い出してみた。

■川内中学校校歌(太赤字は代表)
1.大滝根 遙かにかすみ エメラルド
 堰は音たつ
 ああ 美しき わがふるさと
 ひかり充つ わが学び舎
 ここにして 倶にぞはげむ
 真と善 ひたに求めて
 川内 川内 
 母校 ああ 川中

 似ているなーと思いながら、もうひとつ、代表の母校の校歌も思い出してみた。

■福島高専校歌(太赤字は代表)
1.阿武隈に 白き雲涌き
 七浜の 海は轟く
 ああ 朋がらよ 眉あげ
 真善美 ひたに求めて
 大いなる 未来創らん
 おお 福島高専 われらが母校
 日輪は 燦と輝く

 あれ!?そっくりじゃん。もう記憶がかすれているので、2番の歌詞とごっちゃになっているが、使われている言葉がほとんど同じだ。校歌って、そういうものなんだっけ?いや、そうじゃない。わかりやすく、前橋育英高等と甲子園の決勝で対戦した宮崎県の延岡学園高校校歌と比較してみよう。今度は校歌対決だ。

13082803.jpg

■延岡学園高校校歌
1.見上ぐる空に 山青く
 流るる雲に 夢を呼ぶ
 みどりの風の 吹くところ
 ああ清新の 学び舎よ
 希望は高し わが母校

 お分かりの通り、ほとんどの校歌に使われる「学び舎」とか「母校」以外に共通する言葉はない。それじゃ、前橋育英高校と川中と福島高専の校歌と他の学校の校歌とで何が違うのか?

 答えは・・・
 ・・・作詞した人が違うのだった。前橋育英高校と川中と福島高専の校歌を作詞したのは草野心平さんだ。

【写真:草野心平さん -川内村史より-】
13082804.jpg

 心平さんは、全国でたくさんの学校の校歌を作詞したらしい。ネット上から拾った情報によると、岩手県から大分県までの約100校。いわき市内だけでも19校もあるそうだ。ざっと見渡して、どこの校歌もかなり似ている。なので、前橋育英高校の校歌を聞いて「あれ?」と思った人が多かったはずと書いた。ちなみに、延岡学園高校の校歌を作詞されたのは渡辺修三さんという方。

 これだけ多くてこれだけ似ていると、心平さんは、ちょこちょこっと同じ言葉を並べ替えて、地名なんかをポコポコっと入れただけの校歌を乱造したんじゃないの?と、疑おうと思えば疑える。疑えるが、代表は、そうじゃなかったと思う。校歌以外の著作では表現が被らないように神経をつかった心平さんのことだから、何か理由があってそうしたはずだ。

 その理由を想像するに、詩人の頭にあった無数の言語群の中から、学生にとってほんとうに大事な言葉だけを徹底的にふるいにかけて選んだ結果、「真善美」「未来を創る」「光」「天」「朋」「美(うるわ)しい」「ひたむき」等が残ったのであろう。

【写真:心平さんが川内中学校の校歌を検討した原稿。-川内村史より-】
11022101.jpg

 それらの言葉は、すべての学生に望む心平さんの共通の想いを表現するものだったから、土地が違おうが学校が違おうが関係なく、何度も何度も同じ歌詞を書いた。そういうことだったんじゃないだろうか。

 最後に、やはり心平さんが作詞した、兵庫県の明石南高校の校歌を紹介してみたい。

■明石南高校校歌(太赤字は代表)
1.日輪は にあまねく
 鳥羽台に 陽はふりそそぐ
 朋がらよ 眉あげ
 摩耶六甲を はるかにのぞみ
 自主独立の 理想に燃えん
 おお明石南 われらが母校
 として 未来かがやく

 やっぱり手抜きかなー? でも、代表的にはどの学校の校歌も自分の母校の校歌のような気がしていい。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
校歌の縁
ほんとですね。「阿武隈」が「富士山」だったりしていますが、キーワードはまったく一緒です。以前ひとの駅かわうちで個展をやってくださった画家が東京電機大のOBの方でした。原発事故を挟んだこともあって、いろいろなことを深く話し合いました。心平さんを通した縁というものを感じます。
No title
明石南高校卒業です。
前橋育英の校歌を聴いて、びっくりしました。
前橋育英、今年も甲子園に出場、今日試合です。
うちの高校も、私が3年のとき甲子園に出て、1勝はしたんですけど、校歌の話題にはならなかったようです。
びっくりした1人です(笑)
私も、甲子園をTV観戦していてビックリしました!
東村山五中の校歌とあまりにも似ていて…
調べて納得でした!
最初は私もずるーいと思いましたが、個人的にとても良い校歌だなぁと気に入っていたので、やはり作者の方は良い校歌を多くの学校に作ってあげたいと考えたのだろう、と今は思っています。
ご興味のある方は、ぜひ東村山五中のホームページをご覧になって下さい(^o^)

管理者のみに表示

トラックバック