FC2ブログ

『第3回アブクマの会絵画展』に行った話

遅くなりましたが、7月13日に『アブクマの会展』を観に茨城県天心記念五浦美術館に行ってきた話を。

朝、東武野田線の岩槻駅で同級生4人と待ち合わせ。ひとりは体調不良(膀胱炎だっけ?)をおしての強行軍だったけど・・・。

13072201.jpg
代表の同級生は、みんな好奇心旺盛で行動的だ。それぞれ埼玉、東京、神奈川に家庭を持っている。神奈川からだと岩槻まで二時間以上かかるから参加するだけでたいへんだ。

 岩槻駅から、代表の車で渋滞気味の16号線を東へ走って、柏インターから常磐高速にのり勿来インターで降りて北茨城までUターンした。勿来海岸を見たかったからだ。いつもの年ならこの時期は海水浴客で賑わって渋滞するので地元の人たちは避けて通るんだが、人影まばらで秋の海みたいに寂しかった。

13072202.jpg

 海開き前だったからなのか、はたまた震災の後遺症なのか、その辺のことはよくわからない。

 勿来ですでに昼時になっていたので、美術館に行く前に腹ごしらえをすることに。去年の夏、薗田巌さんと食事をした平潟港近くの海鮮レストラン『浜庄』へ行った。

13072203.jpg

 あのときは、一番海に近い座敷に向かい合って座って焼き魚定食を食べた。薗田さんは食べるのが早かったっけなぁ。代表も遅い方ではないけど、二倍早かった。しかもきれいに魚の骨だけ残して。江名浜で育った薗田さんに代表が敵わないのはしょうがない。けど、同級生には負けられない。

 代表は、あのときと同じ焼き魚定食(1600円也)をオーダーした。

13072204.jpg

 小鉢もみそ汁も魚づくし。美味しそうでしょう!

 同級生たちも浜庄定食(2200円也)や天ぷら定食(1300円也)を注文。

13072205.jpg

 みんな「美味しい!」と感激していた。シンプルな料理だからこそ鮮度と調理の加減で決まってしまうが、量を含めてオール優。やっぱり魚は、素材のことを知り尽くしているこういう店に限る。それと、猟師町には美味しいご飯を食べる文化があるって、むかし、千葉の銚子町の船宿に泊まったときに女将さんに聞いたことがある。漁師は海に出たら明日は帰って来れないかも知しれないので、死んでも心残りがないように、毎日最高の料理を食べさせて送り出すんだそうだ。だから漁師町には美味い店が多いんだね。

 代表たちは全員満腹&満足して絵画展の会場に向かった。

 会場には、双葉郡から、美術協会会長の鶴田松盛さんと代表たちの中学時代の恩師の先生井出勝子さん、いわき市からはアブクマの会事務局の石井京子さん、草野恵久子さん、齋藤弘美さんらが来ておられた。また、双葉郡美術協会会員で富岡町からいわき市に避難中の田中隆さんにも一年半ぶりに会った。

 この絵画展に選抜された作家さんは、双葉地区6人いわき地区7人合わせて13人。作品はどれもが印象深かった。何がどう印象深かったのかはうまく説明できないが、作品の回りに緊張感が感じられた。

13072206.jpg

 代表たちは、VIP待遇で鶴田さんに会場を案内していただいた。鶴田さんの解説は実にわかりやすい。代表がこれまでに読んだり聞いたりした美術評論の類はいくら読んでもちっとも頭に入らないが、鶴田さんの解説はスッと入ってくる。美術評論を10冊読むよりも、鶴田さんの話を10分聞く方が何倍も勉強になる。何がちがうのだろうか?代表はあまり役に立たない美術評論はもう読まないことにしようと思った。

 それから、アブクマの会の作家さんたちとお付き合いさせていただいているから、作品の前に立てば作家さんのイメージが浮かぶし、作家さんの顔を見れば作品のイメージが浮かんできて、作品に親しみやすかった。

 代表たちは時の経つのを忘れてどっぷりと絵画展に浸った。作品を見て様々のことを考えたり話したりしているうちに、あっという間に帰る時間になってしまった。鶴田さんの解説と作家さんたちとの交流とがあったおかげで、いつもの絵画展よりもかなり深く作品に親しむことができて、酸素が毛細血管の先端まで行き渡ったみたいにフレッシュな気分になっていた。

 美術館を後にして、途中のコンビニで酒やつまみを仕入れ、ふたたび喧騒の方角へ向けハンドルを切った。朝は体調がすぐれなかった同級生もすっかり元気になって酒盛りをリードしていた。代表は運転だからアイスだったけどね。

コメント

お客様は神様です
やっぱり作品は人に見てもらってこそ意味があると思うんです。
いくら楽しみに描いているだけとうそぶいても、やっぱり描くときはどこかで見る人のことを意識しているもんですから。
最近、定期の心画会展をやって、素人の絵で如何にお客を呼ぶことが難しいかを痛感しました。
代表を含め、こうやって関心を持って見に来てくれる人たちは本当にありがたい存在ですね。
普通はそんな一文の得にもならないことやってるより、有効に時間を使おうと考えるでしょうね。

ところでDixieのジャンルですが、Little Featって御機嫌ですよ。
ドライブの時に効くのが最高かな。

管理者のみに表示

トラックバック