FC2ブログ

2018年10月の記事 (1/1)

夕餉

 仕事が休みの日は必ずどこかに遊びに行ってしまう長女だが、今日は珍しく家にいたからびっくりした。その上、スイートポテトを作ってくれたというので二回びっくりした。代表が作ったサツマイモで。

 だから今宵の食卓には長女のスイートポテトと家内の料理と、代表が農大の食品加工実習で作ったまんじゅうとが仲良く並んで賑やかになった。

2018103101.jpg

 どれも美味しかったが、可愛さではスイートポテトのハリネズミが一番だった。

歯磨きは一日一回

 動けるのはせいぜい70までだろうと思って、その間を無駄無く濃く生きたいから、自分の世界しか見ていない。時間の無駄だと思うことは一つもしたくない。どうでもいい話には加わらず、我慢が必要な付き合いには関わらない。馬鹿々々しい情報には一切耳を傾けない。嫌なことは見ることも聞くこともしない。同じ失敗を繰り返すのは悔しい。歯磨きする時間さえ惜しい。体は社会にあるものの心は無関心。いつもあらぬ方にある。

 しかしながらいつも気分は最高だ。心の中は豊か。ああしたいこうしたいという妄想で満たされ、妄想を実現するための苦労は苦労とも思わない。幾日だろうが泥にまみれて作業するのも厭わないし、砂の粒を100万個数えるのだって平気だ。人は代表を変人と見ていると思う。付き合いの悪い奴だと思われているだろう。どう見られたってかまわない。自分の人生だし。色んな人生があるだろうが、ハモったり同じさえずりを続けるような生き方は代表には合わない。

 少し冷えて来たので、まだ畑にあるサツマイモが腐ってしまう前にと思って掘ったら、ついにチャンピオン登場。3.2㎏もあった。他のサツマイモも大きい方だろう。

2018102801.jpg

 土の方も豊かになって来たんだと思うが、このよくわからないメカニズムをどうしても明らかにしたい。たとえ変人と呼ばれようとも。

でか!

 今日も朝から半日畑にいた。畑は仕事は楽しいね。

 毎年サツマイモを植えているが、理由はイモを収穫するというよりも葉茎や芽を食べるためだ。葉茎や芽を炒めるとシャキシャキしてさっぱり味で美味しい。

 ところが、今年は一回も食べることができなかった。忙しくて収穫する余裕が無かった。苗を植えたまま、たまーに除草したくらいでツル返しもできなかったのに、こんなに大きくなっていたよ。スコップくらいある。

2018102101.jpg

 畑は仕事は楽しいね。また忙しくなるのでしばらく畑に来れなくなるが、今度来た時は里芋の収穫だ。

一ヶ月ぶりの畑は景色が違った

 便りもせず、長く帰らなかった故郷に向かう時の気持ちというのは、きっとこんなだろうと思う。親は、親戚のおじちゃんおばちゃんは元気でいるだろうか。可愛い妹はもう嫁いだだろうか。古びた家は倒れていないか・・・。

 しばらく行けなかった畑に向かう時の代表の心境もまた同じだ。野菜は、葡萄やプラムの木は虫にやられてはいないだろうか?可愛い里芋は無事だろうか?古びた支柱は傾いていないか?足どりは重い。

 前回、最後に畑に行ったのが9月17日。16日、17日と2日間除草に追われた。次の週末は当番と雨天。またその次も当番と雨天で、10月6、7、8日は川内村に行って、その次の土曜日は激しい筋肉痛(前日の野球部の練習で)で一日動けず日曜は雨。結局、久しぶりも久しぶり、ようやく畑に行けたのは今日10月20日の夕方になった。えーと、ほぼひと月ぶりだ。これでは何が起きてもおかしくない。畑ってそういうものだから。

 一ヶ月前とは景色が違った。風除けのネットがバランバランに千切れてしまっていた。

18102001.jpg

 いや~参ったアル。そんなに強い風吹いたっけ?支柱が何本か倒れてしまっている。

18102002.jpg

 倒れたというより「折れた」だね。いずれ腐るからと考えて、鉄パイプに樹脂被せてあるもので補強したつもりなんだが、しょせん安物で薄い板だから、大した補強になっていなかった。屁のつっぱりレベル。どうせやるなら土建屋が使う足場用の鉄管なんかでビシッとやらないとダメだったね。

 とりあえずネットは撤収して、残った支柱は境界の印として残すことにした。支柱を片付けるのが面倒だからではないよ。

 話は変わって、手遅れだろうと思って諦めていたが、落花生を抜いてみたら実が付いていた。

18102003.jpg

 茹でて食べたら美味かった。こういう、有機物が多いというか雑草だらけの畑は、種を植えて芽が出るまで、芽が出てしばらくは難しいが、ある程度大きくなってしまうと逞しい。そこまでどうやってもっていくか。それは各農家のノウハウになっている。教えてくれる人もいるし、門外不出にしている人もいる。代表も門外不出にする(笑)。

セローのエンジンオイル交換からホンダとヤマハの違いを思う

 そろそろYAMAHAセローの走行距離が1,000kmになるので、エンジンオイルを交換することにした。今の車やバイクは、新車の時大昔みたいに加工残りの金属片がゴロゴロ出てくるようなことは少なくなったから、このままエンジンオイルの限界まで使っても致命的な問題が出るようなことはないんだが、用心に越したことはないからね。

 セローのエンジンオイルのドレンはこんなところに隠れている。

201810110101.jpg

 山道なども走れるバイクだから、エンジンが石や木などにぶつかったときにエンジンが割れてしまわないように、下の部分がアルミのプレートでガードされていて、一般的にこのプレートを『エンジンガード』と呼ぶが、その裏側だ。ちなみに、セロー(SEROW)というのはカモシカのことである。
[ 続きを読む » ]

川内村で。

 川内村に行ってきた。どうしてもやっておかなければならないことがいくつかあって。

 ひとつは、薪ストーブの焚口のドアのガスケットを新しくすること。ガスケットはガラス繊維を編んだ紐で、耐火セメントでくっつけてあるんだが、もう22年も使っているもんだから、セメントまで燃え尽きボロボロになってしまった。

2018100807.jpg

  薪を焚くとヒューヒューと音を立てて大量の空気が入ってしまい燃えるのが早い。不経済でしょうがない。だから本格的に寒くなる前に修理しておく必要があった。他のところのガスケットにしてもようやく付いているような状態だし、本体の方にも相当ダメージが見られるので、本当は新しいストーブに買い替えたかったんだが、時間が無くて間に合わなかった。とりあえず応急的な処置をしてこの冬まで使い続けることにしたわけ。

 こんな感じ。
[ 続きを読む » ]

生きていて良かった

 昨日の野球部の練習までにグローブは軟らかくならなかった。それでもなんとか捕球することができた。

2018100401.jpg

 代表よりも二回り若い情熱的な監督と三回りも若い愉快なチームメイトたち。みんな足手まといの代表に気を使ってくれ、労わってくれる。体はキツイが、楽しい。ありがとう、みんな。代表はどこまでも幸せ者だ。

緊急事態発生

 自分でいうのもなんだが、代表は努力家だ。これと決めた目標は達成できるまでやる。しつこいともいうかもしれない。

 遠投30メートルのストレートボールを投げるため、8月末から猛練習を積んできた。その甲斐あって遠投30メートルはクリアした。だが、ストレートボールの方は癖がまだ抜けなくて、真っ直ぐだったり曲がったりで安定しない。それで、暇さえあればグローブをはめて、ボールを右手から左へパンパンと投げて練習していた。その結果、なんとグローブが破れてしまった。こんな感じ。

2018100201.jpg

 頑張ったもんなぁ。

 が、明日と金曜日の放課後に練習があるし、試合も迫っている(10月17日)。どうせ伝令くらいしかできないから、代表がグローブがなくったってチームにはまったく影響ないんだが、練習には参加したいし、万が一1回くらい守備が回ってくる可能性も考えられないこともない。そのときに「グローブを貸してください」なんてカッコつかないし、他人のグローブってクセが付いていて使いにくいからエラーしてしまうかもしれない。なんとしても明日までに新しいグローブを手に入れて練習しておく必要がある。

 どこかにグローブはないか?神にもすがる思いで通学路にあったリサイクルショップに飛び込んだら、神のお計らい、代表にぴったりなのがひとつだけあった。
[ 続きを読む » ]