FC2ブログ

2018年03月の記事 (1/1)

変だと思った!

 畑を始めて3年目。同時に使いだした耕運機も3年目。扱ずいぶんいがうまくなったと思うんだが、どうしても真っ直ぐな畝が作れない。左側が跳ね気味になるので右に寄っていってしまう。

 「左の土が固いんだろうなー」とずっと思っていたが、みっちり耕しても同じ現象が起こるもんでさすがに変だと気が付いた。耕耘した畝を右左比べると、明らかに左側の方が土の塊が大きく、右側の方がよく砕かれている。

18033101.jpg

 こりゃローターがおかしいぞ!
[ 続きを読む » ]

ある日の畑

 えんどう豆の花が咲いた。

18033001.jpg

 代表が畑を始めたときにいちばん初めに苗を植えた作物で、それから2年失敗したが、ついにここまできた。ようやく食べられるか?えんどう豆づくりにこめる代表の執念は世界NO.1だと思う。

 アスパラガスもの芽も出た。

18033002.jpg

 こちらも種から植えて3年目。今年から食べられる。ドイツから送ってもらって食べたアスパラガスととっちが美味しいだろうか。たぶんこっちだと思う。早く食べてみたい。

 大根の芽。

18033004.jpg

 発芽率を上げるため種を植えてから毎日水をやっている。それから、芽が出てからヨトウムシに食われないように畝に木炭の粒をまぶしてみた。状態は・・・今いちの感じだ。何か間違っているんだろう。

 毎日トライと失敗の繰り返しだが、がっかりしたり疲れたりすることも多いが、飽きることはない。失敗は繰り返さなければいいというのがわかるわけで、成果のうちだ。

 ヨトウムシに根元を食われたネギ男くん。ハンディに負けないで確実に成長している。

18033003.jpg

 ネギ男くんではなくてネギ子さんなのかもしれないが、そもそもネギでもないだろう。ネギなんて名前は人間が勝手に付けたもので、ネギにはネギ自身によるネギ本来の呼び方があるはずだ。考えると眠れなくなる。

 水路の側の葦の中にカマキリの卵があったので、畑に持って来てブドウの支柱に括り付けた。

18033005.jpg

 卵からかえったカマキリは畑の虫を食ってくれるだろうと思う。害虫だけ食って益虫は見逃してもらいたいが、言うことを聞いてくれるとは思えない。カマキリがクモに食われてしまうかもしれない。

 畑はダイナミックに変化している。一日中畑にいて、それが毎日でも飽きるということはない。

一握の豚糞

 ベランダに置いたままになっていた去年収穫したジャガイモの残ったのが、50個ほど、しわくちゃになってはいたものの、腐らず芽を出していた。

18032901.jpg

 処分しようと思っていたが、これほど固い意志を訴えているものをそう簡単に捨てることはできないので植えてやることにした。でも、畑にはそれだけのスペースがない。仕方がないから隣の土地に無断で植えることにした。
[ 続きを読む » ]

育苗室2号

 代表の畑の土は関東ローム層の赤土で、基本粘土だから水をかけると固まってしまう。野菜の小さな種を植えたとき、芽を出すまで水をやらないといけないんだが、固まった土が芽を押さえてしまう。発芽率が極端に低いのが課題。栄養分も不足しているのかもしれない。

 去年育苗室1号を作って対策を考えようとしたんが、あの時は温度だけだと思って、土と養分が重要だとは考えなかった。それで失敗した。新作したこの育苗室2号は理想的な土作りにトライするための施設なんである。

18032801.jpg

 広さ1坪ほどを角材を2段にして仕切って地中から虫が入って来ないようにし、ふるった細かい土だけを30cmの深さに敷いた。これをベースに色々な資材、例えば葉っぱだとか籾殻燻炭を混ぜて、どんだけ水をかけても絶対に固まらない土を考えてみたいと思っている。いろいろやってるよ。
[ 続きを読む » ]

じゃが芋の葉で家ができる

 代表の予想どおり、今日、じゃが芋の芽が顔を出した。種芋を植えたのが3月12日だからほぼ2週間。本日芽が出たのは3つだが、植えたところすべてで土が割れているから40数個全部が芽を出してくれるだろう。順調だ。

18032712.jpg

 小さい体で大岩のような土の塊を押し上げるのは人間だったら背筋力1トンくらいだろう。大したもんだ。

 この植物の強さの源は何なのか?その部分に着目した研究者がいるんだね。そして、セルロースナノファイバーという物質を突き止めた。これは植物繊維の最小単位の物質なんだが、驚くなかれ鉄よりも強度が高い。ほぼ5倍。この特性があったから植物は体の何千倍もの重さの土を持ち上げたり押しのけたり、数十メートルの高さまで伸びたりということができたわけだね。

 現在はセルロースナノファイバーを様々な材料に混ぜて強度を上げる研究段階に入っているんだが、もしかしたら近い将来、畑で家や自動車を製造する時代が来るのかもしれない。畑には色んな可能性が眠っている。

 

独りがいいかも

 代表も含めて世の中老人ばっかりだが、結婚もせず社会とのつながりを絶ってきたきた方たちが、老後を迎えて心細くなって関わり求めて出すという動きが出てきているらしい。今まで自分中心で勝手やってきて、今また自分中心で付き合いを求める。そんなにうまくいのかな、と代表は思う。利用されて傷ついて、さらに不安を募らせることになりはしないかと心配になってしまう。ドロドロの人間関係の中で鍛えられたおじちゃんおばちゃん相手ではね。

 それよりも独りで通した方が、代表みたいに野菜を相手にしていた方がよっぽど安まると思うよ。

18032601.jpg

 今日も朝から晩まで畑で遊んだ。草をむしり大根を植えた畝に水やり。玉葱とニンニクに追肥。もぐらの穴ふさぎ。ブルーシートと防虫ネットと育苗ポットの洗浄。木炭を叩いて粉にして土にまぶしてみたり。そうこうしている間にも作物たちは太陽を追いかけて首を返し、じゃが芋の畝の地割れは延びる。明日あたり芽を出すか。

 昔、川内村の山の中でバイクのレースをやっていた時、よくトラクターで草を刈ってコース作りを手伝ってくれた酪農家のひさとさんが話していた。「人間よりも牛と付き合っていた方がずっといい」って。その心境が今の代表にはわかる。

ネギ復活

 先日ヨトウムシの犠牲になったネギ。もしやと思ってそのままにしておいてみたんだが、案の定食われた下から新しい芽をが伸びてきた。

18032401.jpg

 この先他のネギと変わらないくらい成長するだろうと思うよ。驚きのこの強さ。物理作用なのか生理的なのかオカルトなのかわからないが、これがネギなんだというしかない。

エンジニアの習性

 前に交換した畑の水場の水管がたいへんに評判が良く、たくさん雨が降るシーズンを前に、師匠のイシイさんから「流れないようにしておきなさい」との指示とともに針金を渡された。

18032301.jpg

  これだけ長かったら流されないんじゃないか?しかも湧水側だし!と思ったけれども、細い水路は少しの雨でも増水レベルがとんでもないことが確かにあって、すでに2つの水桶を流失してしまったので、仰せの通りやることにした。

 イシイ師匠のイメージは、塩ビのパイプの出っ張った部分を針金で巻いて、右上の橋のところの結びつける感じなんだろうが、元エンジニアとしては、橋のところの結びつけるのはいいにしても塩ビのパイプの出っ張った部分の処理はスマートにしたい。
[ 続きを読む » ]

腰痛

 一日大人しくしていたら普通の状態に近くなった。もうバイクにも乗れる。

18032201.jpg

 完治させるにはかわうちの湯に浸かるのも効果があると思うけども、川内村までの運転で再発してしまう。農作業もまずい気がする。あと一日無理はしないでおこう。

腰痛

 昨日、川内村へ行って日帰りした。冬の間しまいこんでいたS2000を半年ぶりに運転したのだが、帰ったら腰の左側が痛い。しばらくなかった痛み。S2000のクラッチペダルが重くなっていたのを我慢して蹴り続けたのがいけなかった。

18052101.jpg

 たぶん腱鞘炎だと思うが、忙しさもようやく落ち着いたので、ゆっくり治そうと思う。腰もS2000も。

ルバブって知ってる?

 有機農業をやっているかつての職場の先輩を訪ねたら、帰りにルバブという作物を2株いただいたので、そのまま畑に直行して植えた。

18031901.jpg

 葉には毒があり、根っこは食べられないという。それじゃどこを食べるの?というと茎だけ食べるらしい。しかも、料理法はジャムに限るというから面倒だ。ただし、そのジャムは病みつきになるほどに美味しいとのこと。

 それにしても、こういう植物の茎だけをジャムにして食うという、誰がどういう風にしてその発見に辿り着いたのか。不思議でしょうがない。

ハチロー君の梅畑

 ハチロー君の梅畑は、代表の通り道の側にある。草でぼうぼうになったのを見るたび「早く手入れしないとなー」と思っていた。そう思いながら7年もの年月が経ってしまっていた。

 最後にハチロー君の梅畑の剪定をしたのは、震災のちょうど一週間前の、春のように暖かい日だった。メンバーは小林さんと高野さん。高野さんが、梅を使った特産品を開発して、民泊を始めてお客さんに食べさせるという構想を描いて動き出したところだった。また、ここでは梅の近くにだけ生えるというキノコが採れるらしく、もしかしたらそれがカフェ・ダノニーのメニューに加わるかもしれなかった。楽しい夢があった。

 思い出すと辛いが高野さんは遠い所へ移住し、カフェ・ダノニーも閉店した。剪定どころの話ではない状況が続いた。

 その間、除染作業が一回あって、草刈は時々ジュイチさんが来てやってくれたそうだが、それでなかったらとっくに枯れてしまっていただろう。まだこの状態で保てたのはジュイチさんのおかげだと思う。

18031801.jpg

 ここからは代表が面倒を見る。夢は消えたが、亡くなったハチロー君との約束だから。
[ 続きを読む » ]

ネギの植え替え完了

 ネギ植え替えが終わった。最終的に4つの方法をトライしてみることにした。

 一番右側の畝が従来のやり方。つまり、矩形に掘った溝の左端にネギを立てて、右側に肥料と枯葉(本来は藁を使う)を入れたもの。中央の畝が根の下側に枯葉をたくさん敷いたタイプ。右側がのが根の下側に枯葉とたっぷりの肥料を施した本命。そして、畝の間に放置しただけのネギ。

18031701.jpg

 さあ、どんな結果になるか?楽しみ。

 ええええー!
[ 続きを読む » ]

指定席

 「4ばーん、キャッチャー 代表くーん 背番号 ひとの駅かわうち」 選手を紹介するアナウンスが代表の耳には聞こえる。もちろん幻聴だ。

 ここは近所の大学の野球グランドのスコアボードの横。時々ボールが飛んでくるので試合のときは駐車できないが、普段は大丈夫。というか、注意されないので勝手に大丈夫だと思っている。立つとフェンスが邪魔になるが、Kトラの荷台からだとグランドが見渡せる。今、ここは、代表だけの特別指定席。午前の農作業を終え、ここでから昼飯の弁当を食べながら練習を見るのが代表の楽しみなのだ。

18031601.jpg

  退職してから基本的に自分が楽しいと思うこと、自分のためになることしかしていない。自分にとって意味のないこと、無駄なことは一切やらない。同じ話をしない。一度やったことを二度繰り返さない。人がやっていることも見ない。聞かない。関わらない。反応しない。

 ラジオも聞かない。テレビも見ない。本や雑誌も読まない。音楽も聴かない。ネットもしない。全然必要ないし不自由も感じない。読むのはスポーツ新聞の野球記事だけ。ネットはブログを書くだけだ。頭の中はつねに妄想でいっぱい。

 そんな暮らし方をしていたら適応障害でどんなにか窮屈で臆病に過ごさないといけないと思っていたが、逆だ。焦りも濁りもない雑音がまったくない自分だけの世界ってこんなにも清々してのびやかで穏やかだったのかと感動すら覚える。

ネギの植え替え

 なんだかんだで農作業が遅れてしまい焦っている。毎年「今年こそ」と思うのだが、なかなかその通りに行かない。植え付けは彼岸までといわれるジャガイモをなんとか終わらせて、ようやくネギの植え替えの番になった。ネギをどかなさいと里芋の場所が空かない。

 ネギは強くてあまり肥料を食わない作物だが、根腐れしやすいため、植え付けるときには根の周りに藁を敷け。あとは成長に合わせて土を盛っていくだけ。そう教えられた。インターネットで調べてもそう書いてある。

 これはお隣さんの畑のネギだが、マニュアル通りにやっている。垂直に溝を掘り、藁を敷いて肥料を少々まいて、溝の壁にネギを立てかけ、根の部分だけ土で覆っている(はず)。

18031301.jpg

 これがネギにとって一番幸せな状態なのだろうか。確かめるべく代表はネギが植わっているところの断面を見てみた。
[ 続きを読む » ]

捨てた本残した本

 定年になったら読み返そうと思って残していた本と雑誌が1000冊余り。次女が川内村の家に移るための一連の整理に合わせ代表の本と雑誌も処分することにした。退職してわかったが、本を読み返す余裕なんてない。一冊読むのに3日かかったとして3000日も必要になる。

 本の約半分、Kトラに積めるだけ郡山のフックオフに持って行った。3000円くらいになるかと思ったが、127冊に値段が付いて、総額たったの463円だった。馬鹿らしいので、あとの半分は川越に運んで、市が運営するリサイクル施設つばさ館に寄付した。そっちの方が気分がいい。雑誌はゴルフとオートバイ関係ばかりだが、オートバイのは残してゴルフは一切捨てた。

 そうやってまた100冊くらいの本が残った。

18031201.jpg

 マルクス、漱石、フロイト、ドストエフスキー、吉本隆明、小林秀雄、小室直樹、柄谷行人、三島由紀夫、深沢七郎、八切止夫、草野心平、そして本田宗一郎とその会社関係。

 手に取って1,2ページめくっただけで胸が苦しくなり汗が噴き出すような本ばかりだが、どうしても捨てられない。時間的にも気持ち的にも読み返すことは無理だと思うが、代表の部屋の守り神だ。

3年使ったパソコンは今すぐバックアップしよう

 代表が自宅でパソコンを使い始めてから15年くらいになるが、一度HDDが壊れて痛い目に遭って以来ずっと外付けのHDDを使ってきた。パソコン側のHDDが壊れても被害が少なくて済むように、外付けのHDDにデータを保管し、3年くらいで新品にして、その都度データを移管するというやり方を取ってきたわけだ。HDDは消耗品だ。必ず壊れる。

 今まで使った外付けのHDDは、写真左から、初代(100GB)、二代目(250GB)、三代目(500GB)の三つ。

18031001.jpg

 三代目を買ったのは2013年だったので、いい加減更新しないとやばいなーと、心配していた矢先に壊れてしまった。完全に絶命した日が2月17日。享年4才6ヶ月だった。4年6ヶ月分のデータが消える!?頭が真っ白になった。
[ 続きを読む » ]

農大受験はどうなった?

 退職してからずっと落ち着かなかった。不思議なことに「ゆっくりできるかなー」と思った時に必ず身の回りに何かが起こる。その種は自分で蒔いているんだけどね(笑)。

 まず、農大受験の経過と結果について報告しておかないといけない。

18030900.jpg

 12月に公立の農業大学校を受験したんだが、結果は・・・
[ 続きを読む » ]