2017年01月の記事 (1/1)

東京芸大卒展へ行く

 たくさんの美術展があってそれぞれに素晴らしく必ず得るものがある。今までに観て後悔したということは一回もないが、中でも代表がいちばん好きなのが東京芸大の卒展だ。今回は中学の同級生4人と連れ立って行った。

17012905.jpg

 代表はどうして東京芸大卒展が好きなんだろうねぇ。
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

Kトラ車検

 当たり前だが、車の車検は2年毎だ。今年はKトラの車検が巡ってきた。車検に備えて整備して、ついでに洗ってやった。 きれいだね。

17013001.jpg

 このタイプは生産終了して8年経っているから新車は存在しない。細かい傷や汚れはあるが、大切に使っている代表のKトラは新品状態。HA7タイプとしては世界一程度がいいと思うよ。

 前の車検はこのKトラに代えて1回目のときだった。その時の走行距離は7千km。現在は4万3千km。毎年2万km近く走っている。よく走るなー。これだけは手放せない。

 ついでのついでにこっちも洗ってやった。
[ 続きを読む » ]

水の中からこんぬつばぶくぶくぶく・・・

 畑の近くの側溝に流れ込んでいる湧水をバケツに溜めて、農作業で汚れた手を洗う。ついでに写真を一枚。

17012805.jpg

 日差しが明るくなったとはいえ2時過ぎには陰り出し、辺りは薄紫色に染まる。まだまだ水も冷たい。
[ 続きを読む » ]

スノーデンをみて

 映画をみてきた。「スノーデン」。

17012701.jpg

 んーよかった。去年から今年にかけてみた映画の中では一番よかった。

 代表的には今世紀最大の事件はスノーデンの米国機密情報のリークだと思っているんだが、スノーデンがなぜそういうことをしたのかよくわかった。

 あの事件以降、世界の勢力図が変わって明らかに米国が弱体化し、その流れが止まらない。スノーデンの行為は間違いなく正しかったが、それが世界的にみて良かったかどうか。結論が出るのはまだまだ先だ。

大学スポーツ新聞

 スポーツクラブで汗を流し、その汗を流すのに風呂に行ったら、湯気の向こうで「おーい」と手招きする人がいた。時々近所の大学のグランドで一緒になる、野球部OBのO氏であった。

 現役時代は捕手。卒業後はソフトボールに転向し長く社会人チームでプレーしたという。今は定年退職して近所の大学の近所に引っ越してきた。野球部のことが心配でしょうがないらしくて。

 新入生の入寮日とかオープン戦に関する情報などを教えてもらい、大学で発行しているスポーツ新聞スポトウもいただいた。

17012601.jpg

 この新聞はよくまとまっている。学生が編集しているんだろうけど大手スポーツ新聞より文章がうまいし面白い。ギャンブルとか精力剤の広告とかの余計なページが無いのもいい。

 今シーズンも始まるねー。毎度お馴染みのフレーズだが、時間が経つのは早いよ。代表がこの大学の野球部の練習を見に行くようになったのが一昨年の春ことだから、もう3年目だ。 去年もいい選手が入ったが、今年も有望な選手が多数入学してくるらしいので楽しみだ。

畑にて

 困った兆候なのかねー。近頃は人間よりも植物や虫との付き合いの方が楽しくなってきた。

 植物や虫の何を見ているのかというと、人間的な所だったりする。艶やかな色や形甘い蜜で虫を誘う色気とか、暑さ寒さや天敵が這い寄った時の萎れだとか、抜かれたり芽を摘まれたりしたときに見せる開き直りの生命力とか。人間とまったく同じだ。

17012501.jpg

 植物や虫たちが人間に似ているのか。あるいはその逆なのか。わからないが、植物や虫の性質を高度に発達させたのが人類だという考えは不遜だ。 植物や虫たちがそれおぞれの生き方を選択したというだけで、対等だ。下等とか高等のちがいはない。畑にいるとそういうことに気づかされる。

 マジで今は植物や虫たちとの付き合いの方が得られるものが多い気がしてしょうがない。

双葉高校で野球がやりたかった

 双葉高校の硬式野球部が廃部になったそうだ。スポニチデジタル版にそう書いてあった。悲しい。またひとつ終わった気がする。

 スポニチ24日ニュース『福島・双葉高の野球部廃部 甲子園3度も原発事故で「必ず再開すると信じている」

 代表も双高で野球がやりたかった。でも、小学校のソフトボール部で肩を壊したために野球はあきらめた。もしも肩を壊していなくて野球部に入ることができていたら、同級生のションベンジローやブルケンと一緒に甲子園に行けたかもしれない。江川卓らと入場行進をして、達川光男がキャッチャーをやっていた広島商業との試合に出られたかもしれない。夢だが。

 生まれ変わったら、球拾いでもいいから双葉高校で野球をやって、大学まで続けたいと思う。

1センチ駐車

 家内が「駅に行く途中で駐車場にすごい停め方してる家あるの知ってる?噂になってんだけど。」って聞くから、「これだろ」って教えてやった。

17012301.jpg

 「ああ、ここよ。ここ。でも、お父さんどうして知ってんの?」「だって友だちだもん。」「えー!信じらんない!」家内はえらく驚いていた。正確に言うと、友だちだった。昔のゴルフ仲間だったんだが、普段は腰が低くていい奴なんだが酒が入ったりプレッシャーがかかると別人になるタイプで。いるよねそういう人。気が大きくなったり怒りっぽくなったり。だんだんみんなから敬遠されるようになって、いつからか付き合いがなくなった。

 それにしても芸術的な車庫入れだよね。近所の噂になるくらいだから。ドアと壁の隙間は1センチくらいしかない。代表は田舎育ちで大雑把だから、こういう停め方は一回くらいはできるけど毎日はとても無理だ。

畑カメラ

 ないねー、泥の名中でも使えるカメラが。結局これにした。

17012201.jpg

 パナソニックLUMIX DMC・FT3。6、7年前のモデルだが、もうこういうコンセプトのカメラというのは作られないみたいだ。

 FT3で移した景色がこれ。

17012202.jpg

 暗いが、オリンパスやリコーやフジよりはバランスがいい。これなら汚れても水洗いできるし。これから畑作業のレポートも豪華写真付きでやります。

 ここまでネットオークションで随分散財してしまった。

あと30年後

 故郷に戻ったバイク仲間が遊びに来たので、代表たちも花門に集合した。

17012001.jpg

 遊びに来てくれたバイク仲間の故郷は鹿児島。戻るときにもここで送別会をしたが、それから3年経った。早いよねぇ月日が過ぎるのは。バイク仲間のひとりが自分家の庭でとれた立派な甘夏をみんなに3個ずつ持ってきてくれたんだが、この甘夏の木は樹齢が30年以上らしい。

17012002.jpg

 子どもさんをお腹に宿したときに酸っぱいものが食べたくなって、甘夏を食べて庭にぷっと吹いた種のうちのひとつが芽を出し大きくなり毎年たくさん収穫できるようになったということだった。偶然の気まぐれで物語が始まって30年が過ぎる。ひょんなことで出会って、時々情報交換するようになった代表たち。30年後はどうなっているんだろう。また集まって飲んでいるんだろうか。

 そのとき代表は90過ぎ(生きていれば)。いちばん若くて75。マンスールさんは80くらい?

17012003.jpg

 きっとあっという間だろう。甘夏ほどの果実を残せていたら良い人生というものだね。

映画『福島桜紀行』を鑑賞して(2/2)

 昨日の会社からの帰り道、長女が怪我して救急車で運ばれたと家内から電話が入ったもんで、その足で搬送先の病院に向かった。救急車で運ばれたというから最悪の事態も考えたが、幸いなことに左足の指の付け根4ヶ所本骨折しただけだった。原因は、転勤で一月から変わった慣れない職場で台車を押していたところ、荷物が落ちてきて下敷きになったということらしい。100キロくらいの大きな荷物だったというから、その程度の怪我で済んだのはほんとうにラッキーだったとしか言いようがない。全治一か月。屋根から落ちて腰の骨を折りひと月あまりで復活したおじいちゃんの血を引いているんだろう。本人は「足の怪我や骨折に気を付けること」という今年の運勢が当たったと変なところに感動していたが、そういうことをしんじるところはおばあちゃん似だ。

昨日からのつづき

 鉾井さんと箭内氏のトーク。

17011402.jpg

 震災後しばらくして運転中のKトラのラジオから流れてきた猪苗代湖ズの『I love you & I need you ふくしま』を初めて聴いたとき、代表は愕然とした。猪苗代湖ズの噂は耳にしていたが、まさかそういう音楽性だとは予想していなかった。不意を突かれた。
[ 続きを読む » ]

つづきはまた明日に

 娘(長女)が職場でケガ(骨折)してバタバタし、時間がなくなってしまったので、つづきは明日書きます。

 代表

映画『福島桜紀行』を鑑賞して(1/2)

3日前の金曜の夜、代表は上野にいた。その前の日の夜遅くに、鉾井喬さんから、映像作品『福島桜紀行』の上映とトークを東京芸大で行うという連絡をもらったので。元TVカメラマンで関東出身の鉾井さんは、震災後しばらくしてから仕事をやめて、福島市を拠点に創作活動を続けながら、講師を勤める東京芸大に通っている。

17011401.jpg

 少し早めに着いたから、上野公園のスタバでコーヒーを飲みながら、鉾井さんとの出会いのことや、震災があってからこれまでに散々見せられてきた、復興の応援のためという大義名分の映画や音楽や詩や演劇、それらの芸術活動文化活動、それを通して会った人たちのことなどを思い出していた。
[ 続きを読む » ]

春はもうすぐ

 日が長くなってきた。会社を少し早く引き上げると、明るいうちに畑に行けるようになった。まだ作業するほどの時間はないけど、収穫くらいはできる。

17011102.jpg

 本日の収穫。左から白菜。ネギ。大根。わけぎ。

 いろいろ試したいいことが膨らんで春が待ち遠しい。春よ、早く来い。

土の良し悪し

 この畑は、元日に実業団駅伝の応援に群馬に行ったときに見たもの。

16011001.jpg

 一目見て、あまり良い土じゃないと思った。微生物の気配が感じられない。それでも群馬の野菜は立派に育つんだよね。

 一方、こちらは代表の畑。

16011002.jpg

 たった一年でフカフカで柔らかい土になった。こっちの土の方がよっぽど健康的だと思うんだが、野菜は育ったり育たなかったりだ。何が肝なのか。そこが知りたいが、調べても明確な答えというものがない。即ち不可解。農業は形而上学なのか。

代表ん家の猫

 代表の家には猫が二匹いる。左が「きじ」で右が「きなこ」。

17010902.jpg

 このアクセサリーは家内の姉が毛糸の毛玉で作ったもの。本物はこっちだ。

17010901.jpg

 似てるかな?

ライフの点火プラグ交換

 興味がない人にはまったくつまらない整備の話シリーズで申し訳ない。長女のライフが減速したときにエンジンが止まることがあって怖いということなので、昨年末から様子をみている。

17010801.jpg

 いつも止まるんだったらポイントが絞りやすいが、止まったり止まらなかったりということだと代表には症状がわからない。手の打ちようがない。まあ回転落ちがちょっと早いかなーという感じがする。アクセルを踏んだり戻したりしたときにも多少回転がバラつき気味であった。

 バッテリー電圧は12.7Vあって正常レベル。エンジンオイルの汚れも量も問題ない。じゃ、あれか?というわけで、点火プラグをチェックしたら、電極の減り方にバラツキがあった。

 新しいのに交換することにしたが、点火プラグって今時はホームセンターとかカーショップにほとんど置いてないんだね。いくらかあるにはあるが種類も本数も少ない。しかたがないのでまたネットで注文したが、正月を挟んだので時間がかかった。なので本日は点火プラグ交換の巻です。
[ 続きを読む » ]

夢で登山

 写真は今日のブログの内容とは関係ないが、長女が「めったに出ない珍しいバージョン(着物姿)だから撮っておいたら?」というので。それ本当なの?

17010701.jpg

 このところの代表が見る夢は冬山を登山しているのばっかりだ。吹雪の中で小用を足す場所を探してウロウロしているとか、夜なのにシュラフを忘れて寝ることができないとか。毎日そういう夢を見てる。

 理由はわかっている。Tシャツでバンザイした格好で眠っているからだ。布団から上半身が出ていたら、そりゃ寒いから冬山の夢を見ることになるだろう。

 寝るときにバンザイするのは代表の癖だからそれは直せない。ならば、長袖のシャツを着たらいいだろうと思い、ひとの駅かわうちTシャツの長袖版を着て寝てみたら、冬山登山の夢が晩秋登山に変わった。少しは暖かくなったが、まだ寒い。今晩はトレーナーでも着て寝てみようかと思う。

寒い村からの荷物

 親父から長女宛に荷物が届いた。段ボール箱を開いたら、冷たい川内村の空気と一緒に親父の手紙、干し柿や干し栗や餅が出てきた。

17010601.jpg

 昨年末に、長女の名前で代表が親父に送った食料や衣類のお礼ということだろう。代表は親父にも長女にもやさしいと思っている。だが、親父も長女も代表にはやさしくない。長女は親父にやさしく、親父も長女を可愛がる。それはおかしいと思いつつも、その関係性は不変なので、これからも長女の名前で送り、お礼は長女に届くだろう。

里芋掘り

 今日も畑用カメラを携えて畑へ。本日の作業は里芋掘りだ。11月に収穫したのを埋めてあるんだね。早速埋めてある場所を掘ってみると、収穫した時のフレッシュさそのままの里芋が出てきた。

17010501.jpg

 どうも写真がいまいちだねー。早く手を打たないと、これでは代表も楽しくない。

17010502.jpg
[ 続きを読む » ]

畑用カメラ その2

 いよいよ代表の畑用カメラ オリンパスμTOUGH8000の現場デビューの日がきた。防水、防塵、耐衝撃と謳うからには、こんな感じで畑に埋まったくらいではなんともないだろう。そうであってほしい。

16010401.jpg

 あれれ。ふつうに傷が付くじゃん。液晶画面も、金属風には加工しているがカバー関係もプラスチックだ。やっぱりそれなりだね。

 それと、ストラップが汚れる。三脚のねじ穴にも砂が入る。防塵というならこういう部分にもひと工夫欲しいところだねー。

16010402.jpg

 どういう使い方を想定して商品化したんだろう。日常使いでウォータープルーフだとかホコリが入りにくいとか傷が付きにくいっていう程度だったら期待外れだ。
[ 続きを読む » ]

ゴルフ再開

 前回のゴルフが4年前。それから練習場へ行ったのが2、3回。腕とか膝とか、痛めているところを庇って打つと、また違う場所を痛めてしまう。そういうことを繰り返していたので、久しく練習場から遠ざかっていた。が、この連休の休養のおかげで体が動くようになり、天気も良くって気分も良くなったもんで練習に行ってみた。

17010301.jpg

 一度体で覚えたことは忘れないね。どこにも痛みなくスイングができた。爽快だった。今年はゴルフも再開したいと思った。マスターズの頃かな。

畑用カメラ

 畑の話題を取り上げるとき、内容がわかりやすいような写真を付けようと思うんだが、実のところ畑で写真を撮るのはかなり大変。面白いシャッターチャンスがたくさんあるんだが、ついつい撮りそびれてしまう。

 畑は土だらけの環境だから、精密機械のカメラによくない。どんなに丁寧に扱っても埃だらけになってしまう。それがいやなんだねー、きれい好きの代表は。だから基本的に畑作業にはカメラを持っていきたくない。

 しかし、そうもいっていられないので、畑で写真を撮る場合、カメラに触る前にきれいに手を洗って、乾いたタオルで拭いて、それからカメラを取り出して写真を撮り、埃が付かないように袋にしまって、またちょっと作業して、手を洗って・・・というのを繰り返さないといけない。それでも汚れてしまう。だから勢い畑の写真が少なくなって、話題についても説明不足気味になってしまうんだよね。

 なんとかならないものか。埃や泥や水の中でも使えるカメラはないのか。しばらく探していたら、こんなのが見つかった。防水防塵耐衝撃カメラ。

17010201.jpg

 このままで水の中でも撮影ができ、泥や砂がついてもOK。じゃぶじゃぶ水洗いができる。落としても踏んでも壊れない。こえrしかないというわけでネットオークションで手に入れてみた。

 ん!なんか丈夫そうだ。

17010202.jpg

 しかし...
[ 続きを読む » ]

ニューイヤー駅伝

 今日の関東は穏やかな一日だった。代表は実業団ニューイヤー駅伝の応援のため群馬に行ってきた。

17010101.jpg

 いやー早い早い。目の前をシューっという感じであっという間に通過して行く日本長距離界のトップアスリートたち。それぞれの一歩一歩で比べればほとんど差はないね。何で決するのかといえば、流れだ。流れをつくり、それにチームがうまく乗れるかどうかで決まる部分が大きい。駅伝の難しさであり、醍醐味だろう。それがよくわかった。

 震災前までは、富岡町のゴルフ場リベラルヒルズGCのクラブハウスのテレビでニューイヤー駅伝を観戦した。元日に会社の先輩や川内村の友だちとゴルフをするのが恒例になっていたからね。当然今はできなくなったが、ちょっと気になったのでネットで調べてみたら、リベラルヒルズGCの会員権が販売されていた。格安(10万円以下)の名義変更料10万円で。現実に売買取引されてんのかね?買えるなら記念に買っておこうかなと思った。