2015年10月の記事 (1/1)

つば九郎の呪い?

 もうすぐ11月になるというのに蚊に刺された。上唇の真ん中の尖った部分。おかげで代表の唇はつば九郎みたいだ。

【写真:つば九郎・・・ネット上より借用】
15103001.jpg

 代表が寝るときはバンザイの格好をするので両腕と頭部、顔が布団から出る。頭部のおでこから頭頂にかけて毛がないので、ほとんど上半身むき出しなんだが、ピンポイントで上唇の真ん中が狙われた。つば九郎の呪いか?ヤクルトスワロウズが日本シリーズでこてんぱんに負かされてしまったからね。かわいそうなほどだった。

 今シーズンプロ野球も終わり。ストーブリーグに入った。監督が代わる球団がいくつかあったが、組織というのは何でもそうだが、トップが代わっても長い時間をかけて染み付いた体質までは変えられない。巨人や阪神にそれができるか。
スポンサーサイト

・・・

遊んで、と訴えているんだが、今の代表にその時間はない。

15102801.jpg

なんでこんなにもやることが多いんだろう?

M君を囲んで

 ここに何回か登場してもらっている幼なじみのM君は、実の名をマサヤス君(前列右)という。たぶん同級生の女子の半分はマサヤス君に思いを寄せていたと思う。美少年だった。現在は年相応だ。マサヤス君は京都に住んでいてこちらに来る機会があまりないものだから、来ると連絡があったときの何回かは同級生で集まって呑んだりした。先週の金曜日もそういうことになって上野に集まって呑んだのだった。

15102601.jpg

 メンバーはJ君、N君、Mちゃん、Nちゃん、Kちゃん、N枝ちゃんと代表総勢8人のマイクロ同級会だ。代表の同級生はみんな若いね。

 J君の名前はジュンゾー君(後列左から3番目)。同級生の女子の4分の1はジュンゾー君のことが好きだったと思う。そういう話を聞く。マサヤス君とはまたタイプのちがう美少年だったのだ。マサヤス君はやんちゃだったが、ジュンゾー君は落ち着いていて優しかった。

 N君(後列右端)はノリオ君という。最近才能を開花させたアマチュアカメラマンだが、恋にはあまり興味が無かったみたいだ。その反動が今頃来ている感じがするところがあるので、やっぱりある程度若いうちに遊んでおいた方がいいのかなと思ったりする。

 ノリオ君の横に立っているのが代表。同級生の女子のうちたった一人だけ代表に好意を持っていたらしいが、その子と同姓同名の女子がもうひとりいて、そっちの子だとばかり思いちがいをしていたことが、今年2月の同級会の席で誰かの指摘で判明した。悲劇であった。

 女子は・・・、次回にするか(笑)。

 夕方6時に集合して9時過ぎで散会。代表とノリオ君とN枝ちゃんはそのまま引き上げたが、あとのメンバーは御徒町の焼き鳥屋に繰り出してポッピーを呑んだみたいだ。ポッピー一本で焼酎4杯くらいいったんじゃないだろうか。

ドラフト1位対決

 きのう駅売りのスポーツ新聞を買った。人生で2度目か3度目だが、ドラフト会議関係の記事が読みたくて買ってしまった。ニッカンスポーツ140円也。 出ていたね。東洋大学原樹里投手の記事。

15102401.jpg

 原投手のコメントとして「二巡目で選ばれたら奇跡だと思っていたが、まさか一巡目で選ばれるとは思っていなかった。頭が真っ白になった。」てなことが書いてあった。本人にとっても予想外だったんだね。

 東洋大学は11月7日から宿敵駒澤大学と東都リーグ入替戦第1回戦を神宮球場で戦う予定だ。DeNA1位指名の今永投手の故障が治っていれば原投手とのエース対決になる可能性が高い。これは面白そうだ。代表も観戦に行きたいが・・・。

ヤクルトはシブイ

 代表はもう40年以上、毎朝一本ヤクルトを飲んでいる。だから、ケガをすると血液の代わりにヤクルトが出てくるくらいなんだが、いつもは甘酸っぱいヤクルトが今日は渋かった。ドラフト会議のヤクルトだ。

 阪神との抽選で明治大学の野手高山俊(4年=日大三)の交渉権に破れたヤクルトは、隠れ一巡で東洋大学の投手原樹里(4年=東洋大姫路)を指名した。どこからか二巡目か三巡目には指名されるだろうとは思っていたが、まさか一巡目に、しかもヤクルトが指名するとはねぇ。スポーツジャーナリストでもこの結果を予想した人はいなかっただろうと思うよ。

 写真手前の背番号1が原樹里投手。こんなんじゃわかんないよね(笑)

15102202.jpg

 原選手は東洋大学のエースでキャプテン。東都2部リーグで防御率1位の好投手だが、東都2部でだからねぇ。もっと派手な活躍をしている投手はたくさんいたのに、その中で、原選手に注目していたヤクルトはよく見ていた。シブイというわけ。

 詳しくはまた改めて。

いい顔になりたい

 幸せは人それぞれだ。水が飲めるだけで幸せを感じる人もいれば、使いきれないほど資産を持って何不自由の無い暮らしをしていても不幸だと思う人もいる。生きて呼吸ができるだけで幸せを実感する人もいれば、だれもが羨むような美しいスタイルと運動能力を授かっていても不幸だと思っている人もいる。人というのは、欠けて初めて足るを知るものなのだろうか。

 幸せかそうでないかは表情に表れる。幸せな人の顔は穏やかで、そうでない人は悲しかったり苦しかったり怒りだったりの表情になる。無理に笑顔をつくってもどこかに影ができるものだ。

 この顔はどっちかな?

15102101.jpg

 ラジオFMいわきのPR誌『みみたす』の表紙を飾った、ここで何度か紹介したことがある、代表の中学時代の恩師勝子先生。

 先生は、代表の記憶では中学時代はほとんど笑わなかった。元気爆発、スポーツ万能の体育の担当だったが、いつも腕組をして、ムスっと上目の白目で睨んでいた。 代表は「やぎさわー!」って呼ばれていた。

 笑う先生に会ったのは卒業後40年経ってからだ。すでに教師を引退して押し花作家になっていた。昔の先生とちがっていたところは、脳梗塞を患って左半身が不自由になっていたこと。それからこの別人のような笑顔。笑顔は苦難を乗り越えた人に与えられる勲章みたいなのなんだろうかね。今は「かついち君」と呼ばれている。

 今度の金曜日に中学時代の同級生が何人か上野に集まって一杯やることになっているんだが、まだ自分たちの顔は野暮ったい。先生の足下にも及ばない。代表は『みみたす』を人数分コピーして持って行こうと思う。

東洋大学が2部リーグ優勝

 東都大学野球2部リーグの、拓殖大学グランドで行われた東洋大学対拓殖大学の試合で、東洋大学が拓殖大学を9-0下して勝ち点をあげリーグ優勝を決めたみたいだね。おめでとう、東洋大学。

15101901.jpg

 これで1部リーグ最下位(駒澤大かな?)との入れ替え戦に勝てば1部リーグに復帰できる。3年振り(?)になるのかな。

 代表が東洋大硬式野球部の練習や試合を見るようになったのはこの春からだ。元々野球には興味があって、小学校の時はソフトボールをやっていたし、職場の軟式野球チームでピッチャーとキャッチャーはじめ全ポジションこなすくらいの技術はあって、打者としてもホームランを打ったことがあるんである(自慢)。冷めたのは読売巨人軍の江川問題があったからだ。それまではプロ野球の試合なんかもよく見に行った。西武球場が近かったので、仕事の帰りにバイクでふらっと行って、ビールを飲みながら観戦したもんだった。

 そんなわけで、通りがかりに東洋大のグランドで行われていた試合を見てから野球熱が再燃。すっかり大学野球の虜になった。なんせ技術は社会人並みにハイレベルで、にもかかわらず観客がほとんどいないからじっくり観戦できる。神宮球場の六大学リーグ戦は華やかだが、東都の2部リーグの試合なんて閑散とて静かなものだ。両チームのヤジや監督の怒声がそのまんま聞こえる。以降代表は、仕事の帰りとか団地の仕事の合間に練習風景を眺めるようになった。

 たぶん、部外者としてたくさんを眺めているのは代表が二番目だと思う。一番熱心な方は、日産の車に乗ってほとんど毎日グランドに来ている代表よりだいぶ年配のオジさんだ。OBなのかなと思っていたがどうもそうではなくて、近所の東洋大ファンの方らしい。夜間の練習観察となると代表ひとりだけのことが多い。

 代表は、東洋大のファンというよりは大学野球の1チームとして東洋大学野球部を観察しているわけだが、やっぱり長く見ていると、応援する気持ちが湧いてくる。だから今回のリーグ優勝は嬉しい。厳しい練習をして試合に臨んでいるにもかかわらず審判の誤ジャッジで流れが変わったりとか運が悪いことが多くて、気の毒になるくらい勝負運に見放されていたが、やっぱり努力は報われるということだろう。

 今の調子で行けば1部復帰は硬いだろうと予想する。そして、来年は、3年以下の選手も育っているし、今年甲子園で活躍した高校球児が入学して来るので、かなり強いチームになるんじゃないだろか。いよいよ東洋大の黄金時代到来かも?

 残念なのは、1部リーグの試合が神宮球場になってしまうことだ。試合開始15分前にサンダルをつっかけて出発といった楽しみ方ができなくなってしまうこと。

次女の誕生日祝い

 代表には3人の子どもがいるんだが、真ん中が次女で二十歳になったので、お祝いにうなぎを食べに行った。

15101801.jpg

 代表の家族は5人だが、それぞれ仕事やバイトをしているので、都合を合わせるのが難しい。この日は息子がバイトだった。夏休みに原付の免許を取った息子は、ピザ屋の配達のバイトを始めて、日曜日は注文が多くて忙しいと楽しそうだった。息子にはうな重をおみやげにした。

 代表が二十歳のとき、どんなだったかなーと思い出してみる。周囲10メートルくらいしか視界がなく、ようやく社会というものの存在に気が向き始めようとした頃だったか、何も考えていなかった気がする。代表に比べると次女はだいぶしっかりしている。うなぎを食べる次女の小さな手を見て、無性にまた手をつないで歩いてもらいたいと思ったが、「変態オヤジ!」と言われることが確実なので言わなかった。だれでもいいから、早く孫をつくってほしい。 

川内村日帰り旅

 車屋に任せるのが心配で自分で車検を受けないと気が済まない代表。まして年老いた親父が乗るということで、またもやユーザー車検となった。先週の金曜日の話だが。

15101702.jpg

 車は最近まで長女が乗っていたホンダの軽自動車ライフ。初年度登録が平成16年。走行距離10万キロメートル。中古車市場では二束三文だが、代表からすれば各部アタリが付いてスムーズに動き、故障もなくて当たりの個体という、一番オイシイ状態だ。まだまだ新車。あと30年。50万キロメートルはこのまま乗れる。

 完璧に整備したつもりだったんだが、やっぱり10年選手!という部分はあった。
[ 続きを読む » ]

またブログ休みます

 明日は親父のライフの車検を川越で取って、そのまま川内村へ走って届けて、Kトラに乗り換えてとんぼ返り。土曜は朝から団地の作業で、午後は東洋大学グランドで大学野球観戦(東洋大VS拓殖大)。日曜日は団地の総会で一日つぶれる予定。

 ふうっ。忙しいにゃー。

15101501.jpg

 何がよくてこんな無理なスケジュールを組むんだろう。わかんにゃいが、動けるうちに動こうという思いはある。

 そんなことで、明日はブログを休みます。

旅の始まりは渋滞

 代表は時間を無駄にするのが嫌なので渋滞が大嫌いだ。なので、いつも川内村へ行くときには早朝とか深夜にしているのだが・・・。 土曜日のK2 BIKE TRAVELの川内村ツーリングの時も朝5時に出発した。が、常磐道の守谷付近で発生した交通事故のために柏と谷和原間が通行止めになり柏インターで降ろされてしまった。当然柏市内も大渋滞。

15101301.jpg

 経過を話し出すと長くなるのでやめるが、結局、川内村に到着したのは夕方になってしまい、遅着新記録を作ってしまった。参った参った。
[ 続きを読む » ]

土日はブログを休みます。

 もらった。職場の親睦会から、定年の記念品。

15100901.jpg

 「置く場所がないからいらないよ」って言ったんだが、好きな文字が彫れるというので、こんな感じに彫ってもらった。
[ 続きを読む » ]

Takeさん逝く

 今日、久しぶりに出社した。職場にまだ席があったので安心したが、うれしくない変化点がいくつかあった。

 その内のひとつ。ちょうど代表が義父の遺品片付けをやっていた頃、Takeさんが亡くなっていたと知った。Takeさんと言えばバイク業界では有名だからご存知の方も多いと思うけど、代表にとっては3つ年上の、同じ福島の浜通り出身の職場の先輩で、かつて川内村で行われていたバイクエンデューロの仕掛人だった人だ。病気だったらしい。まさかあのおっかないタフなTakeさんが・・・と、みんな信じられないという面持ちだった。

15100701.jpg

 代表は、バイクエンデューロの運営方針を巡って喧嘩別れしたままだった。亡くなったからといって許そうとか仲直りしようなんて思わない。Takeさんだって同じ気持ちだろう。お互い意地っ張りだから。代表は、二人で夢を追っていたときのTakeさんには「ありがとう」を、自分に甘いときのTakeさんには「ばかやろう」と言っておきたい。 安らかに眠ってください。

今度は顔色が・・・

 定年から再雇用の間の休みに忌引きの休みがくっついて、ずいぶん長く休んでしまった。川越ではこの間に八百屋には柿やりんごが並び始め、稲刈りが終わり、近所の銀杏が落ち始めた。季節はすっかり秋になった。

15100601.jpg

 休み中に激痩せしてしまった代表だったが、顔色まで悪くなってきた。青黒く、死相まで出ている。毎日が慌ただしく、夜、酒を飲むとガクッと来るような状態だったため、肝臓が悪くなったのかなと思いつつ、石鹸で顔を洗ったらまたピンク色に戻った。垢だったみたいだ。そういえば風呂にも真面目に入っていなかった。

 スポーツクラブにも行かなかった。忙しいということもあったが、胸にヘルペスみたいな腫れ物ができたからだ。代表は毛深い方ではないんだが、まばらに生えている胸毛の中の一本の根元が赤くなったなーと思っていたら、どんどん膿んでしまった。代表も人の子だった。いろいろあったので抵抗力が落ちてたんだと思います。服で擦れると痛いし、他の人に移してもいけないので行けなかったのだった。明日あたりから行けそうだが、明日は休館日だった。

 こんなに休んだのに、やりたかったことが全然出来ていない。どうしよう。しばらく会社にも顔を出していないが、もう席が無いかもしれない。心配だ。

代表の10月の予定

運転免許証を更新したが、5年前(下)と何も変わっていなかった。

15100401.jpg

 代表の10月の予定です。

10月3日(土) 義父の遺品整理 (川越市)
10月4日(日) 運転免許更新 (鴻巣市)
          団地の会議 (川越市)

10月10日(土) K2川内村ツーリング (川内村) 
10月11日(日)  ↑

10月17日(土) 大学野球観戦予定 (川越市)
10月18日(日) 団地の仕事 (川越市)

10月23日(金) 同級生のミーティング (上野)
10月24日(土) レポート作成予定 (川越市)
10月25日(日)  ↑

霊安所

 使われなくなった家電製品の霊安所とでも言ったらいいのか。廃棄される直前の家電製品は、こういった場所に集められる。リサイクルセンターだ。

15100301.jpg

 もちろん廃棄は無料ではない。郵便局でリサイクル券というのを購入して付けないといけない。海外の電気製品のリサイクル券だと新品を買うくらいの値段になっている。しかも、郵便局でリサイクル料の振り込み手数料一製品当たり130円というのも取られる。人間の死を商売にしているお寺と同じようなシステムで、実に巧妙に考えられている。あらゆることが役人の利権にされてしまっているわけだね。家電製品の不法投棄が無くならない理由がわかる。いらなくなった電気製品なんて、どう利用しようが処分しようが勝手だろう、そんなことまで利権にするなよという心理の現れだろう。しかも、ずるい人間にはいくらでも抜け道が用意されている。まったく情けない国になったもんだ。

 代表担当の遺品片付けはこれにて終了。いろいろ勉強した。

激痩せ代表

 この一週間ずっと家内の親父さん関係の後処理が続き、代表は激痩せ。体重は0.5キロ減っただけだが、スポーツクラブに行けないので、筋肉が落ちてみすぼらしくなった。毎日ヘトヘトに疲れ、晩酌をちょっとやると9時にはもう眠くなってしまう。

 今日は大物家電の片付けだった。平日だもんで手伝いがなくひとりでやったからきつかった。

15100201.jpg

 人間ひとり生まれるのも生きるのも死ぬのも送るのもたいへんだが、これしきの家電製品を処分するにもバカみたいに手間と金がかかる。おいそれと死ぬこともできない。嫌な国になっちまったもんだなーと思った。代表は、家族親戚に迷惑がかからないように、自分の持ち物は自分で始末して、金は使い切ってから死ぬことに決めた。