2014年11月の記事 (1/1)

スタバミーティング

 バイク仲間のハタノさんとスタバでミーティング。

14113001.jpg

 ハタノさん家は八王子方面だから、順調だったら圏央道一本で鶴ヶ島まで30分くらいだが、1時間半かかった。なんでかというと・・・
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

書きかけ・・・書きました「スマートDio-Z4復活」

 スクーター、ホンダスマートDio-Z4(以降Z4と呼ぶ)を動くようにした。

14112901.jpg

 代表が大きいのかZ4が小さいのか。小さいんだね、スクーターって。

 このスクーターは、2005年に親父のために所沢のバイク屋から中古で買った。それまで親父は代表のおさがりのイエローの初代タクト(1980年発売)を愛用していた。それがついにエンジンがかからなくなって、川内村の松崎輪業でみてもらったら電気系統がダメということだった。すでにプラスチックのボディもボロボロ。あっちこっちサビサビで、順ぐりに修理が必要な状態だったので、廃車にするようにと親父に言った。

 しかし、昔の人はなかなか物を捨てない。「修理すればまだ乗れっぺ!」と頑張った。それで、松崎輪業で修理してもらったらしいが、修理したけど直らないということが二、三回続いてからようやくあきらめてくれた。

 初代タクトは単純構造の2サイクルエンジンだから、全部分解して問題のある部品を直すなり交換するなりすれば直せたはずだが、代表は手を出さなかった。Z4に乗ってほしかったからだ。
[ 続きを読む » ]

またまた米のとぎ汁乳酸菌液

 米のとぎ汁乳酸菌液。もう何本作ったんだろうか。数えていないが、だいたい2週間に1本くらい作っている。いつも1本なんだけど今回は2本。

14112801.jpg

 水以外はまったく同じ条件(玄米1合+天然塩10g+天然砂糖30g)。左が川越の水道水を2日間屋外に放置してカルキを抜いたもの。右は川内村の代表ん家の水道水(地下水)そのまま。なのに反応は全然違う。川内村の水を使った方が反応が活発で、反応している日数も長い。色は砂糖の色なんだが、ちょっと右が濃い。なんか違うぞとは思っていたけど、厳密に比較してはっきりした。やっぱり川内村の水の方が乳酸菌にも良いってことだろう。

 2本作ったのは、病み上がりの同級生のマドンナに、レシピと一緒に1本送ろうと思って。故郷の水で作った元気な米のとぎ汁乳酸菌液。きっと効くと思う。

ナツハゼ酒でインフルエンザ予防

 川内村ではナツハゼを山男[ ヤマオトコ ]と呼ぶ。ツツジ科で国産野生種ブルーベリーとも呼ばれ、日本だけでなく中国や朝鮮半島南部にも分布しているらしい。日本においては、北海道から九州まで広く分布し、山地の林縁(日当たりの良い場所)を好んで生育。花崗岩の土地を特に好む、とある。だから、川内村なんかは最適地というわけだ。代表ん家の庭にも親父の気まぐれで植えられたのが1本ある。

14112703.jpg

 代表も子どもの頃によく食べた、黒くて丸いのがナツハゼの実だが、この小さな実がインフルエンザ予防に絶大な効果があるらしい。

 実にはアントシアニンがブルーベリーの約3倍、ポリフェノールが2~5倍も含まれている。ポリフェノールにはインフルエンザウイルスを吸着してやっつける能力があることが知られているが、とりわけナツハゼの活性は高く、福島県立医科大学のデータによれば、濃度10%の果汁でほぼ100%吸着するということだ。しかも、加熱してもその効果は失われない。さらに、どの種でも吸着するというからインフルエンザの万能予防薬と断言できるだろう。ナツハゼのジャムでも食べていればインフルエンザに罹らない、ということだね。痛い思いをして効くかどうかわからない予防注射を打つのとどっちがいいかな?

 それだけでも充分なのに、酒を楽しみながらインフルエンザの予防ができてしまうというのがこれ。
[ 続きを読む » ]

川越サンロードに行く

 夕方のNHK首都圏ニュースで今日も米ちゃんの活動の放送がなかった。皆さん申し訳ないです。まあ、NHKはそういう放送局です。米ちゃんが悪いんじゃない。代表はこれまでに「話を聞きたいのでNHKに来てくれ。」とか「取材に行くから川内村で待ってて。」なんて話で、直接的に3回、間接的に2回すっぽかされている。すっぽかされ率100パーセントです。すっぽかしますよの連絡もお詫びの言葉もない。

 ところで、川越でいちばん賑やかな場所は、川越サンロードという名前の、JRと東武の川越駅と西武の本川越駅をつなぐ通りだ。本川越から先は有名な観光名所蔵の町に続き、そこまでの商店街含めて川越クレアモールと呼ばれている。川越サンロードがだいたい5百メートルの長さで、全長は1キロメートル超。土日ともなれば観光客であふれるけど、平日の夕方あたりだとこんな感じです。

14112601.jpg

 代表は年に一回だけ川越サンロードを歩く。キムラヤという文房具屋に日記帳を買いに行くために。代表が使っている日記帳はこのあたりだとキムラヤにしか置いていない。他にも置いてあるのかもしれないが見つからなかった。池袋の東急ハンズにもある。だから、この時期に電車に乗る用事があったときに、どちらかで買うことにしている。

 これがキムラヤさん。
[ 続きを読む » ]

ミニミニ同級会

 風邪で寝込んでいたのに、金曜の夜に千葉市から車を走らせて来て、ひとの駅に野宿してボンネットバスの写真を撮ってアマチュアカメラマン魂を見せた同級生はそのまま帰った。代表のところに一泊して一杯やろうと話していたんだが、さすがにその気力体力は残っていなかったようだ。帰ってからまた寝込んでしまったと連絡があった。

 飲む気満々だった代表は同級生のシンイチ君と、たまたま川内村に帰っていたマドンナを誘って三人で飲んだ。

14112501.jpg

 いいなー同級生は。気持ちが安らぐ。

 それから・・・
[ 続きを読む » ]

さよならボンネットバス

 先々週末郡山に行ったときは、白河あたりの紅葉がきれいで、郡山はすでに落葉して冬景色に近かった。先週末に川内村に行ったときには、いわきから富岡あたりまで紅葉が最盛期。やっぱり浜は暖かい。

14112400.jpg

  常磐道の富岡インターを降りて川内村方面に向かったダム湖ではほとんど落葉していて、所々残ったモミジの赤がひときわ鮮やかだった。やっぱり川内村方面は寒い。暖かいいわきでもプロ野球の日本シリーズの時期からは寒い日が多くなったもんだ。紅葉があるのは12月の最初の週までだ。2週目からは冬。代表は10代後半から川内村と行ったり来たりして見て来たのでよくわかる。

 出発前に車のトラブルがあったり磐城森林管理署に申請していた書類が届いたのがギリギリになったり、鶴田さんからパソコンの具合が悪いとSOSがあったとかで諸々準備があっていつもよりちょっとあわただしかった。また、ボンネットバスの写真を撮りにくる予定だった千葉市に住む同級生から、引いた風邪をこじらせて寝ている、という連絡も入って波乱含みであった。
[ 続きを読む » ]

別れは出会いの始まり

 川内村からもどりました。

 ひとの駅のボンネットバスは、郡山市の五百目自動車代表横田久雄さんとレストア仲間の皆さんの手で、大事に引き取られていきました。代表は安堵感で一杯です。

14112301.jpg

 この日がお別れではなく新しい出会い。終わりではではなく始まり。そんな気がしました。情熱的な方たちの熱い想いが込められたボンネットバス再生へのチャレンジ。容易ではないですが、必ず復活して川内村に凱旋してくれると信じます。

川内村へ行きます

 明朝から川内村に行くため、日曜日までブログを休みます。

 何度か書いたとおり、土曜日の11時から、ひとの駅のボンネットバスを運び出します。郡山市の五百目自動車工業で再生にトライしてもらえることになりましたが、書類的なことと車両の傷みが相当進んでいることからかなり時間がかかるでしょう。5年とか10年とか。10年後だと代表は(生きていられれば)70歳ですが、ボンネットバスがもう一度阿武隈の景色の中を走る日を待つ楽しみができました。皆さんにも折々に状況報告していきたいと思います。

14112101.jpg

 これが終わったら今年予定していたひとの駅関係の活動はひとまず終わり。次は代表の冬支度をやらないといけない。今年もそんな時期になってしまったんだねぇ。

ザ・ラヂオカセッツのライブを聴きに郡山に行く(後編)

 さあ、今晩完結するのか?(笑)。

 郡山駅前の風景を見て「懐かしい」と言った長女。「ここも覚えている。ここも。」と指をさして話すのだった。

 長女が物心ついてから何回くらい郡山に来たんだったか。そんなには多くない。高校に入ってからは激しい反抗期だったからあまりついて来なくなったし。平均して一年に二回くらいのもんだろう。川内村に来たときに一日だけ郡山に来て、買い物をしたり、食事したり、ROUND1で遊んだりしたものだった。妹や弟の家族が一緒だったこともあるし、我が家単独のこともあった。

 「そんなに来たっけー?」と代表が言ったら、「そんなには来てないんだけど、いつも楽しくて、そういうことと一緒によく覚えているよ。」ということだった。そして、「郡山を思い出にできててよかった。」といった。長女にとっては、川内村とセットで、自分の田舎の一部として郡山があるようなのだった。それから、二人の話は小さかった頃の思い出に及び、どんぐり拾いをしたことだとか、アケビやサクランボを食べたこととかをとめどなく話した。

 ライブ会場のまねきの湯は、よく家族で遊んだROUND1と同じ敷地の端っこにあった。いやー、こんな場所にこんな施設があったとは驚いた。これまで気づかなかった。知っている人は知っていると思うけど、そこは広くて、埼玉と変わらないような安売り雑貨店や牛丼屋とか回転寿司などの店舗が集まっているところだ。そういうのに気を取られてここまで目が届かなかった。

 代表と長女はうどんで昼飯をすませて、ライブ開始時間の15時30分にはだいぶ間があったが、温泉でも入って待とうよということになって早々にまねきの湯に入った。

(写真はライブが終わって出るときに撮影したものです。代表のおでこが満月。)
14112001.jpg

 まねきの湯の入館料は500円。かわうちの湯の回数券と同じ。しかし、設備の内容ははるかに充実していて、温泉が7つの浴槽(8つだったかな?)とかわうちの湯の3倍ほどのサウナ。タオルは無料で貸してくれる。もちろん売店や休憩室やゲーム機、飲食内容もあり、料金もリーズナブル。オールナイトの営業で、しかも、ライブがあるときも入館料だけというサービスぶり。なのになぜか空いている。みんな知らないんだろうね。穴場だ。今度家族で郡山に遊びに来ることがあったら他の家族も連れて来ようと思った。
[ 続きを読む » ]

ザ・ラヂオカセッツのライブを聴きに郡山に行く(後編)は明日

 ひとの駅のボンネットバスの運び出しがいよいよ今週土曜日に迫った。

14111901.jpg

 その準備をしないといけないので、ザ・ラヂオカセッツのライブを聴きに郡山に行く(後編)は明日ということで・・・。申し訳ない。

ザ・ラヂオカセッツのライブを聴きに郡山に行く(中編)

 えー、今晩は時間がないので、中編として、川内村出身のデュオはっさくの『ふるさと』を紹介します。曲の方はそのうち息子がユーチューブにアップしてくれるそうです。ザ・ラヂオカセッツもいいがはっさくも味がある。ふるさと。いい歌です。

14111801.jpg
[ 続きを読む » ]

ザ・ラヂオカセッツのライブを聴きに郡山に行く(前篇)

 考えさせられることが多い旅だった。旅っていったって軽トラで長女と二人、郡山を日帰りしただけだが、今の閉塞気味の代表の心境に、新たな展望を見出すためにセットされたように感じた時間でもあった。痛めた左膝はも悪化しなくてすんだし。

 唐突だが、正直な話我が家では父親の存在が軽んじられている。家族にとって代表が尊敬できない人間ということもあるが、一番の原因は家内が代表を尊敬していないからだ。それが子どもにもうつる。しかし、代表さえ我慢すれば平和が保たれることなので、それでもまあいいかなと思って耐えている。

 なのに、どういうわけか、家内にしても3人の子どもたちにしても、代表と二人きりのときは、別人みたいに素直になるのである。ふだん聞かないことを聞いてきたり、話さないことを話したりする。だから、代表と二人になりたがるときは大事な話があるときのサインなのだ。

 長女が、郡山のまねきの湯で行われる好きなグループのライブに連れて行ってほしいと頼んできたときも、代表はそういうサインだと受け取った。その日はひとの駅のボンネットバスを運び出す予定が入っていたので一度断ったんだが、先方の都合で1週間遅れたのでつきあえることになったのだった。

 朝7時川越を出発。冬を思わせるような、窓ガラスが凍るくらい寒い朝だった。

14111701.jpg
[ 続きを読む » ]

団地の防災訓練

 今日は団地の防災訓練。自治会主体なんだが、代表も理事なので参加。

14111601.jpg

 団地仕事が毎週のようにある。

14111602.jpg

 代表みたいに現役で仕事をしている人は全てに関わるのはつくづく無理だなぁと思う。それと、なんていうか、生きてきた世界がちがうというか、基本的に同じ方向性を持った人間が集まっているエキセントリックな組織にいる代表が、まったくばらばらな価値観の人たちのコミュニテューの中で利害を調整するっていうのもむずかしい。はやく役を解かれたい。←こればっかりだ(笑)

怪我が治らない

 10月頭にゴルフで痛めた左膝が治らない。

14111401.jpg

 もうひと月以上になるのに。痛めた後に川内村に行ったのがいけなかった。車の運転(膝が曲がったまま+クラッチペダルを踏む)が良くないみたい。長時間運転したあとで必ず悪化する。

 重くてつかみどころが無いコンクリートの角マスを持ち上げたのもひびいた。あれがなかったらこんなに長引かなかったかもしれない。

 ストレッチングのつもりで、曲がらない膝を無理矢理に曲げようとしたのも失敗だった。せっかく痛みが薄らいでいたのに何回も再発させてしまった。スポーツクラブでのスイミングをやめなかったのも間違いかも。水を蹴ったときに、勢い余って膝が逆くの字形になり、なんだかんだあれが一番痛かった。

 体のどこかが痛いとき、解釈がふたつある。
①体が動かしちゃいけないと訴えているんだから、じっとしていなくてはいけない。
②体の再生力を引き出すため、痛くても動かしたほうがよい。

 たとえば、風邪をひいたときにも、ふたつの治療のパターンがある。
①温かくして寝て、体を冷やさないようにする。
②水風呂に入って、体を温めようとする力を引き出す。

 代表は②のタイプだ。理由は、男らしいから。代表の膝にはどっちが良かったのかわからないが、明日は運転手で郡山往復しないといけないので、悪化させないように気をつけたい。

謎の鳥カラス

 用事がない休日の早朝。資料や本をカバンに詰めてコーヒーを飲みに出かけることが多いんだが、いくつかある河岸のひとつで、よくカラスの大群が通過するのを見かける。その数およそ200羽ほど。単独で飛ぶのもいるが、大きい群れだと50羽くらいのかたまりになって飛んでいく。鳴き声も出さずに、カラスにしては高い空を間に西の方角から飛んできて東の方へ消えていく。その間5分くらいかな。冬季は集団で行動することがあるらしいが、どこに行くんだろうか?気になってしまい、追跡してみた。
[ 続きを読む » ]

YouTubeは卒業

 YouTubeの、1100万件も再生されたアメリカの人気バンド(だれだろ?)のミュージックビデオの偽広告をクリックした人が、日本だけでも4千件くらいウィルス感染したらしい。動画再生中にバンドのDVD販売のバナー広告が現れて、クリックするとウイルスが送り込まれる仕組みだったというから、被害数はもっと多いだろうね。

 代表も川越パソコンが使えるようになったので、先週末に一年ぶりにYouTubeの音楽を聴いてみようと思って、パソコンのお気に入りに貼り付けてある曲をクリックした。ウイルスをつかんだわけではないんだが、100曲ほどの内半分くらい削除されてしまっていた。違法だったから当然だが、たぶん残りも違法なのでいずれ消されることになるだろうと思う。

 宣伝が目障りなのがたまにキズだが、YouTubeのサービスは革新的だ。手軽に、しかも無料で音楽映像を見ることができる。だが、そこで配信されている映像は、もともと流してはいけないもの、見てはいけないものがほとんどだ。みんなそのことをわかって遊んでいるのである。そこにつけこまれてもしょうがない話だ。

 代表は、そういうところに足を踏み入れるのが馬鹿馬鹿しくなって、YouTubeで懐メロを楽しむのもこれまでにしようと決心して、お気に入りから全部消去したところだった。YouTubeは卒業。充分に楽しませてもらった。

 今週末の土曜日は、長女が行きたがっていたライブに連れて行ってやることになっている。長女がファンの『ザ・ラヂオカセッツ』というグループのライブが、郡山市のまねきの湯という温泉であるらしく、ザ・ラヂオカセッツもまねきの湯もメジャーじゃないから、貸切状態でライブを楽しめるだろうと長女は考えているみたいなんだね。

14111101.jpg

 YouTubeよりはぜったいいいだろうし。しかも入館料の500円だけで聴けるんだと喜んでいる。代表が負担する往復の交通費のことはぜんぜん考えていない。

週末は家具職人

 職人というほどのことはやっていないが、週末は、空いた時間を使って家具の修理なんぞを。

14110901.jpg

 このテーブルは、ネジとダボとで接合されているので使っているうちに必ずガタが出る。こんな感じで。

14110902.jpg

 本当に高級な家具は別だろうけど、結構価格の張る高級そうな部類の家具というのは、見えないところはベニヤ板なんかを使っているし、存外適当に作られているものなのである。椅子の座面が取れたり、箪笥のひき出しの取っ手が緩んだりするのは当り前。だからメンテナンスが欠かせない。カンペキに修理したよ。

 それから、選択したり掃除したり、遅れた柱時計の針を進めたり、体重計の電池を交換したり。やることは無くならない。

本日飲み会

 気の合う仲間に連絡して飲み会。5人集まった。みんなハンサムとか美人とかじゃないけど、味のあるいい顔をしている。

14110701.jpg

 代表はこの飲み会を最優先にして一週間断酒して挑んだから体調万全だったが、心地よく酔った。酒じゃなく、パッションに。それからみんなは上板橋のマンスールさんの居酒屋『花門』に行って二次会だと言っていたけど、無事に着いたかな?

川内村の家は虫御殿

 ドキュメンタリー映像で、アフリカの草原をヌーが大移動するのを見たことがあるが、まさにあれ。カメムシやてんとう虫が代表の家に大移動する場面に立ち会った。ヌーの代わりに虫。数えきれないカメムシやてんとう虫が代表の家をめがけて押し寄せてきたんだよ。

14110601.jpg
[ 続きを読む » ]

川越パソコンが復活

 とっても個人的な話題だが、代表のパソコンがWindows8.1の川内村パソコンからWindows8の川越パソコンにもどった。

14110401.jpg

 Windows8.1の更新情報を受け取らないようにするやり方がネット上に書き込みがあったのでやってみたら、「WINDOWS8.1(無料)に更新できます」の帯が出てこなくなった。プログラムから更新プログラム(KB2885699)をアンインストールして非表示にするだけ。同じ問題で悩んでいる人はやってみてください。

 もっとも、久しぶりに川越パソコンのスイッチを入れたとき「WINDOWS8.1(無料)に更新できます」の帯から「後で更新する」も選べるようにもどっていたから、もうその必要もないかも。よっぽど苦情が多かったんだろうねぇ。そんなことなら最初からやらなければよかったのにと思う。

川内村の燃えないゴミ

 川内村の家にはもう使うことがないのに捨てられずにとってあるものがたくさんある。いいかげんに処分しないといけない。手近なところから少しずつ片づけることにした。

 まず、ゴルフコンペの優勝トロフィー。プレートには「平成元年12月の鳳凰GC HRC杯優勝」と刻まれている。ゴルフを始めた年の年末にコンペだ。デビュー戦でハンディを36もらっていきなり90台のスコアで優勝したときのもの。

14110301.jpg

 そのあとハンディをガクンと減らされて長い長い低迷時代が続いた。今も続いているが。ゴルフを始めたのが平成元年というのがわかった。ということは今年で25年か。ただ2004年に訳があって一度ゴルフを止めたから、実質的なキャリアは15年くらいだが、もう優勝なんてできないだろうと思うと、捨てるにしのびない。
[ 続きを読む » ]

ひとの駅かわうちのボンネットバス

 同級生がひとの駅のボンネットバスの写真を撮りに行って、そのうちの何枚かをメールで送ってくれたので紹介します。説明は無い方がいいと思います。

14110201.jpg

14110202.jpg

14110203.jpg

 このバスがほんとうにもう一度走れるのか?今は誰にもわかりません。

バイクの冬支度など

 左膝が治らない。先月の初めにゴルフに行ったときに捻って痛めた。治りかけたときにまた川内村で再発させてしまった。長時間膝を曲げたままにする車の運転も良くなかった。先週川内村に行ったあたりが最悪だった。それからス一週間は湿布薬を貼って無理をしないようにしていたんだが、まだ痛い。もう一週間くらいおとなしくしていようと思う。

 代表のオートバイホンダSL230は、バッテリーが5アンペアと小さい。ちょっと乗らないでおくと上がってしまう。だいたい1ヶ月で弱くなり、3ヶ月でほとんど残量が無くなり、半年で上がる。バッテリーは一度上がったら使えなくなる。毎年必ず、乗らない冬場は外して充電しておく。

14110103.jpg

 ついでにエアクリーナーも見てみた。
[ 続きを読む » ]