2013年12月の記事 (1/1)

川内村へ行きます

 今日から川内村へ行ってきます。

 パソコンが使えないため、ブログは数日休みます。

 本年はお世話になりました。

 来年もよろしくお願いします。

             代表より
スポンサーサイト

代表の新しい軽トラ その2

 もう3日間毎日軽トラをいじっている。洗車したり磨いたり、2台の部品をスワップしたり。そんなことをやりながら細かいところをチェックしていたら、タイプと装備が予定外だった。

13123001.jpg

 タイプはSDX(スーパーデラックス)の4駆だと思っていたのがATTACK(アタック)だった。アタックというのは、4駆は4駆なんだがローギヤよりもさらに低いウルトラローギヤが選べて、しかもデフロックになる。SDXに比べて3万円ほど高い。
[ 続きを読む » ]

花門にぎわう

マンスールさんの紹介ブログ『花門にカモン!』に、ついに花門に入店待ちの行列ができた、とあったので、代表も確かめに行ってみた。

13122901.jpg

 なーんだ。やっぱり並んでいる人なんていないじゃん。今日は日曜日だからお客さんは少ないはずだ。やったぜ代表の貸切だ!ってな勢いで戸を開けたら・・・
[ 続きを読む » ]

代表の新しい軽トラ その1

 花門へ行く日を一日間違えました。明日(日曜日)でした。

 代表の新しい軽トラは、紆余曲折があって二転三転した結果古い型の軽トラ(中古車)になった。左側が今までの軽トラで右側が新しい軽トラだ。両方ともホンダのアクティトラックの3代目。

13122801.jpg

 3代目は平成11年5月から21年12月まで生産されたモデル。代表の1台目になったのは、12年11月生産の中古車を19年11月に走行5000kmの状態で購入したのだった。ちょうど6年間乗って10万km走った。今度のはこのタイプのモデルの生産がちょうど終わった21年12月登録のもの。ほんとうに最後の最後に生産された1台というわけ。

 この2台、グレード上はSDXの4駆で、エアコンがあるかないかの差だけなんだが、比べるとけっこうちがう。乗り味もちがう。10年分の進歩がある。そこは追々書くことにしよう。

 この軽トラに決まるまでがたいへんだった。
[ 続きを読む » ]

代表の冬休み

 代表は明日から1月5日まで休みです。

13122701.jpg

 いろいろ予定があって充実した休みになりそう(笑)。明日は花門へ行って行列に並びたい。

車の鼻毛

 車に乗っていてもこんな部品があることを知っている人は少ないんじゃないかと思う。これは『エアクリーナーエレメント』といって、エンジンに入る空気の中のホコリを補足する部品だ。人間の器官でいったら鼻毛だね。

13122601.jpg

 この前、高速道路を走っているときにエンジンがふけなくなったので、これが怪しいと思ってはずしてみたんだが、いやー、汚れてるねー。異常なレベルだ。汚れてるってことは空気が通りにくくなっているってことだからエンジンもふけなくなる。まだ1年しか使っていないのに、ちょっと汚れすぎだね。代表の走り方が悪いのか、それとも空気の取り入れ口が悪いのか。

 たいていの普通乗用車の場合は空気の取り入れ口がボンネットの中にあるんだが、アクティトラックの場合は荷台の左下にある。こんなとこ。
[ 続きを読む » ]

こんなに痩せちゃって・・・

 ずいぶん痩せちゃった。といっても人間の話じゃなくて電話帳だ。相双地域の電話帳。厚さが震災前の10分の1もなない。

13122501.jpg

 親父が「電話帳が来たがら持ってげ」というので、「まさか」と思った。まだ電話帳を作れるほど人がもどっていないだろうって。案の定この薄さだ。川内村なんて1ページ分しかない。

 それでも、無駄とわかっていても、こういうところからなんだろうね。復活っていうのは。こういう小さなことが効いてくる。ちょっとずつちょっとずつ。

メリークリスマス

 我が家は仏教だが、一年に一度クリスマスの夜だけ、ケーキが食べたいがためにクリスチャンみたいになる。今夜は、ひとり暮らしの長女も来て家族全員でクリスマスパーティーをした。

13122401.jpg

 代表の子どものときはとても貧しかったが、ものごころついたときクリスマスにはケーキがあった。お袋がそういうことが好きだったからだ。川内村に一軒あったパン屋みよしやのショーケースに、みよしや製のクリスマスケーキが並んだのだったが、その中でいちばん小さい、カステラみたいな長四角い形のバタークリームケーキが、毎年の代表ん家のクリスマスケーキだった。家族分切り分けると代表の手の平におさまるくらいに小さくなったが、幸福が凝縮されたごちそうだった。

 あれから半世紀経って、代表の子どもたちはこのケーキをどんな気持ちで味わい、代表の年になったときにどんなことを想うんだろうか。願わくばそのときが平和のうちに迎えられますように。アーメン。

軽トラの裏ワザ

 軽トラのアオリのバックルにこんなふうにゴムチューブを巻くとグッと質感が上がるよ。

13122201.jpg

 このバックル。エンジンの振動に共振したり道路のデコボコのショックを拾ったりしてけっこうビビり音が出ているんだね。代表の軽トラは古いからよけいだ。そこへゴムを巻くとダンパーになってビビり音を滑らかにしてくれる。音が耳障りじゃなくなって2ランクくらい高級感がでる。嘘だと思うならやってみてくんちゃい。

軽トラの点火プラグ交換

埼玉県川越でも今朝は寒かった。代表のアクティトラックの荷台もこんなに凍った。

13122101.jpg

 このアクティとお別れするときが近づいている。 あちこちいじっているところをノーマルに戻しておかないといけない。完調と言い難い部分は直しておかないといけない。

 この間川内村からの帰り道にエンジンの回転が上がらなくなった。エアクリーナーが汚れて目詰まりしたのが直接の原因だったんだが、バイク仲間で整備士のハタノさんから「点火プラグをチェックのこと!」というアドバイスが届いた。エンジンはガソリンが燃焼してナンボ。点火プラグはガソリンに火を点けるマッチの役割をする重要な部分だ。マッチの火が弱くてはうまく燃焼させられない。本日はこの点火プラグをチェックして、ダメだったら新しくすることにした。

 アクティのエンジンはこんなところにある。
[ 続きを読む » ]

ひとの駅諸々

 関係の方々との連絡と建物の維持はくつづいていて、先週末川内村へ帰った一番の目的も、役場の復興対策課長と打ち合わせして来年どうするか決めたかったが、いろいろあったので情報を交わすだけになった。

 打ち合わせ予定時間に代表は役場で待機していた。しかし、午前中にコミュニティセンターで行われていた除染特別地区域(主に8区)の説明会が長引いて、そのあと課長が現場へ行くことになった。ようやく終わったときにはハチロー君の訃報が入って、二人ともハチロー君の家に向かった。

13122001.jpg

 ちょっとだけ立ち話ができ、現実的には再開不可能ということでお互い一致した。ひとの駅のスタッフのほとんどが避難中。役場は復興事業で手一杯。もどっている村の人たちだってまだまだ村外の方たちを受け入れる余裕はない。

ただ、諸々少しづつ進んでいて、近々常磐高速の富岡インターが再開通するという話は大きなプラス材料だった。12月中らしい。年末の帰省のときには通れるようになっていると思う。

 それから、工事中だったかわうちの湯だが、これも3月上旬には再開するらしい。これらで村の雰囲気がまちがいなくいい方向へ変わると思う。

 しかし、国の担当になっている8区の除染は大幅に遅れたようだ。完全帰還が可能になるのは来年6月以降になるという。さらに遅れる可能性もあるらしい。そうなると、幹夫さんやトオルさんは動けない。

 やひとの駅の給水ポンプがまた壊れて水道が出なくなってしまっているし、校舎の傷みは激しく瓦なんて風が吹いただけでボロボロと崩れる。隆之さんも薗田巌さんもハチロー君も空の上に行ってしまった。

 そういったことを考え合わせると、来年も施設の補修が活動のメインになりそうだ。再開への道のりは遠い気がした。

Xのち(^◇^)

 先週末は川内村で給湯器の小屋を作った。美しいのを作りたかったんだが、結局去年のダンボールの囲いがベニヤ板になっただけで、ガッチリした分かえってゴミ箱みたいになっちまったい。そのままではあまりにみすぼらしいので、ちょっといたずら書きをしてみました。

13121901.jpg

 笑えるくらいにはなったと思う。

明日よりブログを再開します。

 ハチロー君のことを書いておきたいと思ったが、やめにした。代表の文章力では書きつくせないし、書くことで隠れてしまうことがある。わざわざ記さないでもいいと思った。とにかく代表はハチロー君に任された梅林の手入れを続けよう。

 明日よりブログを再開します。
 

数日喪中とさせていただきます

 昨日、大切な友人ハチロー君を病気で亡くしてしまいました。
たいへん申し訳ありませんが、三日間喪中とさせていただきます。
19日より再開します。
                      代表より               

土よう日ブログ休みます

 週末に川内村へ行ってきます。パソコンが使えないためブログは休み、連絡は日曜日以降になります。

 3月まで強い北風にさらされる給湯器は例年ダンボールで囲っていた(下の写真)。

13121301.jpg

 しかしどうも美しくないので今年は小屋を作ることにした。どんなものになるか?設計図は頭の中です。では、行ってきます。よい週末を!

代表の軽トラ10万km

 この軽トラに乗ってかれこれ6年。5千kmしか走っていない中古車を買った。あと少しで10万kmになる。その間に大きなトラブルが2回あった。一回目はO2センサーの故障。二回目はACGが壊れた。どっちも長い間原因がわからなくて大変なおもいをしたが、こういう大きなトラブルというのはそうめったにあるもんではない。ふたつもきた代表の軽トラは「ハズレ」だった。しかし、そのおかげで得がたい経験ができた。そういう意味では「当たり」だった。この軽トラのおかげでずいぶん勉強させてもらった。

13121201.jpg

 代表は、そうやって軽トラと対話しながら付き合ってきた。なので軽トラの気持ちと体調がよーくわかる。このままメンテナンスしながら乗り続けたらかるく50万kmは行けるだろうと思う。まだ20年は乗れる。代表は今58歳だから80歳くらいまでは悠々だ。人生的にもそこまで軽トラに乗れたら充分だろう。そう計算していた。性能面でも不満はこれっぽっちもない。荷物をたくさん積んで高速道路を飛ばしてもふらつかない。それが代表の使い方にぴったりだった。よく走ってくれた。

 だが、いつ頃からかなんとなく終の軽トラはこれではないかな?という気持ちがもたげてきた。じつは代表の軽トラにはエアコンがない。なので、運転中、加齢とともに夏場の暑さが堪えるようになってきた。老年期はエアコンつきの軽トラで走りたい。そろそろ準備しようと思う。

ヤケドのあんばい・・・グロテスクです

 あれは12月1日の日曜日のこと。朝早く川内村を出て常磐道を飛ばしてきたが、どうもエンジンの吹け上がりが悪い。エアクリーナーが汚れていることはわかっていたので、いじろうと思って外しにかかったときに右腕がマフラーに接触して「ジュッ」と焼けてしまった。すぐに水で冷やしてしばらく様子を見ていると、黄色っぽい液がでてきて傷口を覆ったあとでかさぶたができた。

13121101.jpg

火曜日には治ったような感じがしたのでスポーツクラブへ行った。汗をかいてからプールに入ったら、かさぶたがふやけてはがれ傷口が見えて血も出てきた。やばい!と思って二日そのままにしていたら、また治った感じがしたのでスポーツクラブへ行った。同じことが起きた。それから、傷口を濡らしちゃいけないことがわかってスポーツクラブに行っていない。

今はこんな感じ。
[ 続きを読む » ]

青春

 会社からの帰り道。ズボンの左ポケットの携帯電話がプルプルとふるえた。高3の次女からのメールだった。この次女は、人心操縦術の達人。人生経験豊富な百戦錬磨の代表を手玉にとる。

          13121001.jpg      
                           【次女 5才のとき】

 『ね~ グレープフルーツ買ってきて~ 大量にね!』

 次女はグレープフツーツが大好物なのだった。よっしゃ!と思って右ポケットから財布をとりだしたら383円しか入ってない。社会人になってからは最低でも3千円は持ち歩くようにしていたんだが・・・。「383円しか持ってないよ。家によるからお金を下まで(代表の家はマンションの5階)持ってきてくれない?」と返信した。

 『小学生かよ!下にいるの?着いたらメールして』

 この豹変ぶりがたまらない。代表のヘソクリの封筒から1万円抜いてくるようにまた返信。

 『お~ 太っ腹!』

 この落差。1万円分グレープフツーツを仕入れるわけじゃないんだよ。

 代表は次女からお金を受け取って、ちょっとはなれた果物屋まで車を飛ばし、ルビーのグレープフルーツを5個買って帰った。彼女はネコのマークがついたヘアバンドで髪を上げて、どんぶりに大きなグレープフルーツ一個分の中味をとりだしてご飯みたいにかっこんだのだった。惚れ惚れする食欲。洋々と拓ける未来。次女、青春真っ只中。

感動はどこからくるか

 音楽を聴いて感動する。話を聞いたり文章を読んだりして感動する。あるいは、芸術作品をみて感動する。感極まって涙があふれ、ときには歓喜にふるえる。その感動するって、どういうことなんだろうか?

 代表は、自分の悲しさや喜びの体験が、音楽や芸術や文学によって呼び起こされて、体験を追体験することが感動だと思う。なので、体験が強烈なほど感動は深く、体験がなければ感動はできない。白紙状態の記憶には感動がないはずなのである。音楽や芸術や文学というのは記憶を呼び起こす(ときに記憶する)スイッチだ。

 そうだとしたら、恋愛経験もない(と思う)この生後10ヶ月の赤ちゃんの涙の正体は感動ではなかったのだろうか。

[ 続きを読む » ]

不完全燃焼

 朝早く目が覚め、いつものように近所のファミレスへ行き、コーヒーを飲みながらまとめものやメールや読書をする。

13120801.jpg

 9時までねばって、スタバへ寄って子どもたちに頼まれたキャラメルフラペチーノを買って帰る。

 それから、アクティトラックのエアクリーナーエレメントを新しいのに変えた。いかにも不完全燃焼状態でギアチェンジのときに息つきが出始めて燃費がガクンと落ちたからだが、それにしてもアクティはエアクリーナーエレメントが汚れるのが早い。前回交換してからまだ一年しかたっていない。

 それから、ずーーーーっと夜までパソコンと格闘する。川内村パソコンを使えるようにしたいんだが、もうハードもソフトもグシャグシャで収拾がつかない。

 スポーツクラブへでも行って汗を流したかったが、右腕の火傷の治りがいまいちで行けなかった。無理して行って傷口を濡してかさぶたをはがしてしまったからだ。

 そんなんで代表も不完全燃焼な日曜日だった。

ライフ

 長女の車。ホンダライフ。8月に千葉で安いのを見つけて買ってきたのだった。

13120701.jpg

 長女はライフを手に入れてから遠くまで買い物に行くようになり、友だちを乗せたりするようになり、ひんぱんに実家に遊びにくるようになった。と思ったら職場の近くから実家の近所に引っ越してきた。ライフとはよく名づけたものだ。ライフによって長女のライフスタイルも劇的に変化している。

 ここ川越でもひと冬に何回か雪が降ることがあるので、そのときに備えてスタッドレスタイヤに交換してやった。

焼肉

 肉でも食いながら仕事のアイディアでもだしあおうぜ、ということではりきって三人集まったのだったが、急にひとり(左側)が北北東1キロメートル先に転勤になったため、送別会になった。

13120601.jpg

 代表の会社は異動が多いんだよ。毎週のようにだれかが出たり入ったりしている。会社に来なくなるのもいる(笑)。もう慣れっこだからいちいち喜んだり悲しんだりはしない。笑って酒の肴にするだけだ。

 代表が指差しているのは代表の腕の焼肉。先週、車のマフラーに接触してジュッと焼けちゃったんだよね。肉が焼けるいい匂いがした。

すみません

 古いパソコンのWindows8へのバージョンアップを得意になって勧めた代表でしたが、止めたほうがいいです。代表は結果的に失敗いたしました。
申し訳なかったです。m(_~_)m

 川内村パソコンのトラブル原因は、インストールしたはずのインターネット接続口ドライバが消えたためでした。NTTフレッツのルーターをとおしてASAHIネットを利用する川内村の環境ではなぜかそうなりました。他にも機能しなくなったところがあるのでそこが関係しているのかもしれませんが、代表レベルでは真の原因はわかりません。チンプンカンプンです。

 もう手遅れですが、いろいろ調べてみると、2011年以前のパソコンはWindows8に対応できないらしいことがわかりました。充電できなくなるなんて例もあるらしいです。代表の川内村パソコンは2009年製だからもちろんダメです。埼玉のパソコンはもっと製造年が古い。

 Windows7だとこういうトラブルは少ないという情報もありますが、日々様々なトラブルが持ち込まれるK‘sデンキ修理窓口のエンジニア氏の話によりますと、そんなことはないらしいです。OS変更による同様のトラブルはすごく多いということで、基本的にOSを変更する場合新しいOSに対応したモデルでないとリスクはゼロではないと話していました。もう店頭で販売されている新品はそうなっていますけどね。振り返って考えれば、それがマイクロソフトとパソコンメーカーの戦略だったのか、という気がしないでもないです。

 代表は、K‘sデンキでドライバを再インストールしてもらってとりあえず埼玉の環境でインターネットが使えるように復活しました(写真右側)。

13120401.jpg

 さて、これからどうしようかな?いつ何が起こるか予想できません。いつもどきどきです。川内村でパソコンが使えないというのも不便です。K‘sデンキのエンジニア氏のアドバイスは「Vistaにもどしたら?」ということでしたが、そんなのはごめんです。

 気がついたら新しいパソコンを買うくらいの費用と設定をやり直す以上の手間がかかってしまいました!なんてことにならないようにしたいですが、高い勉強代になりそうな気がしています。

宮沢賢治的冬支度

 水道ポンプの凍結防止用に保管しておいたつもりの発砲スチロールやスポンジのシートが見つからなかった。自分で捨ててしまったんだと思うが記憶がない。しかたがないので落葉を集めて使うことにした。プラスチックがポリュラーでなかった時代は枯葉はもちろん稲藁とか籾殻を使ったもんだ。春になったら燃やして灰は畑の肥料にする。優秀な保温材だ。

13120300.jpg
[ 続きを読む » ]

団鬼六的冬支度

 このタイトルにときめいた人はかなりエッチです。苦痛も快楽の一種という倒錯的嗜好から、人間の体をロープで縛るなどして性的興奮を感じる人たちがいる。その世界の第一人者だったのが団鬼六という人だ。人間の皮膚は柔らかい。ロープなんかで裸体を縛れば傷ができるし下手すれば命にかかわる。団鬼六っていう人は女性の柔肌を傷付けずに縛る達人だったわけで、代表は越冬させるために愛車S2000をロープでぐるぐる巻きしているときに団鬼六を思い出したわけなのだった。

13120201.jpg

 車の緊縛もなかなかむずかしい。
[ 続きを読む » ]

代表の12月の予定

 おかしい。川内村用パソコンを川越で修理して川内村でつないでみたんだが、つながらなかった。はやく使えるようにしないといけない。

13120101.jpg

 厄払いでも行くかな。

 代表の12月の予定です。
[ 続きを読む » ]