2013年11月の記事 (1/1)

誕生祝い

 今夜は高1の息子の誕生会。16歳になった。生まれたのは28日なんだが、お祝いは家族5人あつまれる今晩にした。息子は友だちにお菓子で祝ってもらっていたとか言って遅刻。

13112901.jpg

 なんの取り柄もない子供たち3人だが、体だけは丈夫。息子はいつもパンツ一丁で風邪もひかない。他愛ないことこそが幸せなんだなと思う。
スポンサーサイト

ラッシュガード新調

 新しいラッシュガード。代表は派手な色が好きだ。

13112701.jpg

 スイムパンツは2着目で、スイムキャップとゴーグルは無くしたりしたのもあってもう4つ目だ。

 腰痛対策のために通いはじめたスポーツクラブ。時間がないときはトレーニングメニューを省略したりサウナで汗を流すだけのこともあるんだが9ヶ月続いている。腰痛は完全に消えた。だが夏までにできる予定だった股割りはできていない。っていうか、代表の股関節のつくり的に無理だった。あきらめた。座禅は組めるようになった。

 やっててわかったのは、代表の腰痛の原因は骨や神経じゃなくて筋肉の痛みだったってことだ。最初骨や神経への負担を減らすために筋力をつけようとしたんだが、筋力がつく前に痛みが消えた。専門家じゃないのでまちがっているかもしれないが、ストレッチングで腰部のコリや炎症が軽くなったことで痛みがなくなった感じがする。どのぎっくり腰も同じ症状かどうかはわからないけど、いずれにしてもストレッチングと適度な運動は腰痛対策に効果的だと思います。

 では、本日のトレーニングに行ってきます。

冬支度しなきゃ

 今年は冬の訪れが早いような気がする。

13112601.jpg

 この週末は冬支度を終わらせないと。

花門で反省会

 日曜夕方は柏秀樹ライディングスクールの反省会(飲み会)のため居酒屋花門に向かった。格子戸をカラカラと開けたら、先に着いていたハタノさんとヤエさんが奥の座敷で手を振っていた。

 今回のメンバーは代表を入れて6人だったんだが、飲んでいるうちにとなりの席のお客さんたちと親しくなって12人のグループになった。代表たちも相当な変わり者揃いだったが、他のお客さんもユニークな人たちばっかりで、バイク乗っている日展の関係者の方とか、スケッチブックを携えた東大や藝大の学生さんとかだったから盛り上がらないわけがない。なぜかその晩の代表は高橋克美さんということになっていた。反省しないでよく食べてよく飲んでよく笑ったわ。お開きの9時まであっという間だった。

13112501.jpg

 帰り道ではヤエさんが、持参したギブソンのハンディギター(ネックにティッシュの箱がついたみたいな)をとりだして弾きながら「♪ボクはー 呼びかけはしなーいー とおくぅー すぎさるものにぃー」と歌いだした。代表たちは、ハメルーンの笛吹きよろしく上板橋駅までヤエさんに導かれていったのだった。

 次はクリスマスソングが流れるころかな。

工具箱改造

 改造というほど大げさなことではないんだが、またダンボールを貼り合わせてこんなボードを作ってみた。

13112402.jpg

 タイヤレバーを入るボードだ。タイヤレバーは箱の底にそのまま置いていたんだが、動いてカチャカチャ音がするし他の道具を傷つける。それ防止だ。タイヤレバー2本が長四角のくぼみ(写真矢印部分)にぴったり入るように作った。ついでに真ん中に大きな凹みを設けてこまごました小物が入るようにし、両サイドの形状を工夫して鋼管(ホイールなど大きな力が必要なときに工具に刺してレバーとして使う)とエアゲージを押さえるようにした。

13112403.jpg

 セット後はこんな感じ。4段重ねになってスッキリ収まった。

ある日の代表・・・11月23日

 いつものように6時前に起床。ファミレスへ行ってコーヒーを飲みながらまとめものと読書。

13112301.jpg

 昔はこういう時間が退屈でしょうがなかったのに、最近は待ち遠しく思うことがある。年をとったためか。それとも何かからの逃避行動なんだろうか。そういうつもりはないんだが。

 8時に帰宅。
[ 続きを読む » ]

S2000フロントウィンドウ修理

 今日、会社の帰りに春日部のガラス修理専門ショップへ行ってひび割れたS2000のフロントウィンドウを修理してもらった。

13112201.jpg

 雨が降ったら室内が濡れてしまうので焦ったが間に合ってよかった。時間があったら自分で修理しようかなーなんてことも考えたが、やらないでよかった。ガラス交換のスペシャリストじゃないととても無理。代表ができるレベルの作業じゃなかった(冷汗)。

 はい、終了。作業時間1時間半!素晴らしい仕事ぶりだ。見ていて飽きない。

13112X02.jpg

 帰り道、夜景ってこんなにキレイだったんだと驚いた。それだけガラスがキズだらけだったわけだ。

 なんか今年は延々とトラブルがつづいたなー。風呂は、先日書いた通りだが、パッキンまでたどり着くまえにも浴槽の欠けの修理をしている。自転車は、息子ののフロントホイールとタイヤ、娘ののリヤタイヤを新しくした。息子の同級生の壊れた自転車を高校から家まで運んであげたりもしたし、バイク(SL230)は、前後のタイヤとブレーキパッドを新しくした。メーターのバルブも切れてしまったが、これの修理はまだ終わっていない。車の方は、軽トラのバッテリーを2回新品にしてジェネレーターも交換した。それでもってエリシオンの車検でフォグライトを外さないといけなかった。2S000も車検とブレーキパッドを交換と。そして今回フロントガラスが割れてしまった。パソコンはウィルス感染が2回かな。それと、OS入れ替えのトラブルが2台分。自分が招いたこととはいえもうこれくらいにしてほしい。代表が故障しそう。

二年ぶりの新米

 同級生のシンイチ君が、新米を三袋とどけてくれた。もうずいぶん前から農業をやっていない代表ん家が、シンイチ君に貸している田んぼで収穫した米(も含まれる)なんだそうだ。

13112101.jpg

 農地が荒れないように耕してもらっているくらいの話なのでかえって申し訳ないんだが、シンイチ君がそういう気持ちになったのは、三年間のさまざまなものが、この米の一粒一粒に染みこんでいると考えたこともあったからだと思う。記念すべき川内村の新米。ありがたくいただきます。

国際美術大賞展鑑賞会に行ったこと

 もう終了してしまったが、第38回国際美術大賞展が11月7日から15日まで上野の東京都美術館で開催されていた。代表の中学時代の井出勝子先生が出品されるというので、9日に、東京近郊に住んでいる川内中学校の同級生7人と木幡恭一先生を誘って観に行った。

 井出勝子先生の作品の前で記念撮影。

13112001.jpg

 コルドバッチェ・マンスールさんが一緒に写っているのは、この美術展がマンスールさんが常任理事を勤めておられる日本選抜美術家協会の主催だから。展示会場を案内していただいた。おかげで作品を深く鑑賞することができ盛り上がった。

 井出勝子先生と木幡恭一先生(後列中央)は、もちろんとっくに引退されてもう先生ではないんだが、代表たちは今でも「勝子先生」「木幡先生」と呼んでいる。多くの尊敬すべき師に恵まれたよき中学時代だった。

 それにしても、人生の綾とか縁というのは不思議だ。まさかこの日こんなところにこのようなメンバーが集まって恩師の作品を鑑賞するとは中学時代には想像できなかった。どんなことにも意味があって未来につながるんだと思った。

風呂の中にも17年・・・結果報告

 OSのバージョンアップにトライして仮死状態にしてしまった川内村用パソコンをK‘sデンキの修理カウンターで診断してもらうために持って行ったら、店内の無線LAN環境ではインターネットがつながった。代表の推測どおりだった。LANのドライバが逝っていた。

 店員の説明では「Windoes8側で対応できてなかったのが原因で、もしかしたらメーカー(SONY)修理になるかも・・・」ということだったが、それでは困る。ドライバが手に入ればオッケーなので、とりあえず無線LANでつながった状態でドライバを見つけてもらって、即インストールしてもらって終了。川内村用パソコンは蘇生した。細かい設定は川内村で酒を飲みながらゆっくりやることにして、ひとまず解決しました。どうもお騒がせしました。

 それでは、まずは風呂の修理結果の報告から。

 風呂と給湯器とのジョイントのシールに車のオイルフィルターのパッキンを使うことにしたんだったが、筒の外径に対してパッキンの内径が若干大きい分を、元のパッキンを切ってスペーサーを作って隙間を埋めようと試みてみた。

13111901.jpg

  で、こんな感じになって
[ 続きを読む » ]

あと一日

 申し訳ないです。
今晩はOSバージョンアップでおかしくなったパソコンの修復に集中します。

13111801.jpg

 しばしお待ちを。

薪拾い

 いや~、週末は音信不通になって失礼しました。金曜夜は宴会があって泥酔してしまい、家に帰ってそのまま寝て、土曜の早朝川内村に出発。いろいろやっていた中で、川内村のパソコンのOSバージョンアップに失敗。インターネットに接続できなくなり、仮死状態になってしまいました。帰りは大渋滞だしで参った参った。

 とりあえずひとつだけ報告。
本日は中島鉄騎馬隊の隊長(左)と二人で薪拾い。

13111701.jpg

 軽トラ二台で流しながら、道端に落ちているよく燃えそうな枯れ木を集めたんだんだが、あるわあるわ一時間もかからないで満杯になった。これでひと冬分の焚き付けはOKだそうで隊長も満足。それから広野町の隊長の新居へ運んで昼食をごちそうになった。鶴田松盛さんの家のすぐ裏手だった(っていってもローカルすぎてわからないよね・笑)。

 小春日で暖かく、紅葉がとてもきれいだった。川内村の紅葉はもうそろそろ終わりで、富岡やいわきがピークっていう感じかな。バイクでツーリングしていた人も多くて、もしかしたら顔見知りの何人かとすれ違ったかもしれない。気づいてなかったららごめんなさい。また詳しい話やメールの返信は明日ということで。

またもや試練が・・・

 なんとこんどはS2000のフロントガラスが割れた(泣)。

 この車は一般的な乗用車より15センチメートルくらい背が低い。そのためにフロントガラスも地面に近い位置にあって、しかも角度がけっこう立ち気味なもんで、前を走る車が巻き上げた石が当たりやすい。当たって「ピシッ」と音がするたびに「なんて運が悪いんだろう」と嘆きたくなるんだが、代表のS2000のフロントガラスにはそれでできた小さなひび割れが5ヶ所(!)もある。

 今朝は埼玉もけっこう冷えてフロントガラスに霜がついた。融かそうとしてエアコンの温風を送っていたら、ひび割れのひとつからピピピピピピピピッと50センチメートルも亀裂が走った。

13111401.jpg

 ガラスの表と裏の温度差で膨張差ができちゃったのが原因だろうけど、まー次から次と、なんでこんなにトラブルが続くんだろ。

風呂の中にも17年 その2(ひとまずおわり)

 その1のつづきです。

 給湯器とバスタブとをつないでいるのがこのジョイント(白い色の筒状の部品)で、その間にパッキン(黒い、ドーナツ形の部品)をはさんでねじこんでやるとパッキンがつぶれて水漏れを防ぐようにできている。もうひとつの白いドーナツ形の部品は、パッキンと浴槽の間に入れられていたプラスチックシート。

13111201.jpg

 パッキンには様々な形があるんだが、代表の経験ではこういう板状のものはあまりよろしくない。なんでかっていうと、パッキンっていうのはゴムとかプラスチックの柔らかい材料でできていて、部品の間で押しつぶしたときの反力(押し返す力)を利用してシールするようになっているんだが、平面だとつぶす体積が大きくなって、押す力もよけいに必要になるからだ。幅が広ければ良いというものではない。
[ 続きを読む » ]

生きることは美しい

 風呂の修理の続きも書かなければいけないしほかにも書きたいことは山ほどあるのに、フィリピンを襲った台風のニュースで気持ちが萎えてしまった。現地警察関係者の話では死亡者の数は10、000人を超えるだろうというこなんだが、ああ日本でなくて良かったと、そういうふうに思うことはできない。どうしても震災と重ね合わせ考えてしまう。言葉がない。

 こういうとき、地球はなんて危険で無慈悲な惑星なんだろうかとも思う。せいぜい毎日清潔な服を着て、温かい食事にありつくくらいが楽しみの弱くてつつましい生き物なのに、偶さか栄えさせ喜ばせておいて最後に消滅させるとは。それなら、いっそ最初から生物が住めない星にしくれたほうがよかったではないか。

 が、地球は聞き入れてはくれない。それでも人は命をつないでゆかなければならない。その魂は苦悩と喜びの繰り返しの中で強さと美しさを増す。

 下のYou Tubeは、お母さんの歌に感動する生まれて10ヶ月の メアリー・リンちゃんです。曲はロッド・スチュワートの「My heart can’t tell you no」。聴いてください。深い意味はないですが、ただ生の貴さというものを感じます。

昨日のつづきは日曜日に

 昨日のつづきを書こうとしたんだが、夜なもので説明に使う写真がどーしてもうまく撮れない。なので、つづきは日曜日ということで、どうもごめんなさい。

13110701.jpg

 明晩は宴会のため、帰りが遅くなったらブログは休ませていただきます。

風呂の中にも17年 その1

 また失敗談で恐縮なんだが、代表の家の風呂は家を建てたときから水漏れがして17年間まともに使えなかった。17年だよ17年(笑)。しかし、ようやくその原因がわかったという話だ。これもWindows vistaと同じような問題を抱えていた。

13110601.jpg

 この風呂はたっぷり湯を入れても少しずつ無くなって一晩でほとんど消えちゃう。川内村に帰ったときしか使わないもんで、最初のうちは水漏れだと気づかなかった。家族のだれかが湯を使ったんだろうくらいに考えていたもんで、明らかにおかしいと気がついたときにはもうメーカーの保証期間を過ぎていた。

 そういうことでこの家を造った大工のシゲルさんに修理を頼んだのは2,3年たってからだったんだが、いろいろ調べてくれた結果「大丈夫。ぜったい漏れてねえ」といった。「もし漏れるなら床下が水浸しになるはずだが、床下は乾いていた」という理由で。さらに「このメーカーのユニットバスは寒冷地に強くて、これまでそういうトラブルは一軒もねがった」ともいった。しかし、現実問題として湯は減った。代表が何回訴えても答えは同じだった。「勘違いだべ」って。
[ 続きを読む » ]

時々野獣

 偽装食材が流行中のようだが、代表はあんな高級なマズイものは食べない。自分の舌を信じて、自分が美味しいと思うものだけを食べる。だから、だまされないし、もしだまされたとしても、自分が好きで食べたんだから納得する。

 肉は脂ばっかりのレバーみたいなやつじゃなくて、やっぱりゴツゴツ固い噛み応えのあるのじゃないと肉じゃないと個人的には思う。肉を食う時、代表は野獣になる。そんな代表のお気に入りがこれだ。

13110501.jpg

 450グラムのステーキ。焼き加減はもちろんレアだ。味付けは岩塩だけ。噛めば噛むほどに肉本来の味の変化が楽しめて、最後の一切れまで飽きないで食べられる。肉が主食の人たちの本場のステーキだね。

 このステーキを食べさせてくれるのは、近所の『カッピン・ドウラード』というブラジルレストラン。このボリュームで、サラダやライスまでついて、ランチタイムだったら1280円(!)で食べられる。代表の知っているレストランの中で一番安くて一番美味しい。また、レストランの隣の店舗では、ブラジル直輸入の産品を販売しているので、一抱えもある牛肉のブロックが2000円(!)とか、珍しい食材がとっても安く手にはいる。

 近くに来たら声をかけてください。案内します。

乱入

 昨晩は上板橋の居酒屋『花門』のパーティーに乱入。

13110401.jpg

 鶴田松盛さんファミリーが集って奥様の誕生日の祝宴が行われていたのだった。
[ 続きを読む » ]

川内村の紅葉

 友だちのメールに「川内村のイサギヨイ紅葉には冬への覚悟が感じられる」って書いてあったが、その通りだ。やっぱり川内村の紅葉は他と枯れ方がちがう。

 写真の場所は川内村から小野新町へ抜ける道の矢大臣峠の手前。

13110301.jpg

 きれいだねー。できることなら日が暮れるまでここで紅葉を観ていたいものだ。

本日の代表・・・11月2日

 川内村に来ています。

13110201.jpg

 快晴。紅葉がきれいですが、ピークは来週末から再来週くらいかな?
[ 続きを読む » ]

代表の11月の予定

 11月は予定がない予定だったんだが、ふたをあけてみたらけっこう埋まった。でも、ぜんぶ遊びだから待ち遠しい。

 17日の薪(たきぎ)拾いは、代表用じゃなくて、GALLOP-Xのマーシャルだった中島鉄騎馬隊の隊長ん家のストーブ用。双葉郡は山ばっかなのに、今は薪不足なんだそうだ。なんでかはいまさら説明するまでもないだろうけど、そういうわけで、ふたりで枯れ枝を拾って歩くことにした。

13100101.jpg

 代表が子どもの頃は、冬が近づくと、どこの家でもそうやって薪を拾ったもんだった。薪拾いが小学校の行事にもなっていたくらい。山は、薪や水や食材や堆肥用の落ち葉などの生活必需品を調達する場所であり、子どもたちの遊び場だった。ゴロゴロ転がれるくらいきれいに手入れされていた。学校をサボるのを「山学校」といっていたなぁ。

 今は便利になって、薪を拾う人もその必要さえもなくなったが、それで失ったものも小さくない気がする。まあ、代表と隊長が薪を拾ってストーブにくべるくらいでかつての美しい里山が蘇るはずもないが、自然を大切にしてその恵みを利用させていただくという文化は忘れないようにしたい。

 なお、隊長に恩義がある人は、ノコギリとナタと昼飯を持って、代表の家に朝8時までに集合してくんちゃい。

 代表の11月の予定です。
[ 続きを読む » ]