2013年02月の記事 (1/1)

井出正人著『満天星』より その19 川内村の民話 「ペラペラ石」

 井出正人さんの『満天星』も終盤になってきた。今回は「ペラペラ石」のお話。

 ペラペラ石は、大滝根山の西南の高塚山の一角にある大きな石だ。代表の子どもたちはこのペラペラ石に登るのが好きだった。この写真は2007年5月に撮影したもの。

13022801.jpg

 昔の人たちも同じ景色を眺めたんだろうね。また子どもたちと遊びに行こうっと。

『井出正人著『満天星』より その19 川内村の民話 「ペラペラ石」
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

ゴルフの話題ばかりで申し訳ない・・・一枚のスコアカード

 下の写真は、代表がホームコース(メンバーではない)にしていた富岡町のリベラルヒルズゴルフクラブのスコアカードだ。ゴルフバッグのポケットの中からでてきた。懐かしかった。

13022701.jpg

 いつもはラウンドが終わった後捨ててしまうのだが、これはゴルフバッグに入れたまま忘れたらしい。同伴競技者のところは山荘オーナーのS氏とGALLOP実行委員長になっていた。今となっては大切な一枚。捨てられない。

 嗚呼、代表は猛烈にゴルフがしたい。もう一度リベラルヒルズゴルフクラブのフェアウェイに立って、白いボールとターフをおもいっきり青空に飛ばしたい。

 けれども、今はできない。第一原発から近いリベラルヒルズゴルフクラブは閉鎖されたままだからだ。腰痛はは快方に向かっているのに。リベラルヒルズゴルフクラブがいつ再開されるかわからないが、代表が生きているうちにその日が来ることを信じて、練習だけはしておこう。

ゴルフの話題ばかりで申し訳ない・・・サンダルンダ

 代表のゴルフクラブは由緒正しいホンマ製なので、ドライバーもアイアンもしっかりした打感が特徴だ。芯を食ったときの快感は他のメーカーのクラブでは絶対に得られない。こう断言できるのは、ちゃんと自分で確かめたからだ。ドライバーは合わせて30本くらい買ったと思う。それぞれ個性があってすべて感触が違ったが、自分の感性にマッチしたのはホンマだけだった。

                    1921_the_idle_class02.jpg

 テニスのデカラケなんかもそうなんだが、球を打つ道具は日々進歩してして易しくなってきている。そのためにどういう技術が使われているかというと、道具を大きくし、大きくしたことで重くならないように軽い材料を使うのがトレンドになっている。大きくなった分スイートスポットも広がるので、芯を外してもミスになりにくい。

 しかし、それは良い結果ばかりを産まない。スイートスポットが大きくなった分打感が薄まってしまう。ボールが芯を食ったときの、あのスカッーと抜ける気持ち良さが半減する。ホンマは打った瞬間にどの方向へどれだけ飛んだか感じられるが、スイートスポットが大きいとボールがどこへ飛んだのかが手から伝わってこない。ホンマはそういうところにこだわったために難しさが敬遠されてファンを拡大できなかった。後から気づいて追いかけたのだが、その時すでに遅し。他のメーカーはだいぶ先を走っていた。でも、代表は昔のホンマのクラブが好きなんだなぁ。これからもホンマだけは手放せない。

 ホンマと真逆の道を選んだメーカーもあった。
[ 続きを読む » ]

代表のゴルフ道具・・・パター

 昨日のブログを自分で読み返してみたが、文章がバラバラだったので修正しました。よくやっていますので悪しからず。

 代表のゴルフ道具のほとんどはホンマというメーカーのものなのだが、パターだけはアメリカのCallaway社の製品を使っている。このパターはスイートスポットが広くて、その名も「Big Bertha」という。大きな羽という意味だ。それでいてアイアンでのように打感がクッキリしている。代表の期待に応えてくれるお気に入りのパターだ。

13022501.jpg

 しかし、このパター。たった一度だけ、大きく期待を裏切ってくれたことがあった。
[ 続きを読む » ]

西山大基彫刻展へ行く その2

 銀座に到着したのは昼近くになった。昼食を済ませてからギャラリーに行くことにした。どこで食べようかとウロウロしていたら、松坂屋の看板が見えた。

13022401.jpg

 銀座の松坂屋っていったら、たしか同級生のポンスケちゃんの職場だったはずだが。社員食堂の沢庵がすごく美味しいと聞いたことがあった。まさか代表は利用できないだろうから7階のレストランで食事をして、食後のコーヒーをゆっくり味わって時間調整をした。

 代表が福島から関東に出てきた40年前頃の銀座は、戦後のアメリカ的な豊かさを享受する象徴的な街で、上品な服装で往来する人たちを眩しく眺めたものだった。やはり時の流れというのは感じるが、銀座一帯も松坂屋もまだあの当時の懐かしさをつよく残している。昭和の面影があって存外古風な街だと思った。

 午後1時を待ってギャラリーOKABEに西山大基さんを訪ねる。あれ?たしかここは、前にも来たことがあったような気がする。岡本雄司さんの版画展をやったところじゃなかったかな。
[ 続きを読む » ]

西山大基彫刻展へ行く その1

 西山大基さんの彫刻展が開催されているのは銀座のギャラリーOKABEだ。川越からだと東武東上線で池袋まで行って、東京メトロ丸ノ内線で9駅で行ける。しかし、普段地下鉄を利用することはあっても、目的地以外で下りることはない代表は、ギャラリーOKABEが開く前に、ちょっと早めに出発していくつか寄り道をした。

 最初に桜田門の警視庁に行った。

13022301.jpg

 なんでまた警視庁なんかにと???に思われるかもしれない。代表はこの警視庁の、大事件が発生するたびによくテレビに大写しになるこの看板というのか表札というのか、入り口にある石碑が見たかったのだ。じつはこの看板、鋳金名工の故齋藤勝美さんと勝美さんのお父様の静美さんが手掛けた作品だ。蠟切りという祖形をつくる古来の技術が使われている。齋藤勝美さんは、ひとの駅かわうち美術スタッフうーたんのお父様で、静美さんはお爺様になるわけだ。

 テレビの映像で見た印象は、警視庁の看板らしく厳かでかつシャープな感じがしていたのだが、間近でみるととっても軟らかい造形で味がある。齋藤勝美さん親子がこの作品に籠めたものが何なのかが伝わってくるようだった。
[ 続きを読む » ]

ゴルフ再開!?

 代表がスポーツクラブに通い始めてから二週間は経っただろうと思っていたが、13日からだからまだ10日しか経っていない。かなり体に荷重をかけて痛めつけたので、体中が痛い分腰痛は薄まった。でも、腰痛が薄まったんは筋力アップの効果よりも、体を動かしたことによって可動範囲が大きくなって体に柔軟性がもどったことのほうが大きい感じがする。筋力トレーニングは、荷重を増やしても回数を増やしても大して効果がない。中くらいの荷重で軽くやって、ストレッチングを充分にやったほうが良いみたいだ。明日からそうしよう。

 さて、腰痛も薄まったし、そろそろゴルフ練習再開しようかな。

13022201.jpg

 代表のゴルフ道具は、パターとボールとウェアを除いて全部ホンマだ。もちろん、中国のメーカーに買収されるまえの、ちゃんとしたホンマ。あらゆるメーカーのクラブを使ってみて最後にたどりついた代表の答えだ。値段は高かったけど、あの頃の本間の道具は良心的にしっかり作ってあって良かった。

 ゴルフの道具については、また改めてうんちくを語らせていただくことにします。

無題2

代表が「忙しい」とか「疲れた」ってブログに書くと、皆さん気をつかってくれてシーンとなる気がする。そんなにご心配いただかなくて大丈夫です。けっこう手を抜いていますから。いや~、それにしても今週は疲れました。

13022101.jpg

 今日でなんとかひと山越えたので、明日からいつものペースに戻れると思います。今週末はゆっくりとコーヒーを味わいたい。

無題

 今週は仕事の予定で余裕がないです。ブログが更新されなかったら「代表、トラブってんだな」って笑ってやってください。

 下の写真は、代表の仕事仲間が2009年1月に川内村に星空を観察に来たときに、富岡町の東京電力エネルギー館に寄ったときのもの。再オープンする日は来ないだろうから、たぶんもう二度とここで写真は撮れないはず。貴重な記念写真になった。ほんとうに明日何が起きるかわからないということを学ばされた。

13022001.jpg

 どうして代表の仕事仲間が、わざわざ星の観察なんかに川内村くんだりまで来たのかっていう話なんだが・・・
[ 続きを読む » ]

体づくり第二クール突入

 代表のスポーツクラブ通いもいよいよ第二週目に突入だ。ちょっと疲労がたまってきたが、ここでワンクッション置いて疲労回復を待つか、それとも、さらに痛めつけるか、悩みどころだ。不安もあるが、代表は自分の中にある生命力を信じて、徹底的に痛めつける方を選ぶことにした。

13021801.jpg

 とりあえず泣きながら限界まで頑張ってみる。壊れたら・・・その時はその時で考えることにする。

学研もちあるき図鑑シリーズ『まるごと日本の道具』

 学研の意欲作もちあるき図鑑シリーズは『まるごと日本の生きもの』『まるごと日本の季節』『まるごといつもの食材』『まるごと近所の生き物』ときて、シリーズ第5作目『まるごと日本の道具』が発売になった。

13021701.jpg

 川内村のすわの杜公園遊具を企画した中内充岐さんは、シリーズの3作目『まるごといつもの食材』からイラストレーターとしてデビューして、いきなり錚々たるイラストレーター陣に名を連ねたのだったが、巻を重ねるごとに掲載される作品の数も増えてきた。知人ということではなく、客観的に見て充岐さんのイラストはわかりやすく、かつ味がある。それでいてスタイルに柔軟性があって伸び代が大きい。学研もちあるき図鑑シリーズも充岐さんの活躍もこれからが楽しみだ。
[ 続きを読む » ]

春近し

 スポーツクラブに通いはじめて4日が経過。疲労はピークだが腰痛は軽くなり、寝がえりをうつときにピリっとした痛みが走ることも少なくなった。

13021601.jpg

 ストレッチング15分、ウォーキングトランニングで30分、腹筋や背筋などの筋力アップが40分、水泳40分、最後にサウナで2、30分汗を流してトータル2時間くらい。

 体が火照って寒さを感じなくなった。この二日はバイクに乗る夢ばかり見た。血行が良くなったからなんだろうか。それもあるかもしれないが、春がもう近くまできているからだろう。

『多摩美術大学 環境デザイン学科卒業・修了制作展』のお知らせ

 姪のマイちゃんから、『多摩美術大学環境デザイン学科の卒業・修了制作展2013』の案内が届きましたのでお知らせします。

多摩美術大学 環境デザイン学科卒業・修了制作展2013

 3月8日(金)-3月10日(日)
 10:00-20:00(最終日17:00まで)
 
 原宿クエストホール
 東京都渋谷区神宮前1-13-14
 Tel.03-3470-6331

         13021503.jpg
           ひとを取り巻く環境をデザインする。

           あるものは温かく心地よく
           あるものは主義主張を持ち
           あるものは緊張感を持って

           それはその場の空気を
           変えてしまう「うたう」ような
           ことなのかもしれない。

           わたしたちは
           それを感じ、学び、悩み、考え
           そして形にしてきた。

           わたしたち79人の集大成。
           それぞれが「うたう」作品をもって
           卒業・修了制作展を行います。

[ 続きを読む » ]

代表の腰痛の原因とは・・・

 因果応報。光りあるところに影が。結果には原因がある。代表の腰痛の根本原因は、45年前の古傷だったと気がついた。

                 【写真:代表 5ちゃいくらいかな】
                 13021401.jpg

 ランニングマシンがあるね。畳一畳くらいベルトが足の下で動くようになっていて、機械の上で歩いたり走ったりの運動ができてしまうというやつだ。はじめて使ってみた。ただ歩いたり走ったりするだけだから簡単だと思っていたのだが、意外と難しい。

 なんでかっていうと、ベルトが流れるスピードは一定なんだが、どうも歩くタイミングは一定ではないらしい。それと、真っ直ぐに歩いているつもりでも、実際には蛇行している。しかも、相当に。そういうことがランニングマシンの上だとよくわかる。生まれてこの方半世紀以上も歩いたり走ったりしてきたのに、それを一定のリズムで真っ直ぐに、となるとけっこうやれないもんなんだね。

 代表の場合は、どうやっても左足が引っかかるような動きになって、左へ向かって曲がってしまう。矯正しようとしても、それが自分の形になっていて直せない。どうしてなのかわからずに混乱したが、しばらくして「あっ、あのせいか!」と思い当った。じつは小学生の時に左足を骨折したことがあったのだった。
[ 続きを読む » ]

スポーツジム体験

 いろいろとご心配いただきありがとうございます。

 なんと、通りすがり様から古いエントリーにコメントいただきました。鋳金の名工齋藤勝美さんの粘土の箱についての言われを教えていただきたいへん感謝します。やはりあの粘土箱はただの箱ではなかった。齋藤勝美さんの生き様が凝縮されたものでしたね。大切に保管し、必ずどこかで活かします。

 代表は体育会系なので体力には自信があったし、体を動かすことは好きなので階段も昇るしよく歩くんですが、仕事がデスクワークのためほとんど一日中座りっぱなしなのが良くないと思っています。冬の間はバイクにも乗らないし。

 今日は、代表の家から車で3分のスポーツクラブに行って体験してみた。

13021301.jpg

 ここで歯を食いしばってとことん体をイジメて、体が壊れるか、それとも代表の生命力がイジメに勝つかの賭けにチャレンジだ、と考えていたのだが、どうもそういう特訓はやらせてもらえないみたいだ。無理な運動をしているとすぐにインストラクターがやってきてアドバイスしてくれてしまう。腹筋なんて足を固定する台があれば充分だと思っていたが、種類が違うマシンが5,6台あって、鍛える筋肉や負荷が変えられるようになっている。進歩したものだと感心したが、代表はちょっと物足りない。代表の体はそんな生温かい刺激ではサボってしまって復活しない。できることなら気絶するまでサンドバッグにパンチを食らわせたい。

 しかし、とりあえず1,2週間、できることからやってみることにした。問題は時間だ。やっぱり最低でも2時間はジムに使う。毎日2時間足りなくなるので、どこかで捻出しないといけないが、こればっかりは売ってもらうわけにもいかない。与えられた時間、限りある時間を大切に上手に使うしかないみたいだね。

寒っ!

 寒い!埼玉でこんなに寒いということは、川内村では氷点下かもしれない。寒いと体も硬化する気がする。

13021201.jpg

 身体が硬くなるのは筋力低下が原因だ。引っ張る力がなければ体を曲げることはできない。したがって、柔軟性を取り戻したい代表の場合は、筋肉をつけることが最優先だ。その前に、筋肉を付けるベースが貧弱になっているので、そこをつくらないといけない。走ればいいのだが、このままでは疲労破壊を起しそう。慎重に行くことにしよう。

 しかし、代表にそんな余裕があっただろうか。代表の一日だが、朝はだいたい5時半前後に起きる。顔を洗って軽い朝食を済ませ、6時には家を出る。仕事をして、飯を済ませて帰るのがだいたい20時前後だ。風呂に入ってブログを書いたりしている間に22時過ぎる。それ以降頭を使うと冴えてしまって眠れなくなるので23時過ぎには床に就くようにしている。週末も起きる時間と寝る時間は変わらない。ということは、何かを犠牲にしないと運動する時間ができないということになる。

仕事をやめるか。もっと遅く寝るか。もっと早く起きるか。どれも無理だ。とすると、ブログを書いていた時間を使うしかない。ということで、明日からブログをお休みさせていただくことにしました。では、ごきげんよう、さようなら。
[ 続きを読む » ]

体硬くなる

 プロゴルフの世界では、50歳以上になるとシニアトーナメントの参加資格が得られる。もちろん、体力に自信があればそのままレギュラーツアーで戦い続けることも、あるいは両方に参戦することも可能だ。ジャンボ尾崎というプロゴルファーは、シニア入りを拒んで一度もシニアトーナメントに出ず、いまだに永久シード権の資格でレギュラーツアーに挑戦し続けている。しかし、たいていのプロゴルファーは、レギュラーツアーのシード権を失って、必然的にシニアへ移っていく。

 代表は、50歳くらいでシニアと呼ばれ年寄りだけ集まってトーナメントをやるのは情けないぞと思っていたが、この歳(57歳5カ月)でゴルフを再開してみて納得した。スポーツ界で50歳からのシニアは妥当なセンだ。体の柔軟性が低下する。

 昨日、ショートアイアンで軽~く250球打っただけなのに体のあちこちがすごく痛い。自分が思っているよりも相当に筋肉や関節が硬くなっていた。

13021101.jpg

 体がイメージ通りにスムーズに動かない。壊れたロボットみたいなギクシャクした動きなもので、弱い部分に負担がかかってしまって手首や肩や腰に痛みと疲労が出てしまった。たまにジョギングするくらいでは柔軟性体力筋力低下のスピードに追いつけない。オーバーホールして一から体をつくり直そうと思った。

 いやー、たまたまだったけど、ゴルフ練習をやってよかった。手遅れになるところだったよ。 

井出正人著『満天星』より その18 川内村の民話 「ハナド長くなる」

 代表はお祖父さんっ子だった。お祖父さんは物知りだったので、夜お祖父さんの布団にもぐっていろんな話を聞くのが大好きだった。昔話を聞くのも好きだった。「むかーしむかしあるところにお祖父さんとお祖母さんがいたんだと」ではじまる桃太郎や舌切り雀を、飽きることなく何度も何度も聞かせてもらったことを覚えている。

 これが代表のお祖父さん。代表が7歳の冬、大雪が降った晩に亡くなった。

       13021001.jpg

 お祖父さんからはずいぶんいろいろな昔話を聞かされが、満天星や川内村史で紹介されているような民話はひとつも聞いたことがなかった。代表のお祖父さんは日光から来た人だから、川内村の古い話は知らなかったのだろうか。

 たとえばこんな民話、みなさんが子どものときに聞いたことがありましたか?
[ 続きを読む » ]

留守番

 今週末は家内と娘が旅行なので、早朝、バス停まで送って行った。

13020901.jpg

 あとは留守番だ。
[ 続きを読む » ]

西山大基彫刻展 -あかしー のお知らせ

 西山大基さんから作品展の案内状が届いた。

『               西山大基彫刻展 -あかしー 開催

       13020801.jpg

                    ギャラリー・オカベにて

                 2013年2月18日[月]~23日[土]
              11:00~18:30(初日13:00から17:00迄)

 西山大基プロフィール
 1982 東京生まれ
 2008 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科木工専攻卒業
 2010 東京藝術大学大学院美術研究科美術教育修了

      作品〈深化〉福島県川内村に設置される

 現在   東京藝術大学教育研究助手   』

 「作品〈深化〉福島県川内村に設置される」なんて紹介していただいて、ほんとうに光栄だ。代表は西山大基さんの新しい作品に会いに行きたいと思う。

 今〈深化〉は川内村で・・・
[ 続きを読む » ]

東京芸大でHONDA VRX Roadsterを見つける

 人生でいちばん油がのるっていつだろうか。代表の場合は30から40才にかけてだったかな。体力気力経験ともに充実して、人脈なんかも広がって、どんなにきつい仕事でもワイワイ楽しくやれた。ちょうどそんな時期に関わった仕事がVRX Roadsterというモデルの開発。代表の持てるものすべてを出し切って、達成感が大きかった。

 VRX Roadsterとはこんなバイク。

13020701.jpg
[ 続きを読む » ]

親父のカメラ Yashica flex

代表が子供の時の写真は親父がこのカメラで撮影した。

13020601.jpg

Yashica flexという二眼レフだ。フィルムは、ブローニーサイズの『120』で、12枚撮影する事ができた。ちょうど代表が生まれた昭和30年頃から発売されたモデルで、売価は当時で1万円前後とのことだから、今のお金にして10万円くらいかな。まだ我が家の風呂が露天のドラム缶だった時代。ずいぶん思い切った買い物だっただろう。

  ファインダーを覗くとこんな風に見える。
[ 続きを読む » ]

井出正人著『満天星』より その17 -川内の伝説 小野小泉の荘 木耳茸の里-

 代表はまだ筋肉痛。今日は久し振りに井出正人さんの『満天星』について書きます。

13020501.jpg

 ユニークな歴史観で日本史に風穴を開けたものの、発想があまりにも突飛すぎて学界からけむたがられた八切止夫という人がいた。この人が書いた本によると、日本では人間を管理するために出自が判別できるようにいろいろな工夫がされていたという。
[ 続きを読む » ]

ゴルフ練習で筋肉痛

 暖かかったせいか、なんだか急にゴルフがやりたくなって、川内村の家に置きっぱなしになっていたゴルフクラブを軽トラに積んで帰って、近所の練習場に行った。

 けっこういいフォームでしょ?ちょっとスタンスが狭くクローズ気味。ハンドダウンでわずかにシャットフェースかな。ちなみにグリップはインターロッキングです。ゴルフをやらない人にはなんのことか意味不明ですよね(笑)。

13020401.jpg

 ここはかつて代表がホーム練習場にしていた、家から4キロメートルのところにある日高市のゴルフセンターだ。100ヤード程度の狭い練習場が多い中で距離が250ヤード(約230メートル)ある、ドライバーの弾道チェックもできる本格派向けの練習場だ。ボールだって、打感のソフトな練習場用ではなくコース球を使用している。打席は一階と二階あわせて64打席と少な目だが、その分広くてゆったりしている。しかも、道を隔てた隣に日高カントリー倶楽部があるくらい、林の中にあってとても静か。ゴルフ場でプレーしているかのような雰囲気が味わえる。

 いやー気持ち良かった。しかし、本日は筋肉痛。情けない(^_^;)。

火災現場で考える

 1月7日の夜中に川内村で大きな火事があった。燃えたのは4区にあった縫製工場の空き家だった建物だが、この建物を新潟の除染業者が借りて作業員の宿舎にしていたらしい。

13020301.jpg

 出火した時には7人の作業員が寝ていて、4人は逃げて無事だったが、3人は二階から飛び降りて大怪我を負ったようなことがニュースで伝えられていた。

 しかし、実際には怪我をした3人は飛び降りたのではなくて、仲間が二階から落としたという話だ。煙を吸って動けなくなっていたため、そのまま焼け死なすよりは、落として命だけでも助かる可能性がある方を選んだということだ。

 それで、この会社の経営者は火事の後で行方がわからない。夜逃げしたらしい。怪我をした作業員の一人はまだ16歳だったというし、労働基準やら保険やらで不都合なことがあったんじゃないだろうか。宿舎は元工場だから建築基準や消防法をクリアするのはむずかしかったはずだ。手抜きした分をふところに入れていたんだろうね。そうでなければ隠れる必要はないはずだから。

 同じころに隣の田村市都路の除染作業の手抜きが話題になっていたが、あれは給料を安く抑えられて不満を持った作業員の内部告発だったらしい。報酬一日2万円で除染作業員を募集しておいて、実際には危険手当1万円と福島県の最低保証賃金5千円しか支払われないとか。ひどい会社はそれ以下で使う場合もあったという話で、作業員が自作自演をして改善を図ったんじゃないかっていう噂だった。

 こういう一部の業者があるために、誠実に作業をしている人たち、はては福島のイメージまで悪くなってしまう。業者が不足して売り手市場になっているので質の低下を許さないように注意して見ないといけない。

井出正人著『満天星』の新本見つかる

 今日は朝5時に川内村に向けて川越を出発。途中、いつものように関本PAで休憩した。軽トラだとここまで2時間半かかる。

13020201.jpg

 去年の夏過ぎあたりまでは、震災の工事関係の車や警察・自衛隊関係車両、ボランティアを運ぶバスなどが多かった。今はもうほとんど見られなくなった。工事関係かなと思われる車両がちょっとあるくらい。
[ 続きを読む » ]

代表の2月の予定

 スタバでコーヒーを飲みながらボーっとする。足をドーンと投げ出してソファに座って、頭の後ろに手を組んで考えるともなく考える。目は外の景色を見ているが見えていない。ただボーっとしているだけ。代表はこの時間がいちばん幸せだな。

12020101.jpg

 代表の2月の予定です。今月は何も無いです。
[ 続きを読む » ]