2011年11月の記事 (1/1)

代表の12月の予定

ご報告が遅れましたが、代表はブラインドタッチを完璧にマスターしました。モニターから目をそらさないでいいし、それぞれの指の役割が決まっているのも慣れると楽ですね。非常に合理的。しかし、まだ早く打てないのが難点。以前のスピードで打てるようになるにはあと1ヶ月くらいはかかりそうだ。

11113001.jpg

代表が計画していたことは、予定よりも大幅に遅れてしまっている。12月の週末だけでは終わりそうもないし、わかっていて無意味に焦るのも空しいので、割り切って年末年始の連休に集中して片付けることに決めた。それでも守れない約束は、申し訳ないがごめんなさいだ。来年にさせてください。

代表の12月の予定です。
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

キャブレター分解

本日はちょっと早起きして、マンスールさんのスクーターから外したキャブレターを解析してみた。代表は、ガソリンが噴き出すジェットの穴が、古くなったガソリンのガム質によって閉塞したのであろうと推測したが、意外に汚れは少なかったぞ。

11112707.jpg

それなら、負圧で動くようになっているバキュームピストンの方かな?と思ってバラしてみたが、これも問題はなかった。だったらあそこだと、チューブのリークをチェックしたけど、どこにも穴は開いていなかった。
ふーむ。どこも怪しいところはなさそうだが、どっか詰まっていたんだろう。それしか考えられない。とりあえず完璧にクリーニングして組み立て。
これでオッケーだろ!
[ 続きを読む » ]

福島第1原発吉田所長お疲れ様でした

福島第1原発の吉田所長が入院されたらしい。

11112901.jpg

今日のニュースは、福島第1原子力発電所で事故当初から陣頭指揮をとってきた吉田昌郎所長(56)が病気療養のため入院したと伝えていた。

東電は同日の取締役会で、吉田氏を所長から外し、原子力・立地本部付けとする役員人事を決定したということだ。詳しい病状はプライバシーのため言えないとされているが、現場に立てなくなるくらいの深刻なものだろうと推測される。

代表は吉田昌郎所長を直接には存じ上げないけれども、3・11から現場に張り付いて、命がけで事故対応にあたられる姿に感謝しながら応援していた。この所長だからここまでやれたことは疑いようがない。

吉田昌郎所長、どうもお疲れ様でした。今はゆっくり休んでいただいて、完治することを祈ります。

スクーター修理

本日は予定通りマンスールさんのスクーター修理に板橋のカシマ生コンの駐車場へ行く。
何回も通ったこの場所は、もう自分の整備場のような感じがする。

11112701.jpg

用事があるマンスールさんが3台並べておいてくれた。早速作業開始。
[ 続きを読む » ]

何処が故障?

ホンダFREE WAY。20年前のモデルだが、まだ6千キロメートルしか走っていない極上品。マンスールさんのFREE WAYを修理しているときに、偶然に見つけて信じられないくらい格安で譲ってもらったんだが、こちらの方も調子が悪くなっちゃったらしい。

11112601.jpg

セルモーターは回っているけどエンジンがかからないというんだが、うーん、どうしたんだろうね。明日、ちょっくら診に行ってきます。

謝罪に花門へ行く」

ここ一週間ほど勝手にマンスールさんをネタにして記事を書いてきた代表は、謝罪のために花門へ行ってきた。

11112501.jpg

と言うのは冗談で、鶴田松盛さんと次回イベントの打合せをした。打合せは10分。宴会が5時間(笑)。詳しくはまた改めて報告します。

平氏の代表とイラン人のマンスールさんは親戚なの? 終わり

世界の勢力争いの中で、日本は他民族に植民地化されてきた。屈辱だが、それは今も続いていると言えるのかもしれない。

それはそれとして、歴史裏話では古代日本とペルシャ(現在のイラン)は民族的にも文化的にもつながっていたと考えられている。その証拠が日本語に残っている。

【写真:ペルシャ遺跡】
11112401.jpg

ペルシャでは首都をSUSA(スサ)と言いSUMERA(スメラ)と呼ばれる地域もあった。人々はGION(ギオン)という天地水火の神を信仰し、ミソギする河はYASAKA(ヤサカ)だった。また、逃亡奴隷のことをMIKOTO(ミコト)と言ったらしい。
[ 続きを読む » ]

平氏の代表とイラン人のマンスールさんは親戚なの? その5

代表の先祖は平氏だが、一体平氏というのはどういう人たちだったのだろうか?

11112301.jpg

日本は沿岸や島伝いに海流が最後に行き着くところで、そのために多くの民族が流れ着いて住み着いたと考えられている。

もっとも古い民族は、紀元前に西南から流れてきて移住したエケセテネを苗字の頭(江藤、千田、手塚など)にした、後の支配民族から「エの民」と呼ばれることになった人たちという説がある。
[ 続きを読む » ]

平氏の代表とイラン人のマンスールさんは親戚なの? その4

代表は一年かけて日本史と世界史の勉強をやりなおした。やりなおしたと言っても、文庫本の全集を読んだだけだが、世界の全体像がイメージできるようにはなった。そして自分なりの史観というほど立派ではないが、考える軸が一本できた。なので、これは正解だった。

11112101.jpg

それでわかったことは、人類の歴史は、自分の子孫だけ残したいという行動原理に従って、性懲りなくただひたすらに民族間戦争と宗教戦争と経済戦争を繰りしてきた事実だった。
[ 続きを読む » ]

平氏の代表とイラン人のマンスールさんは親戚なの? その3

歴史を教えてくれたM本先生はアル中らしかったが真面目で優秀な人だった。社会科の教師として、自分なりの歴史観、歴史解釈というものがなかったはずはないが、教科書に従ってその通りに学ばせることが、生徒を高校に合格させるために必要だっただろうし、その使命に従って情熱的に教鞭をとっていたと思う。

11112001.jpg

そういうわけで、代表もまた真面目に、M本先生から学んだ歴史、特に日本史は史実に基づいたものだと信じて疑わずに記憶した。
[ 続きを読む » ]

平氏の代表とイラン人のマンスールさんは親戚なの? その2

平氏の代表とイラン人のマンスールさんは親戚なのかどうか、掘り下げていくには代表の中学時代に遡らなければならない。

【写真:1970年頃の川内中学校】
11111901.jpg

代表が中学一年のときの学級担任は、数学のK野先生と言ってギャンブル狂だった。
[ 続きを読む » ]

平氏の代表とイラン人のマンスールさんは親戚なの?

マンスールさんから、この前新しく手に入れたスクーター、ホンダFREE WAYが、またもやエンジンがかからなくなってしまった、と連絡がはいった。セルモーターは回っているそうだから、点火系か燃料系かに問題があると思う。一件落着のはずだったが、また問題勃発だ。代表の人生はこういうことの連続だから退屈する暇がないよ。

11111801.jpg

ところで唐突な話だけど、マンスールさんと代表は、国も顔も体系も髪の毛も、外見上の共通点はまったくないが、ルーツは同じかもしれない。「えー!そんなバカな!!」って思うでしょ?

説明がとっても長くなるので、このつづきはまた明日・・・

川内村のコソ泥

震災以降、被災地を狙った窃盗が多発しているが、川内村でも被害があるらしい。川内村では被害防止のためパトロールを強化していて、代表も何度か車を止められて尋問された。気持ちが良いものではないね。

11111701.jpg

当然、狙われるのは家電製品や現金だが、聞いた話では冷蔵庫にあったビールを飲んで、お菓子なんぞまで食い散らかしていくセコイコソ泥がいるんだそうだ。仏壇に上げっぱなしにしてあった5、6年前のらくがんまで食って行ったというから、そうとう食い意地がはった奴(ら?)のようだ。最近見かけるようになった猿の犯行なのかな。

犯人は猿か?人間か?
どっちにしても、眠り薬入りのビールとらくがんを置いておけば簡単に捕まえられるね。

SOFAは待っている

SOFAに会うのは2ヶ月ぶり。あまりかまってあげられないけど、よくわかっていて、おりこうにしているね。

11111601.jpg

川内村は除染が始まって、本格的に復旧に向けて動き出した。
SOFAの周辺もしばらく騒々しい日々が続くけど、必ず出番がくるから。
必ずスポットライトで照らしてやるから。もうしばらく眠っていて。

木楽支援チャリティー展開催のお知らせ

ひとの駅かわうち事務局の齋藤昭蔵さんが、避難先の三春町にオープンした『ギャラリー木楽』を支援するため、チャリティー展を開催します。

11111501.jpg
【写真:齋藤昭蔵作品 「大地の窓」  (この作品はチャリティー対象ではありません)】

■開催期間:11月17日(木)-12月20日(火) 9時30分-16時30分 (月・火・水 定休)

■開催場所:『ギャラリー木楽』
     福島県田村市三春町御祭字小山119
     電話 090-3366-7861/080-1694-2570

■対象作品:鶴田松盛氏をはじめ作家14名の作品50点提

■販売価格:通常価格の半額以下

ここで詳しく紹介できませんが、確かな作品を納得できるお値段で手に入れられるチャンスです。

クリスマスイルミネーションの準備

毎年ひとの駅かわうちに灯されているクリスマスイルミネーション。
例年は12月に合わせて準備されていたはずだが、今年は早めに始まった。

11111403.jpg

場所はいつもと違って、校舎の東端になった。というのも、いつも付けていた電柱とフェンスが、9月の台風で土手と一緒に落ちてしまったからだ。当然、校舎はフェンスより奥まった場所にあるためにちょっと見えにくくなるが、再びここにこうしてイルミネーションが灯せるのはうれしい。また美しいイルミネーションが見られる。

ギャラリー木楽でチャリティー展開催予定

今日は昭蔵さんときい子さんに会いにギャラリー木楽へ行ってきた。
二人ともとっても元気。お客さんも増えてきて、近くにもどって来た作家さんたちも顔を出してくれるようになったらしく、少しずつ賑やかになってきたそうだ。

11111301.jpg

代表の中学校の同級生がつくってくれたひとの駅かわうちの写真集を届けた。すごく感激してくれて、代表も嬉しかった。オープンまで苦労したから、写真集を見るとお互いこみあげてくるものがある。

この写真集はギャラリー木楽で見ることができます。

ところで、ギャラリー木楽では11月17日(木)から12月20日(火)まで、チャリティー展を計画中とのこと。昨年、ひとの駅でもやって好評だったものだ。なにしろ半額以下の特別価格で名画が買えるチャンスだから。詳細については改めて連絡します。
[ 続きを読む » ]

本日の代表・・・11月12日

寝坊してしまった。目が覚めたら5時だった。
福島へツーリングへ行く友人たちを見送るために、6時30分に集合場所の守谷SAに行く予定だったが、起きてから軽トラにバイクを積んで行かなければならないので時間的に無理。次の集合場所の四倉PAを目指す。四倉PAで無事に合流できた。

11111201.jpg

からし色の古いアルファロメオのオーナーで、写真を撮ってくれているのが友人なのだが、残念ながら友人は写真に写っていない。

代表は、カメラをぶらさげてはいるけど、あわてて家を出てきたためにメディアを装着し忘れてしまい、写真が撮れないのだった。この写真は友人にメールで送ってもらったものです。
[ 続きを読む » ]

あしたは川内村

今晩は飲み会でした。同郷で同窓の先輩が定年をむかえたので仲間内での送別会。代表の会社では定年を卒業と言っているためにいわば卒業式だ。

11111101.jpg

パソコンのブラインドタッチに挑戦をはじめて約一週間。キーの位置はわかるようになったのだが、まだ手と指をはやく動かすことができないし、手指が窮屈なためにときどきちがうキーにさわって押してしまう。まったく時間がかかってしょうがない。しかし、ここで我慢して続けないと元の木阿弥なので、ひたすらじれったさに耐えている。あと一週間頑張ればふつうの速さで打てるようになると思うので、申し訳ありませんがもうしばらく短めで・・・。

明日は川内村だ。また村の様子をレポートします。

かわうちの湯営業中

かわうちの湯は営業中です。

11111001.jpg

10月くらいから休館して地震でひびが入ったところを修理するという情報だったのだが、どうも年内はないような雰囲気だ。代表的にはそのほうがありがたい。

土曜日も営業することになったみたいで、営業日は月曜日から土曜日の13時から20時まで。
料金は100円。このままずっと100円だったらいいのになぁ。

しぼりたて液状ご飯

驚くなかれ、写真に写っているのは今シーズン仕込んだ、しぼりたての液状ご飯だ。貴重な一本を友だちからいただいた。

原発事故による放射性物質汚染のため川内村では米が作れなかったのにどうして作ったのかというと、わざわざ会津の農家から無農薬米を調達して仕込んだのだそうだ。まさかまさか、今シーズンの液状ご飯が呑めるなんて夢にも思ってもみなかった。踊りたいいくらいにうれしい。

どれどれ、さっそく味わってみよう。

11110901.jpg

香り。
加熱処理し濾過した日本酒にはない、生きた液状ご飯のフルーティーで複雑かつ深みのある芳香が嗅覚を心地良くくすぐる。

味。
グラスを下くちびるにのせて顔を反らせながら傾け、わざと上くちびるが液状ご飯で濡れるように流す。快感だ。つぎに歯茎を浸し、歯を越えて口中にあふれてきたやつを舌の下へ導いてから舌の横、さらに舌の上にのせて持ち上げて口蓋に押し付ける。そこにあった空気はレモン水のような香気とまじって鼻腔へと抜けていく。そうしておいて、液状ご飯を喉へ送る。首周りの筋肉と感覚を総動員して、喉から食道へと静かに静かにゆっくり落としていく。最後に胃に導くと、桃源郷の清水が苔の間を伝うように胃壁を伝う。熱い息が返ってくる。時間にして約15秒。んー、んまい!

川内村の紅葉

川内村の紅葉は、これから一週間くらいが見頃だろうか。紅や黄色に色づいた葉っぱが、さわさわと音をたてて落ちはじめている。

11110801.jpg

葉っぱは喜んでいるようだ。新しい芽を宿して、次の春の命を育むために、華やいで先を争って落ちている。最後に紅い化粧をした葉っぱたちの笑い声や掛け声で、川内村の全山はにぎやかなのだった。
[ 続きを読む » ]

長福寺のお地蔵さん

お地蔵さんは、苦悩の人々をその無限の大慈悲の心で包み込み、救うのだという。

川内村の禅寺長福寺の入り口に、村を見渡すように六体のお地蔵さんが立っている。お地蔵さんの前にはいつもの年と変わらないおだやかな秋の風景が広がっている。小春日はやさしくふりそそぎ、お地蔵さんの体をあたためている。

11110701.jpg

深く静かに息を吸い込むと、ほのかに花の香りがする。お地蔵さんの足元にはいつも新しい花が供えられているのだった。
[ 続きを読む » ]

3台のフリーウェイ

本日は上板橋に出没。
マンスールさんのスクーター、ホンダフリーウェイのトラブルがどこなのか診断する予定だったのだが、先週末から事態は急展開。ただでさえ希少なフリーウェイが2台増え、もともとの1台と合わせて3台も集まった。全世界でフリーウェイをこれだけ持っているのはマンスールさんだけだと思うよ。壮観でしょ!

11110601.jpg

マンスールさんがまたがっているのが、トラブルがあったフリーウェイ。右側が、部品のクロスチェック用にマンスールさんがさがしてきたフリーウェイ。そして左側は代表の同僚が譲ってくれることになったフリーウェイだ。
[ 続きを読む » ]

給湯器凍結防止の顛末

今日の代表は朝から疲れていた。
どうしてかというと、昨夜のブログは、一杯やりながらいい気持になって写真をいっぱい使ってかなり力を入れて書いた力作だったのだが、最後に丸をつけて保存しようとしたまさにそのときに、マイクロソフトの更新プログラムなるものが突然割り込んできて、ブログの書き込みをすべて無効にされてしまったからだ。書き直しに最後の力を振ったため、朝、力が残っていなかった。ブログも短くなっちゃったし。

それでも、なんとしても今日は給湯器の凍結防止作業を終わらせないといけない。おしっ!と気合を入れて作業を始めた。

11110501.jpg

まず、水管のヒーターが入っているところの土を掘り起こして、保温材をはがす。
[ 続きを読む » ]

ここが故郷

今日はどうしても日が暮れる前に見ておきたいところがあって、急いで車を走らせた。

11110402.jpg

和光から外環状線にのり、東へ走って三郷から常磐自動車道を北上。行けるところまで行っても広野インターチェンジ。その広野から南下して、浜通りの復興状態を自分の目で確認したかった。なんとか日が暮れる前にたどりついて、4月に代表が見たところをもう一度辿った。結論から言うと、活気があるのは東電の事故対応関係だけで、復興はおろか復旧さえしていなかった。
[ 続きを読む » ]

マンスールさんからのメール

マンスールさんからメールがきた。

「こんにちは マンスールです。バイクの事ですが、エンジンがかかっても少し走ると急に止まります。何度エンジンをかけてもかかりませんが、30~40分するとまたかかります。その繰り返しです。こんな状態です。」

えー!?おっかしいなー。原因はエアクリーナー以外にもあったようだ。

11110301.jpg

「今自転車で買い物に行っているから少しやせちゃうかま。笑い」

それはたいへんだ。はやく修理してあげないとマンスールさんがやせてしまう。そうしたらまた若いころのようにモテるようになっちゃう。そんなことはさせまいぞ、ということで今週末の予定は変更。川内村は5日(土)だけで、給湯器の凍結防止だけを片付けて、6日(日)は、またまたマンスールさんのスクーターを診に行くことにしした。

街角美術館

先日、とある席で、都内商店街の活性化に取り組んでいらっしゃる小口さんという方に会った。小口さんは、本職は建築士で、ボランティアでNPO法人日本耐震防災事業団の理事長をされながら、もうひとつボランティアで商店街の活性化をされている。それも街角美術館という、眠っている美術作品を活用した取り組みで、代表がひとの駅でやっていることに近い。どうも同じようなことを考えて活動している人は多いみたいだね。

小口さんは今、西武池袋線の江古田駅前で、街かど美術館第1弾を開催中とのことだ。代表もぜひ行ってみたいと思っている。

11110201.jpg

こういうことを、現在さびれている都内の商店街全体で協力し合って大規模にやったら、どこにも負けないアート空間ができて、相当人気がでると思う。なんせ、片田舎の川内村のひとの駅でさえ、川内村の人口よりも多い年間4千人近い人たちが訪れるようになったんだからねー。そのときの街角(村角?)美術館はカフェ・ダノニーさんだった。
[ 続きを読む » ]

ブラインドタッチ練習中

すいません。
ブラインドタッチ練習中のため、本日は短めでお許しください。
マスターするまでぜったいキーボードを見てはいけないんです。

写真は、下川内の国道399号線側から36線にぶつかるところ。

11110101.jpg

この家並みを見ると、友だちや先輩の顔が思い浮かぶなぁ。
この先の信号をそのまままっすぐいったところに、高校時代のたまり場だった同級生の家がある。スルメをかじって日本酒を呑みながら麻雀していたら、問い面の、そいつの前歯がポロっと欠けてしまって大笑い。「煙草をはさむのにちょうどいいわい」って、欠けた前歯のところに煙草を差して、また大笑い。