ジャイアンツ色の

 割れたり虫に食われたり形が悪かったり日焼けしたりして販売できなかった大量の人参がをもらってきた。バケツに山盛り二杯。

18061401.jpg

 無農薬で育てた人参だからおいししいんだが、こんなに食べられないのでジュースにすることにした。

 まず、ジューサーに入る大きさに汚れたところを取り除きながら1本1本カットしないといけない。これが面倒なんだねー。

18061402.jpg
 
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

農大2ヶ月目

 代表が農大に通い始めて約2ヶ月。相変わらず実習はきつく一日の作業が終わるとへとへとで体力が付いた感じはしないんだが、もうそのことにも慣れた。体が痛くても正気を保てるというか、異常な日常を受け入れられている。慣れというのは怖いものだと思う。

 農業がこれ同等以上の肉体的負荷が求められるものだとしたら、やっぱりこの歳で始めるのは困難だなと思う。まして土地も農機具もなく、多額の投資までして新規に就農するというイメージを代表には描くことができない。代表みたいな冷やかしは、それまで生業としてきたスペシャリティを農業に活かして、作業が短時間でできるようにしたり楽しくできたりという方向で貢献するのが正解だと思う。

 それにしても毎日毎日が刺激的で面白い。代表の人生で、一日や二日単位で、長くてもせいぜいひと月くらいの密度の濃い時間を過ごしたことはあったが、こんなに長期にわたって緊張感が続くという経験はしたことが無かった。楽しいよ。農業は。

18060401.jpg

 もうあと10ヶ月しかない。それだけでやりたいことをやり切ることができるか。残り時間が短いと感じる。

・・・

 本日の収穫。

18052701.jpg

 農業は疲れますね。

猿のように

 代表の畑の南側に荒れた梅林があって、畑の健康上剪定と草刈りをやらせてもらっているんだが、その梅林の中に数本の桑の木がある。養蚕をやっていた名残りだろう。使われることがなくなった桑の木もまた大木で、桑の実がびっしりなっている。今がちょうど食べごろだ。

2018052101.jpg

 朝早くから飯も食わずに畑仕事に没頭していたためにペコペコに腹が減っていた代表は、猿になったみたいに桑の実を貪り食った。

 手がこんなになったが、美味かった。

2018052103.jpg

63の疲労感

 川越の代表の家はマンションの5階だから、よく家内や子どもたちが「疲れるからやだー」と文句を言った。すそうると代表は「ぶつぶつ言うんじゃない。体お前たちが健康なのは毎日階段を昇り降りしているからなんだぞ。」と言いい聞かせていた。今は自分がきついと感じる。実習があった日は疲れて足が重くなったとき、五階まで昇るのが本当につらい。昇りきって玄関のドアを開けると思わず「あ~疲れた~」とつぶやいてしまう。家族が嗤う。そいうことっていつか自分に跳ね返ってくるものなんだと思った。

 よく「60歳からマラソンを始めました」とかいって70歳過ぎても元気に走っている人がいるが、ああいう人は特別だ。この歳になると、体力を維持するくらいはできるが、身体能力が高まることはない。疲れを溜め擦り減るだけだ。そういうことを身をもって知った。休みの今日も疲労感が抜けない。

 ヘロヘロとかくたくたレベルを遥かに上回るこの疲れをどう表現したらいいか。代表の頭では思いつかない。よく野菜の苗を買って植えたときにうまくいかなくて萎れてしまうことがあるが、見た目はあれに近い感じだが、微妙にちがう。もっとグロッキー。塩菜のような状態。だけど、心折そうとかまではいっていない。

 そういえばベランダに半年前のリンゴと芽出しに失敗したハヤトウリがあったなと思って出てみた。腐ってた。

18051901.jpg

 今の代表も腐りかけのハヤトウリって感じかな。

「お父さん やばいよ」

 こんな夢を見た。

 会社のゴルフ同好会の名簿を作るとかなんとかで、職場の先輩のY氏が突然訪ねて来た。Y氏は代表より15年先輩だが、すっかり老いて、その顔は老人斑が瘡蓋になって真っ黒だった。良い人だったんだが、老いたせいか言うことが老人斑みたいに汚くて刺々しかった。

 ひとしきり毒づいた後、引き揚げようとして歩き出したら道にできていた水溜まりに前のめりに倒れ、泥だらけになったまま動かなくなった。代表はY氏を水溜まりから助け出して、担いでY氏の家がある浜松方面に向かったが、道という道に地割れができていてまともに進めなかった。地割れの先の方に見える家並みは、白いインド風の形の屋根だった。「こりゃ引き返した方がいいな」と思って振り向くと、来た道が消えてしまっていた。

 最近苦しい夢ばかりなんだが、なんで昨夜こんな夢を見たのか考えると、たぶん代表を見た息子が「お父さん、やばいよ!」と言ったからだ。何がヤバイかというと、代表の日焼けとそれによる顔や頭や腕のシミ。真っ黒だ。もう63年半も露出しているんだからこれ以上望むのはぜいたくってものだろう。あと10年ももてば充分すぎるのであまり気にもしてないんだが家族は気にする。

 「日焼けはやけどと同じ」だと、家内がこんなものを渡してくれた。

18051301.jpg

 角質を落とすジェルと日焼け止め。今晩はどんな夢を見るのか。楽しみだ。

畑の状況

 この前の日曜日だからもう変わっていると思うけど、代表の畑の状況。

 去年、野生化していたミントを数本畑の中数か所に植えたのが猛烈な勢いで繁殖している。

2018051101.jpg

 ミントティーにすると美味しくてとてもリラックスできる。今度の休みにつくって飲もうと思う。

[ 続きを読む » ]

ひろー

 あー疲れた。最近の代表はそればっかりだ(笑)。

 夕方、近くの公園に行き、グランドのバックネットにボールを投げて返ってくるボールを取った。ひたすらに小一時間。

18050401.jpg

 壁に当たったボールは、壁の上の方に当たったときはワンバウンドで、中央から下に当たった場合にはツーバウンドかゴロで、たまに上端に当たるとフライで返ってくる。うまくグローブのスウィートスポットで捕球できれば「ピシッ」と気持ちのいい音がする。5球に1球くらいの割合だ。

 楽しい。しかし、疲れる。

晴天なのに

 時間がなくて畑に手が入れられない。もう夏野菜を植え付けないといけない時期なんだが。

18043001.jpg

 今日は採る作物もなく、隅に繁ったカモミールをとって帰った。

無心

 人生を何年で考えるかは人それぞれ。20そこそこで「人生不可解」と書き残して滝に飛び込む人がいれば、100を超えてなお悠々と歳を重ねる人もいる。どれが正解とか間違いとか考えること自体間違いだろう。基準なんてなくて、長くても短くてもその人にとって満ち足りた時間であったかどうか、納得する使い切りができあたかだけだと思う。

 広島の内野手だった衣笠祥雄氏は71歳で自身の人生を終えた。

2018042701.jpg

 代表は、選手やチームのプレーに対して決して批判的な目で見ない、それでいながら納得できる心理的技術的考察をハイトーンな声で適格に指摘する衣笠氏の純粋な野球解説が好きだった。

 悔いがなかったかどうかはわからないが、亡くなる4日前の、あの、声が満足に出ない状態であっても本人の希望でテレビ中継の解説を務めたということは、自分の意志で命の最後の一秒まで燃焼さたのであろう。

 自分が飛んだり跳ねたりできるのもあと10年くらい。衣笠氏のように時間も使い切れたらなー、と代表は思う。