FC2ブログ

でか!

 今日も朝から半日畑にいた。畑は仕事は楽しいね。

 毎年サツマイモを植えているが、理由はイモを収穫するというよりも葉茎や芽を食べるためだ。葉茎や芽を炒めるとシャキシャキしてさっぱり味で美味しい。

 ところが、今年は一回も食べることができなかった。忙しくて収穫する余裕が無かった。苗を植えたまま、たまーに除草したくらいでツル返しもできなかったのに、こんなに大きくなっていたよ。スコップくらいある。

2018102101.jpg

 畑は仕事は楽しいね。また忙しくなるのでしばらく畑に来れなくなるが、今度来た時は里芋の収穫だ。
スポンサーサイト

一ヶ月ぶりの畑は景色が違った

 便りもせず、長く帰らなかった故郷に向かう時の気持ちというのは、きっとこんなだろうと思う。親は、親戚のおじちゃんおばちゃんは元気でいるだろうか。可愛い妹はもう嫁いだだろうか。古びた家は倒れていないか・・・。

 しばらく行けなかった畑に向かう時の代表の心境もまた同じだ。野菜は、葡萄やプラムの木は虫にやられてはいないだろうか?可愛い里芋は無事だろうか?古びた支柱は傾いていないか?足どりは重い。

 前回、最後に畑に行ったのが9月17日。16日、17日と2日間除草に追われた。次の週末は当番と雨天。またその次も当番と雨天で、10月6、7、8日は川内村に行って、その次の土曜日は激しい筋肉痛(前日の野球部の練習で)で一日動けず日曜は雨。結局、久しぶりも久しぶり、ようやく畑に行けたのは今日10月20日の夕方になった。えーと、ほぼひと月ぶりだ。これでは何が起きてもおかしくない。畑ってそういうものだから。

 一ヶ月前とは景色が違った。風除けのネットがバランバランに千切れてしまっていた。

18102001.jpg

 いや~参ったアル。そんなに強い風吹いたっけ?支柱が何本か倒れてしまっている。

18102002.jpg

 倒れたというより「折れた」だね。いずれ腐るからと考えて、鉄パイプに樹脂被せてあるもので補強したつもりなんだが、しょせん安物で薄い板だから、大した補強になっていなかった。屁のつっぱりレベル。どうせやるなら土建屋が使う足場用の鉄管なんかでビシッとやらないとダメだったね。

 とりあえずネットは撤収して、残った支柱は境界の印として残すことにした。支柱を片付けるのが面倒だからではないよ。

 話は変わって、手遅れだろうと思って諦めていたが、落花生を抜いてみたら実が付いていた。

18102003.jpg

 茹でて食べたら美味かった。こういう、有機物が多いというか雑草だらけの畑は、種を植えて芽が出るまで、芽が出てしばらくは難しいが、ある程度大きくなってしまうと逞しい。そこまでどうやってもっていくか。それは各農家のノウハウになっている。教えてくれる人もいるし、門外不出にしている人もいる。代表も門外不出にする(笑)。

セローのエンジンオイル交換からホンダとヤマハの違いを思う

 そろそろYAMAHAセローの走行距離が1,000kmになるので、エンジンオイルを交換することにした。今の車やバイクは、新車の時大昔みたいに加工残りの金属片がゴロゴロ出てくるようなことは少なくなったから、このままエンジンオイルの限界まで使っても致命的な問題が出るようなことはないんだが、用心に越したことはないからね。

 セローのエンジンオイルのドレンはこんなところに隠れている。

201810110101.jpg

 山道なども走れるバイクだから、エンジンが石や木などにぶつかったときにエンジンが割れてしまわないように、下の部分がアルミのプレートでガードされていて、一般的にこのプレートを『エンジンガード』と呼ぶが、その裏側だ。ちなみに、セロー(SEROW)というのはカモシカのことである。
[ 続きを読む » ]

川内村で。

 川内村に行ってきた。どうしてもやっておかなければならないことがいくつかあって。

 ひとつは、薪ストーブの焚口のドアのガスケットを新しくすること。ガスケットはガラス繊維を編んだ紐で、耐火セメントでくっつけてあるんだが、もう22年も使っているもんだから、セメントまで燃え尽きボロボロになってしまった。

2018100807.jpg

  薪を焚くとヒューヒューと音を立てて大量の空気が入ってしまい燃えるのが早い。不経済でしょうがない。だから本格的に寒くなる前に修理しておく必要があった。他のところのガスケットにしてもようやく付いているような状態だし、本体の方にも相当ダメージが見られるので、本当は新しいストーブに買い替えたかったんだが、時間が無くて間に合わなかった。とりあえず応急的な処置をしてこの冬まで使い続けることにしたわけ。

 こんな感じ。
[ 続きを読む » ]

生きていて良かった

 昨日の野球部の練習までにグローブは軟らかくならなかった。それでもなんとか捕球することができた。

2018100401.jpg

 代表よりも二回り若い情熱的な監督と三回りも若い愉快なチームメイトたち。みんな足手まといの代表に気を使ってくれ、労わってくれる。体はキツイが、楽しい。ありがとう、みんな。代表はどこまでも幸せ者だ。

緊急事態発生

 自分でいうのもなんだが、代表は努力家だ。これと決めた目標は達成できるまでやる。しつこいともいうかもしれない。

 遠投30メートルのストレートボールを投げるため、8月末から猛練習を積んできた。その甲斐あって遠投30メートルはクリアした。だが、ストレートボールの方は癖がまだ抜けなくて、真っ直ぐだったり曲がったりで安定しない。それで、暇さえあればグローブをはめて、ボールを右手から左へパンパンと投げて練習していた。その結果、なんとグローブが破れてしまった。こんな感じ。

2018100201.jpg

 頑張ったもんなぁ。

 が、明日と金曜日の放課後に練習があるし、試合も迫っている(10月17日)。どうせ伝令くらいしかできないから、代表がグローブがなくったってチームにはまったく影響ないんだが、練習には参加したいし、万が一1回くらい守備が回ってくる可能性も考えられないこともない。そのときに「グローブを貸してください」なんてカッコつかないし、他人のグローブってクセが付いていて使いにくいからエラーしてしまうかもしれない。なんとしても明日までに新しいグローブを手に入れて練習しておく必要がある。

 どこかにグローブはないか?神にもすがる思いで通学路にあったリサイクルショップに飛び込んだら、神のお計らい、代表にぴったりなのがひとつだけあった。
[ 続きを読む » ]

代表の体臭は豚舎の匂い

 面白い農大ネタは数えきれないくらいたまっていて、こういうところでオープンにしても基本OKなんだが、その場合、大学側の了解を得ないといけない決まりになっている。それは面倒だ。だから今はやらない。卒業してからにする。

 代表の手の平の土のようなもの。これは米糠ベースの肥料で、製造(醗酵)途中段階の状態。この一握りの中で、人類を遥かに超える兆レベルの微生物が生きている。小宇宙。だが、真の姿は誰にもわからない。だいたいそういうものだろう、ということだ。

2018092802.jpg

 レシピは多種多様だが、有機農業は、こういう有機物を主体にした肥料をつくり、それを畑の中の微生物の餌にして、微生物が分解した様々な栄養素を養分にして今度は植物が体をつくるという流れで作物を育てる。

植物は水と二酸化炭素を使い、葉緑体の中で炭水化物を合成する。地球上のすべての生物は、この、植物が作り出す炭水化物をエネルギー源として生きている。炭水化物は人工的に合成できないから、植物が無くなってしまえばいかなる生物も生きていられない。その植物を育てる元としてなんだか自然で良さそうだと考えられ始めたのがこういった有機肥料の類で、有機農業の肝の部分といっていいだろうと思う。

 こんな肥料なんて誰にでも簡単にできそうだが、微生物君たちはなかなか気難しい。温度や湿度によって繁殖する菌のバランスが変化するのだろうけれど、うまくいけばサラサラで香ばしい匂いの扱いやすい肥料ができるんだが、ちょっとヘソを曲げたらぐちゃぐちゃのウンコみたいになったり、恥垢というか豚小屋というか、そういう種類の臭いのぼこぼこに固まったものができたりもする。

 それが代表には不思議で不思議で、毎日毎日、一日何回も三回も四回も、20以上の船の肥料をいろいろ条件を変えたりして手で切り返しているので、そのウンコや恥垢の匂いが体に染みついて取れない。こうしてパソコンのキーを叩いている手からもムンムン匂う。いつも危険な香水が漂う代表だ。

 でも、代表はこの作業を厭わない。この手で必ず世界でNO.1のぼかし肥料を作ってみせる。そういう意気込みで日々臭いぼかしの中に手を突っ込んでいる。

子育て終了

 3人の子どもたちが全員揃い、我家は久々に賑やかだった。

2018092401.jpg

 色んなことが話題になった中で、1人が「カツラをするようなお父さんでなくて良かった。」と言った。もう1人は「周りでお父さんぐらいの歳の人はもうよぼよぼの年寄だ。」と言った。

 そうだろう。代表の今の姿はこれまで歩んだ人生の結果だ。見栄で虚飾を続けたらカツラをするようになったろうし、つまらない面白くないと思って何十年もしかめっ面を続けていたらその表情で固まっていただろう。ここまでの代表の生き様で今の代表の姿かたちがつくられた。

 子どもたちが社会人になるまでは、代表の姿かたちに対して肯定的でなかったと思う。ハッキリ言って、否定された存在であった。親として恥ずかしい、できるなら代表の子どもでなかったことしたかったという態度がありありだった。街ですれ違って手をあげても知らない振りをされたこともある。

 しかし、キムタクにはなれないしなりたいとも思わないし、そういう時にどれだけ言葉を尽くしてもわかってもらえないことはわかっていたので、嫌われても疎まれても代表は自分の生き方を貫くしかなかったが、現実を受け止め、誠実に自分及び世の中と向き合って逃げないことの意味に、子どもたちもそれぞれ独り立ちしたことがきっかけで気付き始めたといことだろう。

 彼らがどういう生き方を選ぶのかわからないが、ようやく子育てが終わった、そんな気がした一夜だった。

今日の朝ごはん

 学校へ行く朝の代表のごはんは、バナナ1本とパンと牛乳とリンゴとか梨とかの果物をひとつとヤクルト1本を、軽トラを運転しながら食べて、途中でコーヒーを1杯飲んでおしまい。けっこうな量だが、これくらい食べないと農作業はできない。力が出ない。一方学校がない日は軽めで。バナナとヤクルトだけとか、茶店のモーニングサービスで済ませることも多い。

 今日は休日だから軽く、川内村に住んでいる娘(次女)がお土産に持ってきてくれた柏餅をひとつご馳走になることにした。

2018092201.jpg

 懐かしい味。代表が子どもの頃の川内村の味。言うなれば、柏の葉に包まれているのは母親の家族に対する愛。柏餅のエネルギーで代表も今日は暗くなるまで遊べる気がする。

HAPPY BIRTHDAY TO ME

 今日は代表の誕生日。昭和30年生まれだから、歳は、ひとつふたつみっつ、えーと、たくさんたくさんになった。家族からのプレゼントは恒例のカップヌードル。当番の日の昼飯にしよう。

2018091801.jpg

 20代の頃までは破滅的な生き方をしていたので、とても40まで生きていられないだろうと思った。30代の後半になった時は、お袋が生きた歳まで生きられたら充分だと思った。あれからもう10年も風邪のひとつもひかないで長生きできた。出来過ぎ恵まれ過ぎの人生だった。だからこれからは一日一日おまけのつもりで、毎日が最後の日のつもりで、有難く大事に燃焼させていきたいと思う。